ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語の古文体 真珠

 

 

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

韓国の建国大学

農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

持病から生じている症状であるのかが

判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

韓国の建国大学  農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

 

株)オータニ漢方薬局

代表取締役社長

木室ミエ子

 

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

18.平肝熄風薬

67.水母と真珠貝(真珠)

珍珠[Pinctadafucada]Gould

昔、孫悟空が水晶宮に侵入した時、

東海の龍王は大した事ではないと思い別に気にしなかった。

そこで龍王は、

蝦部隊と蟹将軍に孫悟空を討つように命令した。

孫悟空は如意棒を振り回しながら

勇敢に打ち込んで来るので、

蝦と蟹部隊は支離滅裂になり逃げ去る事に

汲々(キュウキュウ)とした。

その為、

龍王は、今度はクラゲに孫悟空を捕らえるように命じた。

孫悟空は非常に腹を立てて続け様に

拳(こぶし)を振り上げて殴ったので、

クラゲは骨が砕け、体中が血だらけになった。

しかし、

クラゲは必死に戦い、最後まで退かなかった。

とうとう孫悟空は退き去った。

その後、

龍王はクラゲを龍宮に呼び入れるように将兵達に命じた。

「勇敢なクラゲを呼べ!」

龍王がクラゲの様子を見ると本当に可哀想であった。

骨は打ち砕けて無くなり、

背中は血痕(アザ)で青黒く目まで失明していた。

クラゲの悲惨な様子を見て龍王は思いに耽(ふけ)った。

「龍宮に千萬余りの将兵がいるが、

一旦、危急な場合には皆 逃げて身を守ろうとするのに、

唯一人、クラゲだけは命を捧げて守った。

彼に大きな褒美を与えて将兵達の手本とすべきだ。」

そうすれば、今後、

魚や蝦共がこの私に忠誠を捧げるだろう。

龍王は龍宮の宝物倉庫からピカピカ光る珠を取り出して、

クラゲにご褒美として与えた。

 

「お前はすべからく頼りない独り身で、

朕の為に全身が傷ついたので、

そのご褒美としてこれを与える。

お前の失明した目の代わりに、龍宮の宝物であるこの珠を与える。

これからは物を見る事ができるであろう。

クラゲは貰った珠を頭の上に置いて見たら、

目の前が明るくなり、遠い所まで良く見えるようになった。

クラゲは非常に喜んだ。

魚や蝦達はそれを見て皆、羨ましがった。

目が良く見えるようになる

この珠は龍宮の宝物であり、

目の病にこれを一度だけ照らせば、

すぐにその場で目がよく見えるようになり病が治った。

それで皆はクラゲに頼んで、

自分の目に珠を照らしてくれる様願った。

「我々にも珠を照らして下さい。」

気立ての良いクラゲは快く照らしてくれた。

蝦達がこの噂を聞いて群をなして彼を訪ねて来た。

彼等は目が小さいので遠い所までは見渡せなかった。

それで、

彼等は大きな魚達の笑い種になっていた。

「私達にも珠の光を照らしてくれよ。」

クラゲはすぐ様珠を彼等に渡してやった。

蝦達は丸くて滑っこい珠を見てとても喜び、

皆が詰め寄り、

我先にと争って珠に照らそうとしているうちに、

珠を落とした。

その時、

その下にいた大きな貝が口を開けて珠を飲み込んだ。

貝はすぐ姿をくらました。

蝦達は幾日も珠を探し回ったが、

等々見つけられず、珠を失ってしまった。

クラゲは心を痛めて泣いた。

「宝物の珠を失って目が見えない。

これからどうしたら良いだろう。」

蝦達も悩んだ。

「これは我々の責任だ。

気立ての良いクラゲが困るのを見るに忍びない。」

蝦達はクラゲを訪ねて、

「これは我々の不注意な振る舞いの為です。

珠は失われたから、これからは我々が貴方の側を離れず

貴方の目の役割をします。」

そういう訳で、今に至る迄クラゲの頭近くには、

いつも何匹かの蝦が見られるのである。

一方、

珠を手に入れた貝は喜んだ。

しかし、

人の物をこっそり拾ったのは本当に恥ずかしい事であった。

でも 貝は人の事は自分は知った事ではないと思い、

自分の身の中に隠した。

この珠は変化して真珠になり、貝は真珠貝になった。

後日、

人々は真珠貝を取ると、

割り裂いて真珠を取り出した。

真珠貝は何代経過しても、

真珠の効能はその儘であった。

真珠は人間の目の病気に使われ

目の出来物(腫気)で痛い時、

また、

視力が弱くなって見えない時に、

真珠の粉を目に入れれば、すぐ効果が現れる。

その宝物、

真珠を隠し持っていた貝殻も

目の病を治療をするのに使われる。

始めのうちにはその珠を睜珠(せいたま)と言ったが、

後には真珠と呼んだ。

その後、

知識人達の間で珍貴な珠と言う意味で珍珠と呼ばれた。

 

 

ブログ一覧へ戻る

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.