ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語の古文体翻訳 山薬

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

農學博士 全炳台 の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

 持病から生じている

症状であるのかが判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬 のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

農學博士 全炳台

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

Mieko Kimuro

株)オータニ漢方藥局

 

19.補気薬

72.弱小国の逆襲(山薬)

山薬DioscoreajaponicaThunb

これは昔の群雄割拠時代の話しである。

諸侯達の間では、

領土拡張を企てて必死の戦闘を繰り広げていた。

国力が強い国は近隣の弱小国を

虎視眈々(こしたんたん)と狙っていた。

それは領土拡張の目的もあったが、

強い軍事力を誇示して弱い国から

朝貢(ちょうこう)を捧げさせようとする下心もあった。

「隣の小さい奴らが目障りだ。

すっぱりと掃き捨ててしまえ。」

強い国が隣の弱小国に宣戦布告した。

力の強い巨大国は潮がさすようにどっと攻め入ったので、

弱小国では朝廷の大臣達を集めて対策を熟議した。

「軍隊を総動員して敵を撃退すべきだ。」

巨大国の兵隊は怒涛(どとう)の如く攻め入り、

弱小国を占領した。

「残った将兵達を総結集せよ。」

弱小国の兵士達は2~3千名が最後まで抗戦したが

次第に追い詰められて、ある山の麓まで追い込まれた。

「今は致し方がない。一旦、山の中に隠れよう!」

彼等は命を保とうと身を避けて山の中に走り込んだ。

一方、勝ち戦の巨大国の軍隊は、

「もう追撃は止めよう!すでに陽もくれたし、

どうせ勝った戦さなのに、これ以上追って行く必要はない。

山を取り囲んで布陣せよ。」

巨大国の軍隊は敗残兵を追わず、

山をぐるりと取り囲んで、

逃げ隠れた敵兵が食料が無くなって飢え死にするか、

投降するのを待つ事にした。

「ふうむ。奴らを攻撃しなくても、

山のなかで草でも取って食べて、遂には堪えきれず、

結局、山から降りて来て投降するであろう。」

将軍達はそう思って余裕たっぷりな気構えで待っていた。

それなのに半年が過ぎ、

一年が経っても、山に逃げ入った兵士は一人も出て来なかった。

「人間も彼等が連れて行った馬までも、

皆、飢え死にしたんだろう。」

と思って彼等は油断していた。

ところが ある日の夕方、

山の中にいた兵隊が、突然時の声を上げながら、

士気旺盛な勢いで山から降りて突進してきた。

「奇襲攻撃だ!」

山の中にいた兵隊は強大国の陣地を猛烈に攻撃してきた。

約一年近くも勝ち戦さに

心酔していた強大国の兵隊は、

特に抵抗も出来ず、慌てふためいて逃げ回った。

それと反対に山の中にいた兵隊は、

今度の失敗を教訓として、

皆が奮って渾然一体(こんぜんいったい)と

なって戦いに臨(のぞ)み、全力を注いで、

遂に奪われた国土を奪い返した。

後日、戦いに敗れた巨大国の人達が、

弱小国の兵隊が一体何を食べて飢え死にを免れたのか、

また

どうやって体を鍛えたのか、綿密に調べた。

山中にはよく育った植物が有ったが、

それは夏には白い花が咲き、

根は太くて大きく土に埋もれていた。

山の中に逃げ込んだ兵士達は、

味が甘くて食べやすいこの根を

掘って食べ幹と葉は馬に食べさせて力を養い、

失った国土を回復したのだった。

兵士達はこの根を山遇(さんぐう)と呼んだが、

その訳は、

食料を求めて山の中を探して歩くうちに

偶然に出会うとの意味でそう呼んだ。

その後、

この山遇は食料の役割をもち、

その上消化器系統の機能を調節し、

肺臓と腎臓の栄養供給する為に

薬材として使う事が出来る事が知られるようになった。

その為、

その後、『山から得た栄養の薬』との意味で

山薬と呼び変えて今に至っている。

山薬は、とろろ芋(自然薯)、山の芋とも呼ばれ、

ムチン(Mucin)、クリシン(Glycine)、セリン(Serine)

その他アミノ酸を含有しているので、

糖尿病に長期間使用すれば効果が良く、

健忘症、精液が自ずと流れ出る症状、

睡眠中に汗が流れる時等に良い治療剤である。

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.