ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語の古文体翻訳 益母草 ①

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

農學博士 全炳台 の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

 持病から生じている

症状であるのかが判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬 のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

農學博士 全炳台

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

 

Mieko Kimuro

株)オータニ漢方藥局

 

15.活血去於薬

52.孝心深い少年の機智

益母草(やくもそう)LeonurusjaponicusHoutt.

昔、ある田舎の村落に、

母親と息子の二人だけで暮らしている家があった。

母親は息子を産んでからいつも腹が痛かったのだが、

息子が10才になる迄治療できなかった。

息子が幼い時に夫に死に別れ、片親で子供を育てた。

幼い息子はいつも母親が産後病で苦しむのを

見ながら育った親孝行な少年だった。

 

母親は病気で痩せこけ、

顔には血の気が無いのにもかかわらず、

朝から晩まで機(はた)を織って生計を営んでいた。

少年はいつも母親が心配でたまらなかった。

「お母さん、体はいかがですか?

お医者に行って診せましょう。」「息子よ!!」

涙を流しながら、母は言葉を続けた。

「今は 明日の食物を心配しなければならないのに、

金も持たずに医者に行くわけにはいかないよ。」

「私が薬草を掘って売っている小父さんのところに行ってみます。」

「お母さんの事まで心配するのを見ると、

お前も段々大人になっていくようね!」

しかし、お金をやたらに使うわけにはいかないよ。

お母さんがいつまでも不老長寿だとは夢にも思わないよ。

「お母さん、そんな事言わないで下さい。

お母さんは私の為に今まで苦労してきたのです。

もう少し待って下さい。

私が大きくなればお母さんを幸せにしてあげますよ。

その時まで、

お母さんは体が丈夫でなければなりません。」

言い終わると息子は薬草小父さんを訪ねて行き、

母の病状を詳しく話して薬を買い求めに来た。

薬を飲んで10日程経った頃には、

母の病気は大分よくなったようだった。

少年は大変喜んだ。

そして、

その薬草を採った場所が知りたかった。

「私は母の病気を完治させたいのです。

小父さん、私の母は完治できるでしょうか?」

薬草小父さんは少年の話を聞いて笑いながら答えた。

「完治するまでは薬を欠かさず食べ続けなければならぬ。

お金は持っているのかね?」

「いくら位でしょうか?」

「米500斤と銀10両だ。」

薬代はあまりにも高かった。少年はそれを聞いて

唖然(あぜん)として口がきけなかった。

「どうしたらお金と米を得られるのだろうか?

薬代を払えなかったら母の病気は治す事ができないのだが・・・」

少年は両手を握りしめてしばらく思いに耽(ふけ)ったが、

「分かりました。

私が米とお金を準備しますから、

必ず私の母の病気を治して下さい。」

少年はもう一度念を押した。

「勿論(もちろん)だよ。」

「では、私の母の病気が完治すれば、

私がお金と米を持って来ます。」

「よろしい!必ず約束は守るんだよ。」

子供達は銀10両がどれ位の値打ちか分からないんだな。

私は大金を手に入れるのだ。

薬草小父さんは心中、お金の計算をしながら喜んだ。

「いつ頃、私に薬をくれるつもりですか?」

「明日の午前中に持って行ってやろう。」

少年は薬草小父さんと別れても家には帰らず、

密(ひそ)かに薬草小父さんの行動を見守るつもりだった。

翌日 彼が薬草を掘りに行くまで待つ事にした。

その晩、

少年は薬草小父さんの家の前にある大きな木に登り、

一睡もしないで夜を明かした。

夜明け頃、

表門を開ける音が聞こえた。

薬草小父さんは表に出て、北の方に向けて歩き出した。

少年は木から降りて彼の後を追い始めた。

薬草小父さんは少し歩いては後ろを振り返り、

誰かが自分を追って来るのではないかと

確かめながら歩いて行った。

少年は一定の距離を保って尾行した。

少年は賢い頭の持ち主で、

彼に気づかれずに後を追って行った。

少年は、初めのうちには、

薬草を採りに行く所はかなり遠い所だろうと思っていたのだが、

薬草小父さんはわずか三里位の堤防の方に向かって歩いていた。

少年は近道を選んで先回りし、

堤防に着き、隠れて薬草小父さんの来るのを待った。

しばらくして、

薬草小父さんは用心深く四方を見回して

人の気配が無いのを確かめ、

地べたに座り地面を掘り始めた。

薬草小父さんは幾株かの草木の根を掘り出し、

その葉と花は取り除いて水の上に捨て、

根だけを持って村落に帰って行った。

少年は彼の姿が見えなくなるのを待って堤防に上がった。

そこにはいろいろな薬草が生い茂っていた。

しかし、数多くの薬草の中でどの薬草を掘るか迷った。

その時、

薬草小父さんが花と葉を水の中に捨てた事を思い出し、

川べりに走って行ってその花と葉を拾った。

葉の模様は手の様で、花は白色と薄紅色であった。

少年はその花と同じ花の根を掘って家に帰った。

母は夜通(よどお)し息子の帰りを待ち眠れなかった。

母は怒った声で、

「お前は、一体、夜通しどこへ行っていたのか?」

「薬草を掘りに行ってきました。」

ちょうどその時、

薬草小父さんが薬袋二貼を持って来た。

「一日に一貼ずつ服用しなさい。

では、明後日また来ます。」

薬草小父さんが帰った後、薬袋を開けてみた。

薬草はすでに細かく切られて元の形ではなかった。

そこで匂いを嗅いでみたところ、

自分が掘ってきたのと全く同じ匂いであった。

薬草小父さんが持って来た薬は元通りに包み、

自分が掘ってきた薬草を煮炊いて母に差し上げた。

二日後には母の病は段々良くなる気配が見えた。

三日目に薬草小父さんはまた薬を持って来た。

「大変、すまない事ですが、

私は一日中考えてみましたが、

お金と米を用意するのは思い通りにならず、

その上、母がそんなに高価な薬は手に余ると言うのです。

これはこの前の薬代です。

これからは薬を持って来ないで下さい。すみません。」

「もし、薬を服用しないと病気は段々悪くなるんだがな・・・

次の仲秋節まではもたないだろう。」

「お金がある人は病気を治すために

薬代を惜しまないのですが、

お金がないと何とも仕方がないのです。

人命は天命です。私達のような貧乏人は諦めるほか

仕方がないのです。」

薬草小父さんは仕方なく持って来た二貼の薬を残しおき、

がっかりして帰った。

少年は 毎日堤防に行って薬草を掘って母に服用させた。

間もなく母の病気は完全に治り、

畑仕事までできるようになった。

ところが、少年はその薬草の名前を知らなかった。

そこで この薬草が人に有益なところに生える

という意味で「益處」と母の字を合わせて

益母草(やくもそう)ということにした。

益母草は、血の循環が円滑でないために

かかる婦女の於血症(おけつしょう)、

閉経、産後於血による腹痛、打撲による於血等、

または 小便の普通による浮腫等に使う薬草である。

 

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2019木室ミヱコAllright Reserved.