ブログ

ブログ一覧へ戻る

日本経済新聞 2019年12月6日 くらしスクープ 若い世代 気持ちは早婚

妊娠ブログです

漢方薬で出産が楽 病気知らず成長が早く 子育てが楽です

体外受精5回失敗漢方薬と仙人丸で赤ちゃん順調母子手帳を貰います。

漢方薬で間質性膀胱炎・不妊 子宮筋腫・多嚢胞性卵巣・黄体機能不全が妊娠7ヶ月です

逆子が漢方薬4包のみで正常の位置に戻りました。

漢方薬服用で子宮筋腫3.3㎝ありながらに 妊娠しました。

漢方薬服用子宮筋腫ありで妊娠 逆児も漢方薬3包で元の位置です

漢方薬で2人目は60日分 3人目は30日分で妊娠しました

子宮筋腫・細胞異型性(頸がんの疑い)を漢方薬服用で妊娠しました

漢方薬で妊娠中の間質性膀胱炎の痛みが60%取れました

妊娠中や産後は母体と胎児の為に服用しなければならない漢方薬があります

妊娠を控えている女性の方の心得と 漢方薬は妊娠中の不調に対応できます

妊娠中の補薬 風邪薬 つわり薬 産後の漢方薬あるのを知らんかった。

産後鬱の漢方薬での予防法

妊娠中は胎児と母体に血を与える事が一番重要

漢方薬で子宮筋腫・子宮頸がんが改善され女の子出産しました。

母乳が出ない原因と解決法 漢方理論

妊娠6か月で右足に静脈瘤 漢方薬服用第二子破水から2時間後に出産です

妊娠できない体には女性 男性 それぞれに原因があり取り組む事で妊娠に繋がります。

妊産婦の自殺 産後鬱などが原因 日経新聞

漢方薬のおかげで妊娠中の血糖値も下がり 入院回避でき出産が楽でした。

傅青主男女科の本での不妊の原因と治療法です

剥脱性口唇炎の漢方薬で妊娠し、出産し 体重も9㎏痩せました

妊婦さん 禁煙ができない アルコール依存症から抜けられない 漢方薬がお役に立てます

36歳 女性 尋常性白斑改善の漢方薬60日分で妊娠しました

鹿の角と亀の亀板で産後の足のむくみが1日分で取れました

 

下記は日本経済新聞の記事です

 

親が共働き「仕事続けるのが前提」

先輩の奮闘する姿 参考に

 

10代後半~20代前半の男女の間で、

25歳前後での結婚を希望する人が増えている。

一方、

2018年の平均初婚年齢は夫が31.1歳、妻が29.4歳。

10年前と比べ約1歳、

30年前と比較すると3~4歳も上がっているが、

どうやら

若い世代の気持ちは晩婚より早婚のよう。

なぜ?

「25歳婚=ヴァンサンカン婚」を目指すワケを探ってみた。

 

「このまま普通に卒業して、

就職して3年くらいの25、26歳までには結婚したい。

信頼できる場所があれば安心してチャレンジできるから、

仕事も頑張れそう」。

東京都内の大学2年生の女性(20)は話す。

 

49.8%。ウエディングパーク(東京・港)が昨年、

大学生や短大生に実施した調査で

「25歳前後での結婚にメリットを感じる」と答えた人の割合だ。

 

フリューの「ガールズトレンド研究所」が

「何歳で結婚したいか」と女性に聞いた結果も同様。

 

高校生が24.4歳、

大学生が26.6歳だった。

「結婚を先延ばしにすることをリスクと感じている世代」。

ニッセイ基礎研究所の天野馨南子准主任研究員はこうみる。

 

早婚願望の背景には、育った環境がある。

共働き世帯が専業主婦世帯を上回ったのは1990年代半ば。

今の10代~20代前半の半数以上は

両親が働く家庭で育ったとみられる。

 

「仕事を続けるのは前提。

結婚、出産、家の購入など余裕をもって段階を踏んで、

仕事も家庭も安定した生活をするには今が妥当」。

来年6月に結婚予定の女性(25)は話す。

 

 一方、

30~40代は母親が専業主婦のケースが多数。

特に女性は仕事か家庭か二者択一になりがちだった。

そんな先輩の影響もあるようで

「独身で仕事を頑張って生き生きとしている姿はすてき。

でもそういう先輩を見て

自分はどうしたいか気づいた」

と25歳婚を目指す女性(23)は明かす。

 

「孤独死とか聞くと焦る」。

フリーターの女性(19)は話す。

少子化、晩婚、不妊…。

物心ついたときからこんな言葉に囲まれて育ってきた。

「体力のあるうちに子育てしたかった」

「不妊治療が大変」など

上の世代が奮闘する姿を目にする機会も多い。

 

女性だけではない。

「家族にとっていいライフスタイルを

みつけるには早く結婚した方がいい」。

 

大学2年生の大橋空さん(21)も

25、26歳で結婚したいという。

SNS(交流サイト)で他人の人生が垣間見られるなど

「情報が多いからこそ自分についても考えざるを得ない」。

 

子供のいる共働き家庭などに1日滞在し、

育児の体験ができる「家族留学」。

サービスを手掛けるmanma(東京・豊島)の

久保日乃さんは

「1年前から男性がびっくりするほど増えている」と驚く。

大学生を中心にこれまで400件以上実施した。

当初

女性だけだった参加者は今や4割が男性。

男女問わず、

参加者の大半は25、26歳での結婚を考えているという。

もっといい人に出会えるかも…。

そんな声は鳴りを潜め、幸せの基準も地に足がつく。

「港区のタワマンとかいらないんです。

普通が一番幸せなんじゃないかと。

理想はクレヨンしんちゃんの家族。

自分のレベルも分かっているつもりだし」と

女子大1年生の女性(19)。

 

しんちゃんの父、野原ひろしについて、

「ださいと思いがちだけど、

家族がいて家を持っていて、

いいよねと友達と話す」。

結婚の主流は少しずつ変わりつつある。

 

実際は…20代後半同士が最多

「仕事も徐々にわかってきて、入社3年目が区切りかなと思って」。

東京都内の会社員、川坂拓斗さんは昨年、

24歳で妻(25)と結婚した。

「仕事にさらに責任感を持てるようになった」

実際に早婚の傾向はみられるのか。

ニッセイ基礎研の天野准主任研究員の調査によると、

17年の初婚男女の成婚年齢の組み合わせで最多は

「夫も妻も20代後半」で約3割。

続いて「夫も妻も30代前半」

「夫が30代前半で妻が20代後半」

「夫も妻も20代前半」が約1割で肩を並べる。

20代での結婚は意外と多い。

 

再婚が増えていることや

20代の人数が少ないことから、

全体としてみると結婚年齢が下がっていくとは一概にはいえない。

ただ

「20代前半で結婚する人たちは

一定のボリュームで安定していくだろう」

と天野准主任研究員はみている。

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.