ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語の古文体の翻訳 白朮

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

農學博士 全炳台 の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

 持病から生じている

症状であるのかが判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬 のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

農學博士 全炳台

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

Mieko Kimuro

株)オータニ漢方藥局

 

19.補気薬

71.白い鶴が植えた薬草(白朮)

白朮AtractylodesjaponicaKOIDZ

ずっと昔、優雅で美しく真っ白な一羽の鶴がいた。

南方の端の仙境から一本の薬草をくわえて来て、

それを適当な場所を探して植え付けようとした。

 

白鶴は4千9百里を飛びながら、

64か所の名山を殆んど巡り探した挙句、

遂に、天目山の南側の山裾(やますそ)の明堂に着き、

くわえて来た薬草を植え付けた。

白鶴は別れを惜しんで夜昼となく薬草の世話をして守った。

年月が流れて、

白鶴はそのまま固まって岩石に変わり、

岩石には苔が生え、草が育ち、小さな山になった。

白鶴が丹念込めて守った薬草は段々育ち、

長年の後には白朮になった。

その周りには白朮が沢山育ち、

また一年後にはもっと多くの白朮が育つようになった。

当時の人達は白朮の使い道を知らなかった。

長年 育った白朮は段々焦(あせ)り始めた。

「もしも白朮が人の為になるように使われなければ、

白鶴が折角、

真心込めて守り育てた甲斐が無くなるのではないか?」

陰暦の9月9日に、

長年育った白朮は美しい娘に変身して、

菊文様と赤い朱砂の点で彩った

白色の裳裾(もすそ)を着て、雲に乗り、

杭州の望仙橋の川辺にある薬屋に行って白朮を売ろうとした。

医員は絶世の美人の彼女を見て近づき、

「娘子はどこに住むどなたですか?」

「私の姓は白で、於潛の鶴山に住みます。」

朗らかに笑いながら白朮を買っては、

その使い道や服用法を話して立ち去った。

医者は白朮を患者に与えたが、

その効力は比べようが無かった。

そこで医員は、

白朮を大量に買い入れて売れば多いに儲かると思い、

従者を連れて於潛の鶴山に行った。

しかし、

そこには白という姓の娘を知っている人は居なかった。

彼は仕方なくそのまま薬屋に帰り、

その事を婦人に話した。

ところがその婦人は笑いながら

「その娘は去る9月9日に訪ねて来たから、

来年の9月9日には必ずまた白朮を売りに来るでしょう。

心配しないでお待ちになって下さい。」

瞬く間に年月が流れて翌年の9月9日になった。

菊花紋様の白い裳裾を着たその白衣の娘子は、

やはり また 現れて白朮を買った。

白衣の娘子が白朮の効能を説明している間に、

医員の婦人は密かに針に赤い糸を通して、

彼女の裳裾に刺しておいた。

白朮を買った娘子が立ち去るや、

医員は従者を連れて彼女の後を追い、

於潛の鶴山まで着いた。

「おや、白衣の娘子が消え失せた。

ちょっと前迄歩いていたのが見えたのだがなあ。」

「早く探せ。」

医員は隈なくその一帯を探したが、

彼女はどこに消え失せたのか見付からなかった。

そこで赤い糸を辿ってみると、

薬草に巻かれていた。

医員が薬草周辺の土を掘り返してみると、

清くて芳しい匂いが鼻を突き、

千年も育った一本の白朮が有った。

医者は多いに喜び大声で呼んだ。

「早く鍬を持って来い!」

千年経った白朮を鍬で掘り出すと、

すぐ白朮から光が輝きだして医者の目を盲にさせた。

その瞬間、

千年過ぎた白朮は跡形も無く消えて無くなった。

それからは白衣の娘子を見た人は居なかった。

今も中国の於潛に鶴山村がある。

そこで生産される白朮は浙江省の名山於朮と称し、

また 仙鶴朮、あるいは鶴頸朮とも称す。

刀で切断してみると菊花紋様と

赤い點(テン)が見えるのである。

白朮は菊花科に属する多年生植物で

根を薬として使う。

体が衰弱な時に使う補薬で、

気を補い、脾臓を強壮にし、汗を止まらせる。

また、

妊婦には安産の薬としても使われる。

また、

体中の水分の循環を円滑にさせて、

脾臓が弱って体が腫れる人に

利尿作用を促し腫気を緩和してくれ、

血糖値を下げ、下痢を防いでくれる。

女性が体力を補う時、

血を補充するのが基本であり、

男は気力を補充するのが基本である。

男性の補薬中に君子達が食べるという意味の四君子湯。

四種の薬材からなるこの四君子湯には

白朮は欠ける事ができない薬材。

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.