ブログ

ブログ一覧へ戻る

漢方薬について

本草綱目北京語の古文体翻訳 淫羊藿

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

農學博士 全炳台 の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

 持病から生じている

症状であるのかが判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬 のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

農學博士 全炳台

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

Mieko Kimuro

株)オータニ漢方藥局

 

20.補陽薬

75.七旬の老人が杖を投げ捨てた物語(淫羊藿)

      淫羊藿Epimedium koreanum Nakai

昔、中国の四川地方のある山に羊を飼う童がいた。

ある日、牧童が羊の群れを追い、

山峰に向かって登り続けていた。

だしぬけに一匹の牡羊が雌羊に追いすがり

交尾をし始めたが、

驚くなかれ繰り返し百回も交尾をするのを発見した。

“あいつらはどうしてあのような事ができるんだろうか?”

牧童はとても好奇心が起こり、

その牡羊の行動を見て調べていたところ、

ある草をひたすらに採り食べているのが分かった。

“あは・・!この草が欲情を高ぶらせるのだな。”

牧童は好奇心をそそられ、

その草を採り食べると、空腹も感じられなくなり、

食欲が旺盛になるのを感じた。

そこでその草は、

後日、淫蕩(いんとう)な羊の草との意味で、

淫羊藿と呼ばれるようになった。

また、

この草は放杖草(ほうじょうそう)、

仙靈脾(せんれいひ)とも呼ばれた。

三本の枝を持ち、

一本の枝には三枚の葉が付いているので

三枝九葉草とも呼ばれた。

 放杖草と呼ばれるのはそれだけの訳がある。

昔、ある村に七旬(70才)に近い老人がいたが、

ある日、

山に薪を取りに行って、

偶然この草を見つけて採り食べたところ、

突然に性欲が湧きおこったのであった。

“おや!これは久し振りに何としたことだろう。”

老人は握っていた杖をその場に放り捨てて、

急いで家に走って帰り、七旬の妻を抱きしめた。

そこで杖を投げ捨てさせた草との意味で放杖草と名付けた。

精力が弱く房事(性行為)に自信がもてず、

夜が訪れるのを恐れる男性は、

これを服用するのが望ましい。

淫羊藿は、エピメディン(Epimedin)という成分を含有して、

性ホルモンの分泌を促進させ、精液を豊富にしてくれる。

デソメチルイカソン(Desomethyl icariin)という成分もあり、

末梢神経を刺激する役割をして、

末梢神経を刺激する役割をして血管拡張作用を起こし、

男根の海綿体を膨張させて興奮を誘導する催淫作用をする。

淫羊藿は勃起不全とか、

頻尿とか、漢方で風、寒、湿による神経痛に効力があり、

筋肉と骨を強健にする作用もある。

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.