ブログ

ブログ一覧へ戻る

北京語の古文体 日本語翻訳 大棗 タイソウ

 

 

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

韓国の建国大学

農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

持病から生じている症状であるのかが

判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

韓国の建国大学  農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

 

株)オータニ漢方薬局

代表取締役社長

木室ミエ子

 

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

74.神山の遊びに斧の柄腐のも知らぬ(大棗)

大棗Zizyphus jujuba Mill. var. inermis Rehder

晋国時代の信安群の石室山の山奥の里に、

王質という人が住んでいた。

ある日、王質は薪を刈る為に山に登った。

“今は農繁期も過ぎ去ったので、もう少し山奥深く入ってみようかな。”

彼は普段より もっと深い山奥に入って

薪を刈り取る為に進んで行った。

その時、どこからか妙な音が聞こえて来た。

 “何の音かな?”

カチカチと小さな石ころが落ちるような音が

 絶え間なく聞こえるので、耳をそばだてて聞いてみると

碁石(ごいし)のぶつかる音に違いないと思った。

“いや、こんな深い山奥で、

一体、誰が碁(ご)を打っているのだろうか?”

王質は碁石の音が聞こえる方向に向かって、

一歩一歩、近づいて行った。

千年も経ったように見える古木の下で、

童子が二人向かい合って碁を打っているのだが、

二人の顔付きはとても真剣であった。

王質は二人の側に近寄り、斧を立てて置き、

黙って碁打ちの様子を見ていた。

黒石を握った童子も白石を握った童子も、

木こりが側に来ているのを知っているのか知らないのか、

振り向きもせずに碁を打つのにだけ熱中していた。

そのうちに童子の一人が窮地に追い込まれたのか、

思いに没頭し始めた。

一方の童子はゆっくりと

 余裕のある態度で碁盤を見下ろしていたが、

懐に手を突っ込んで何かを摑みだして食べ始めた。

その時 初めて、

その童子は自分の側に誰かが来て観戦しているのを見つけ、

懐から一粒取り出して王質にくれるのであった。

王質が受け取ってみると、それは乾いた棗であった。

何気無くその棗を一粒食べたところ、

その後には空腹感も感じなくなり、

喉の渇きも無くなり、薪取りの仕事も忘れて、続いて碁の観戦をした。

白石の童子が適切な應手(おうて)で形勢を取替えた。

暫くして、黒石の童子が振り向いたので木こりに、

“まだ帰らなかったのか?”

それで、白石の童子も彼を見て、

“この人、何時から来ていたのかね?

碁が終わる迄にはかなり時間がかかるだろうなあ・・・”

と言いながら傾いた太陽を指さした。

“アッ!しまった。

暗くなる前に早く家に帰ろう

。”暗くなる前に家に帰り着くには急がねばならなかった。

王質が斧を持ち上げようとした所、

斧の柄がバサリと腐り落ちた。

“アッ!今朝、

新しい柄に取り換えたばかりなのだがな・・・

おや、刀も錆びている!

”どうした訳かも分からず王質は急ぎ足で帰ったが、

陽が暮れた後にようやく家に辿り付いた。

それなのに、村の入り口に入るや 何かおかしな感じがした。

“おや!村が変わったかなぁ!”

王質は怪訝に思いながら自分の家に向かったが、

山を降りて村に行く道路や家も皆、

前と違って変わっていた。

我が家は荒廃(こうはい)な空き家になっていた。

折良く通りかかった人がいたので口をきこうとしたが、

彼は見知らぬ人だった。

“村の人は皆、知っているのに、おかしな事だ。”

王質は独り言を呟き乍ら、聞いてみた。

“この家は何故こんな有様になったのですか?”

“ここには人が住んで居ないのです。

畑の向こうの家の納屋です。

“何時頃からですか?”

“ずっと前からです。

 人の話によると、約200年前、

この家の主人が山に薪取りに出て行ったまま帰って来ないので、

彼の息子が他所に移って行ったと言っていました。”

“では、その時 

山に行って帰らない人の名前は誰だと言っていましたか?”

“名前は思い浮かばないのですが、

7代祖先だと聞きました。”

“もしや、王質と言いませんでしたか?”

“ああ!その通りです。

ところで貴方はどうしてその人の名前をご存知なのですか?”

“まさしく私が王質です。

只今、山から降りて来たばかりです。

”村の人達はあまりに意外な話に目を目を見張って、

物も言えず王質を見つめた。

“この斧を見て下さい。

”王質は柄の腐った斧を見せた。

‘神山の遊びに斧の柄が腐るの知らぬ’との諺が出来上がった。

王質が神山から貰った棗一粒を食べて

ひもじい事も忘れたのは、棗は胃気を安らかにし、

胃腸を丈夫にするのでしばしば食べるべしとされ、

十二經絡を助け、經絡を補い、

顔を美しくし、全ての薬と良く配合され、

消化機能を助けて元気を高めると言われ、

消化器を助けて、王質がひもじい事も忘れ、

棗一粒に時の流れも分からない程の快い暮らしをしたと思われる。

棗(なつめ)はヒステリー症状に

とても卓越した効果があるので、

漢方では甘麦大棗湯に多く使われ、

また 

胃腸と脾臓を補って津液を作り出し、

気を助けて、脾臓と胃が弱くて

大便を水っぽく排出する人に効果があり、

胸の動悸にも効果がある。

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.