ブログ

ブログ一覧へ戻る

つらい膝痛 動いて解消 日本経済新聞 ライフサポート記事

※木室ミヱ子

骨は腎臓が支配します。

筋肉は肝臓が支配します。

肺臓が熱だと 筋肉が萎縮します。

血が不足すると筋肉が萎縮します。

肝臓が熱だとケイレンや足のつりを起こします。

胃腸が弱体化しますと筋肉が消え皮膚も薄くなります。

筋肉が落ちますと 筋肉痛が発生します。

筋肉の萎縮は 筋が固く硬直し また狭窄 締め付け痛を起こし

特に膝関節 ひじ関節 足首関節 股関節 肩関節 首関節等々

ありとあらゆる全身の 関節部分が締め付け痛を起こします。

結果

全身が筋肉痛で歩けなくなります。

 

締め付け痛でない場合もまたあります。

風 寒 暑 湿 燥 火が原因している場合です。

その場合は

神経痛薬が効果的です。

風の邪 寒の邪  湿の邪 燥の邪 火の邪を取り除く事で

痛みは改善します。

痛みの原因により 使用する漢方薬が180度逆転します。

為に痛みの原因をはき違えて治療しますと

逆に悪化と言う事になります。

下記は 改善ブログですが

痛みの原因をしっかりつかみ

それに応じた漢方薬の処方をする事で

改善しています。

 

運動は日々の  

骨や筋肉作りに重要です。

しかし

痛みが有る場合

根本から対処する事が

健康な骨や筋を取り戻す事につながります。

 

ぎっくり腰改善ブログです

ぎっくり腰での腰の痛みが漢方薬2包みで15分後には消えた

ぎっくり腰の即効漢方薬 5回分でぎっくり腰の症状が無くなり腰が痛みません。

 

足のつり改善ブログです

足のつり薬で70㎞のウオーキングができます。

腱鞘炎改善ブログです

腱鞘炎の漢方薬お送りします。猫が原因です

猫で腱鞘炎 猫がつないだ母の漢方の健康薬 手術回避です。

骨折改善ブログです

バレー発表会42歳 漢方薬で体力強化 骨折克服し舞台大成功でした。

バレー発表会42歳 漢方薬で体力強化 骨折克服し舞台大成功でした。

左圧迫骨折80歳の女性感謝のお電話を頂きました。

左足切断 大量出血 骨、肉グシャグシャ 大型チェンソーによる大事故 命救ったタイミングリレー

脳挫傷、外傷性くも膜下出血 、 頭蓋骨泉門の開き

関節痛、腰痛、捻挫を治す薬膳料理

関節痛、腰痛、捻挫を治す薬膳スープ

左圧迫骨折80歳の女性感謝のお電話を頂きました。

 

 関節炎改善ブログです

変形性膝関節症

変形性膝関節炎が服用3日目からすごく良くなりました。

水分の摂りすぎは水毒症状発生 浮腫み 食欲不振 関節痛 筋肉痛 動悸 眩暈等々引き起こします

5年前からの酷い頭痛が踵の痛みと共に漢方薬30日分で改善です

学習障害気味・疲れやすい・胃弱・鼻炎・関節痛が漢方薬で改善

70才一生歩けないと思っていた足が漢方薬30日分で普通に歩けます。

この季節 火照りで悩んでいませんか?倦怠感 食欲不振 筋肉痛 息苦しさ 関節痛の症状が発生します。

関節痛、腰痛、捻挫を治す薬膳料理

関節痛、腰痛、捻挫を治す薬膳スープ

変形性膝関節炎が服用3日目からすごく良くなりました。

リュウマチ改善ブログです

リュウマチ反応の気があると診断されて リュウマチ発作状態改善報告 63歳の女性

リュウマチが漢方薬で回らない手が背中に回るようになりました。

「漢方薬服用後 回帰性リュウマチの痛みが全く出ていません」

子供のリュウマチ治療進歩 症状を抑える事も期待できる   日本経済新聞

 

2019年11月6日 ライフサポート

つらい膝痛 動いて解消

   ~装具も活用、残った軟骨維持~

多くの高齢者を悩ませる疾患が膝の痛みだ。

日本では約2800万人が何らかの膝痛を抱えるとされる。

痛いからと言って体を動かさないのは逆効果。

むしろ適度な運動をすることで膝周りの筋肉を鍛えれば、

膝への負担を減らして痛みを和らげることができる。

 

東京都板橋区の女性(73)は坂道で転倒して以来、

膝が伸びなくなり膝痛に悩まされるようになった。

トイレに行くのもままならないほど症状が悪化。

医療機関から手術を勧められたが抵抗があり途方に暮れた。

 

そんな時、別の医療機関で勧められたのが

体操による運動療法だ。

以降、

毎日体操をするようになったら、徐々に痛みが治まった。

「体操のおかげで好きな旅行に出かけることができる」と女性は喜ぶ。

高齢者の膝痛の大半は変形性膝関節症が原因。

緩衝材役の軟骨がすり減った結果、

骨同士が擦れて炎症を起こし、

神経を圧迫して痛みが生じる。

加齢で筋力が衰えると膝への負担が増し、

軟骨をすり減らす要因になる。

 

特に閉経後、ホルモンが減る女性に多く、

患者の7割以上を占める。

 

一般的な治療法は内服薬の服用やヒアルロン酸の関節注射。

だが、

単なる痛み止めにすぎず、

一時的に痛みは和らぐが根治にはならない。

効果的なのが冒頭の女性のようなストレッチによる運動療法だ。

いち早くこの療法を唱えた

江東病院(東京・江東)の黒沢尚理事長は、

3種類の体操を推奨する。

1つが脚上げ体操。

仰向けに寝て片膝を立て、

もう片方の脚を床から10センチほど上げ5秒間静止する。

終わったらゆっくり下ろす。

 

次が横上げ体操。

横向きに寝て両脚の膝を伸ばしたままにして、

上側の脚を10センチほど上げ、5秒静止したらゆっくり下ろす。

 

最後がボール体操。

お尻とかかとを床につけ膝を立てて両脚を開き、

サッカーボールなどの硬いボールを太ももの間に挟む。

左右の太ももに力を入れてボールを潰すように押し、

5秒たったら力を抜いて休む。

 

3つの体操はいずれも交互に20回繰り返す。

朝晩各1セットずつ行えば、痛みが和らぐ効果が見込まれる。

 

重要なのは膝痛があっても

意欲的に体を動かそうと努めること。

 

「軟骨がすり減っている状態に変わりはないので、

体操をやめると痛みがぶり返す恐れがある。

根気強くケアを続けることが大切」(黒沢さん)。

その際、

膝に負担をかけず効果的な運動ができる水中エクササイズもお薦めだ。

「股関節を大きく回しましょう」。

指導員の声に合わせプールに入った高齢者が脚を動かす。

スポーツクラブルネサンス蕨24(埼玉県蕨市)の

「膝・腰機能改善水中運動スクール」の様子だ。

 

今年初めに膝痛を発症した佐藤寛太郎さん(85)は

医師に勧められ、今春からスクールに通い、

今は痛みがなくなったという。

 

水中だと浮力で体への荷重が10分の1になり膝への負担が減り、

逆に水の抵抗で運動効果は高まる。

 

ただ、運動療法で効果が期待できるのは

軟骨が残っている人の場合だ。

軟骨を極力残すため、装具を活用する方法もある。

 

O脚の人は内側の軟骨が減りやすく、

X脚の人は外側の軟骨が減りやすい。

それを矯正する装具を身に着けると

バランスよく歩けるようになり、

軟骨の減少を抑えることができる。

サポーターは、

身体的な効果は大きくないものの膝回りに

装着することで安心感が生まれ、

積極的に体を動かそうという動機づけになる。

軟骨がほぼなくなった末期の人には、

人工関節をはめ込む手術も選択肢の一つ。

深く膝を曲げる正座などはできないが、

痛みがなくなるので手術を選ぶ人は増えている。

とはいえ末期になる前に体操などで膝の筋肉を鍛え、

できるだけ残った軟骨を維持することが基本だろう。

 

体操や水中エクササイズが有効

  • 効果的な運動

・マシンを使った筋トレ

・水中エクササイズ

・ウォーキング(1日平均6000歩未満)

・ヨガ(腰をひねったり激しい動きのものは除く)

・太極拳

 

  • やってはいけない運動

・ランニング

・ウォーキング(1日平均6000歩以上)

・階段や坂道の上り下り

(注)黒沢さんの話を基に作成

 

積極的に外出しよう

膝痛を抱える人は痛みから体を安静にしたり、

外出を控えたりしがち。

しかし、

江東病院の黒沢さんは

「体を動かさずにいると、やがて体の機能が衰えて自立度が低下し、

最悪、

要介護状態になる恐れもある。

家の外に積極的に出なくなると、

他人と会話する機会が減り社会性が失われ、

認知症を誘発する可能性もある」と指摘する。

 

これを裏付けるデータもある。

厚生労働省の国民生活基礎調査(2016年度)によると、

介護が必要となった主原因は膝痛や腰痛などの

「関節疾患」が要支援者でトップだった。

要介護者でも認知症や脳血管疾患などについで5位に入った。

体の衰えが進み、

要支援から要介護へと症状が重くなる高齢者は多い。

膝痛などの関節疾患は要介護状態を招く引き金になりかねない。

日頃から適度な運動や外出を心がけたい。

 

以上 日本経済新聞の記事です

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.