ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語の古文体翻訳 何首烏(カシュウ)①

 

 

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

韓国の建国大学

農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

持病から生じている症状であるのかが

判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

韓国の建国大学  農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

 

株)オータニ漢方薬局

代表取締役社長

木室ミエ子

 

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

21.補血薬

83.杜鵑花を愛した無名草    

 

何首烏(カシュウ)

Pleuropterusmultiflorus

 

昔、山深い奥地に名もない無名草が生えていた。

この無名草は黙々と人知れず育ち、

周辺にあるのは一株の杜鵑花(とけんか)のみであった。

無名草は杜鵑花をこよなく愛し、

風、雨、霜、雪などから被害を受けぬように、

自分の葉で杜鵑花を蔽(おお)い守っていた。

このような無名草の行動を見守っていた花の神がいたのである。

ある時、

花の神は無名草に多彩で美しい色どりを与えた。

しかし、

無名草はその見事な色彩をすべて杜鵑花に与えてしまい、

自分はただの黒色となった。

杜鵑花は色とりどりの色彩を持つようになってから、

春は多くの花を咲かせ、

山全体を美しい色で彩っていた。

そんなある日、

川辺に住む一人の老人が山奥に入って薪を取っていたところ、

あまりの空腹に気力を失い、

無名草のそばで倒れてしまった。

すると無名草は老人に囁いた。

「お爺さん!お爺さんはお腹が空いて倒れているのですね。

私をもぎ取って、根を食べなさい。」

しばらくして老人は意識を取り戻し、

無名草の話しを思い出して驚いた。

「おや、草がものを言ったかね。

この草は珍貴な薬草かもしれない。」

老人は無名草を根こそぎ抜き取り、

家に帰って根を食べてみた。

すると翌日、

なんと老人の白髪は黒く変わっていたのであった。

この噂は人々に伝わり、

川辺の域内にもあっと言う間に広まった。

しばらく後、

噂を聞きつけた薬屋達が老人を訪ねてきて、

「私達と一緒に山に入り、

その薬草を採ってきて薬を作りましょう!」

老人は川岸に住んでいた事から

『何老人』と呼ばれていたのだが

この老人の頭が鳥のように黒くなったことから

何首烏と名付けこの薬草を

『何首烏』と呼ぶようになったのである

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.