ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目 北京語の古文体翻訳 貝母

 

 

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

韓国の建国大学

農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

持病から生じている症状であるのかが

判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

韓国の建国大学  農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

 

株)オータニ漢方薬局

代表取締役社長

木室ミエ子

 

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

16.化痰止咳嗽平喘薬

61.赤子を殺し食った母親(貝母)

貝母FritillariathunbergiiMiquel

昔、ある村に肺病を病む妊婦が住んでいた。

この妊婦は体が虚弱な為、出産の時はいつも気絶した。

気絶から戻った時には赤子はいつも死んでいた。

今度が三度目の出産であるが、子が生まれる度に

死ぬので姑や夫は非常に心を痛めていた。

ある日、

目くらの占い師が通りかかるのを見て、

姑が招き入れ占いを頼んだ。

「フーム、今迄三回も殺し食ったな!」

「それはどんな意味でしょうか?」

「赤子が三度も死んだでしょう?」

占い師は占いを続けた。

息子の嫁は寅年の生まれで戌時(いぬどき)に生まれている。

虎は非常に凶暴な動物である。

嫁が生んだ赤子は

一番目が羊年、

二番目が戌年、

三番目は亥年だった。

羊、犬、猪等の動物は

虎が一番好きな食物であるから母が殺し食ったのだ。

しかし、

姑はそうは思わなかった。

「人の話によると虎も自分の子は可愛がると言います。

まして嫁は人間であるのに、

どうあっても自分の子を殺す筈がありません。」

しかし、占い師は、

「これは運命である。人間の力ではどうする事も出来ません。」

と言い張った。

「我々は必ず孫を産まねばならないのです。

何とか良い方法は無いでしょうか?」

「その方法はあるにはありますが、

それがとてもややこしいので・・・」

「私の家は代々続いて一人っ子の家柄なので、

もし健康な孫さえ生まれるならどんな事でもしますから、

是非、その方法を教えてください。」

「では、唯一つの方法を教えてあげますから、

よーく聞いて下さい。」

「この次の出産の時には、

嫁を欺(あざむ)いて、

生まれた赤子を抱いて東の方向に行きなさい。

約百里程行くと海に出ます。

 

その向こうに島があります。

その島迄赤子を連れて行けば、

赤子は無事に過ごせるでしょう。」

何故なら、

虎は海を恐れるので島に渡れず、

赤子は救われるのです。

姑は占い師の話しを聞いて、

夫と息子に相談して占い師の言いつけ通りにする事に決めた。

一年過ぎて嫁はまた子を産んだ。

今度も彼女は気絶した。

夫は妻を父母に任せて赤子を布団に包み、

抱いて東の方に向かった。

約十里程行った時赤子は死んだ。

家族達はまたもや失望した。

どうしたら赤子を生かせるか?と思案の日々を送った。

ある日、

この前の占い師がまた通り過ぎるのを

姑が見かけて家に招き入れた。

今迄の出来事を詳しく聞いて占い師は息子を怒鳴りつけた。

「貴方があまりに遅かったのだ。

早く走って行けば虎に追いつかれないのに、残念な事だ。」

また一年が過ぎて、

嫁はまた子を産んだ。

夫は馬車を用意し、

赤子を赤い布団に包んで矢のように馬車を走らせた。

約百里過ぎると海に出た。

すぐに船を借りて島に渡った。

 

一方、嫁は一時間位の後、

気絶から気を取り戻して、

赤子がいないのを知って傷心のあまり泣き通し、

目が赤く腫れあがった。

幾日かの後、

夫はだらりと力の抜けた足取りで帰って来た。

「島に着いて3日目に赤子は死んでしまった。」

これを聞いた家族達は悲嘆にくれた。

夫の両親と夫は相談の末、

嫁を里の実家に追い出し、

新しい嫁を迎えて代を受け継ぐ事に決めた。

これを知った嫁は大声で悲しく泣きわめいた。

その時、

折良くその家の前を一人の医者が通りかかった。

「泣き声が大きく聞こえるが、

貴宅に何事か不幸なことでもあるのでしょうか?」

と話しかけたので、姑はそれまでの出来事を詳しく話した。

聞き終った医者は、

お嫁さんに会ってみたいと申し出た。

医者は顔色が葱白な嫁を見て姑に話した。

「私がふくよかで可愛らしい孫が

生まれる良い方法を教えてあげましょう。

占いは何の助けにもなりません。

どうしてその様な迷信に従うのですか?

奥様お宅のお嫁さんは運命が悪いのではなく、

病気にかかっているのですよ。

お嫁さんは体が衰弱な上に肺臓も悪いし、

子供を出産する時に血を多く流して気絶するのです。

丈夫な子を産む為には、

まず妊婦が健康でなければなりません。

良い薬がありますから、

三カ月の間、毎日欠かさず服用させなさい。

そうすれば、

一年後には可愛い孫を産む事になるでしょう。」

医者の言いつけ通り、

夫は山に行って薬草を採って来て、

真心を込めて婦人に食べさせた。

家族達は医者の忠告を守り、

嫁を里に追い出さず家に留まらせ、

次に生まれる赤子がまた死ねば、

その時になって追い出す事にした。

薬を服用して三カ月になった頃、

嫁はまた子を孕(はら)んだ。

 

それから10カ月が経って赤子を産んだが、

以前の様に気絶する事も無く、赤子は死ななかった。

家族達皆が嬉しく喜んだ。

生後一ケ月目には満月といって

祝賀の宴会を開いたが、数多い贈り物も入り、

夫は楽師達を連れて医者を尋ねて感謝を表した。

医者は彼に向かって、

「どうだったのですか?

私が教えた薬草は効力があったのですか?」

「はい、効力は大変なものでした。

ところでその薬草の名前は何と言うのでしょうか?」

「さぁ、名前は私も分からないな。」

「それならば我々が名前をつけたら如何でしょう?」

宝物の様な赤子を得たので

その子の名前を寶貝(ほうばい)と名付けました。

その薬草の名前を寶貝と命名したらどうでしょうか?

「その名前も悪くないが、

赤子の母も健康になったから、

寶貝の貝とははの母を合わせて貝母としよう。」

「はい。良い名前と思われます。」

それ以後、

その薬草は貝母と呼ばれて今に至っている。

貝母は百合科に属する多年草であり、解熱、

去痰、鎮咳の作用を持っており、

肺機能が弱くて生じた咳を止め、

去痰をして肺臓を丈夫にする。

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.