ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語の古文体翻訳 何首烏 ⓶

 

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

韓国の建国大学

農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

持病から生じている症状であるのかが

判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

韓国の建国大学  農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

 

株)オータニ漢方薬局

代表取締役社長

木室ミエ子

 

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

21.補血薬

84.神仙が教えてくれた仙薬(何首烏)

何首烏Pleuropterusmultiflorus

「何首烏伝」の作家、

李翺(りこう)の字は習之(しゅうし)で、

唐国の趙群(ちょうぐん)の人である。

彼は科挙に合格した進士(当時の官職名)であり、

以前は山南東道の節度使も歴任していた。

彼は文章家としても當代に名を馳せており、

死後『諡文(しぶん)』に推戴(すいたい)された

諡文は烈公(れっこう)と同格である。

大学者、韓愈(かんゆ)の弟子でもあり、

彼の著書には「論語筆解」「五本經」等がある。

昔、南方の山間に小さい村落があり、何田兒という

名の男が住んでいた。

何田兒は生まれつき虚弱な体質で顔は蒼白く、

目は窪み落ち込んでいた、

彼は58才になる迄独り者であり、

病弱な何田兒に嫁に来てくれる人は無かったのである。

歳月は矢の如く過ぎ去った。

彼の住む部屋は狭く、

いつも孤独で空しい日々を送っていた。

他の村民は元気で、

方々の名所も自由に楽しんでいたが、

彼は性格も内向的で意気消沈な状態で、

いつも他の人を憧憬(どうけい:あこがれる)だけだった。

ある年、

彼は勇気を出して付近にある小さな山に登った。

彼は鼻歌を歌いながら渓谷で沐浴し、

夕方まで楽しく遊んだ。

そして家に帰ってからも気持ちが良かったので、酒を呑んだ。

翌日からも、

雨が降り、風が甚だしく吹く日を除いては、

毎日山に登って遊んだ。

ある日、

酒を少し呑んで芝生の上に横になり、

空を見上げて白雲が流れるのを眺めていると、

彼は爽快な気持ちになった。

ふと隣を見廻すと二株の木が目に入った。

木は三尺の高さであったが、

二株の蔦(つた)がお互いにもつれ合った姿が、

あたかも交接しているようだった。

木の色は紫色で、葉は互いに向かい合い、

花の蕾は黄白色である。

何田兒の顔に突然、

笑いの表情が浮かんだ。

彼はそれまでおよそ10年の間、笑った事が無かったのである。

何田兒は興奮して芝生から立ち上がり、

二株の木に近寄り木の根を掘り始め、

間もなく、

まずは握り拳程の根を手に入れ、

残りの木の根も掘り出して家に持ち帰ったのであった。

振り返れば何田兒は58年間の間、

今日ほど全身の力を出して働いた事が無かった。

彼は掘り出した根を隣の友人に見せた。

「これは何という木の根かね?」

隣人達も根の名前は知らなかったが、

何よりも何田兒の行動を可笑しく思ったのだった。

何田兒は昼間の仕事の為に疲れ、

夕飯を食べ終わると体を洗う事も忘れ、

木の根を足元に置いたまま寝床に入り、

眠り込んでしまった。

すると、彼は夢を見た。

彼が山の青い草原に立っていると、

前の方に微かな赤い煙が盛り上がり、

すぐに消え、白髪の神仙が現れて彼を呼ぶのだった。

「田兒よ!田兒よ!」

何田兒は答えようと思ったが、

声が出ずにいると、神仙は続けて話し始めた。

「その木の根は神仙がお前にくれた物だから、

すぐに服用せよ。決して忘れるな。」

何田兒が夢から覚めてみるとまだ真夜中だったので、

再び眠りに落ちてしまった所、同じ夢を繰り返して見た。

「これは夢か?現か?」彼は疑問が起こった。

もしやその根に毒が有ったらどうなるか?

「でも、そうだ!俺が長生きしてもあと何年か位なものだ。」

そこで彼は心を決め、石臼を使ってその根を粉にしてみた。

「人の言う所によれば、

薬は空腹の時に服用すると効果があると言う。」

彼は朝食前に、酒にその粉を混ぜて飲んだ。

薬に毒は無い様だった。

そこで日に三回、空腹の時に服用してみた。

一カ月程過ぎたが、夢の中で老人が話した通り、

それは仙薬であった。

何田兒は体に力が湧くような気がしたのである。

「前より力が強くなり、気分も爽快になった。」

彼は内心大いに喜び、

また山に行ってその木の根を採集し、粉にして服用した。

一年程過ぎると、

彼が採集した根は倉一杯に貯まり、

そして 彼は薬を服用し続けた。

村の人達は何田兒の話題で話の花を咲かせた。

それは、

病弱な体の持ち主だった何田兒の顔から

病色が完全に消え失せ、精力に満ち溢れ、

年は60の高齢ながら髪の毛が黒々と変わり、

若者の様な姿になったので、

人々は怪しげに思った為である。

何田兒の噂が村から村へと伝わり、

多くの人が何田兒の家に集まって来た。

「その仙薬を私達にも分けて下さい。」

これまで誰も訪れなかった何田兒の家は、

たちまち長蛇の陣ができるようになった。

間もなく何田兒は薬草の根のお陰で金持ちになり、

新しい家屋を新築、

そして何田兒はついに60歳の高齢で

婦人を迎え入れ男児も誕生した。

生まれた子供の名前は続けて代を継ぐという意味で、

延秀と名付けた。

延秀は幼い時からとても健康で、

病気にかかる事も無かった、

延秀が成人になった時、

何田兒は息子に薬草の根に関する事を教えた。

彼等三人の家族は毎日空腹の時に例の粉を服用し、

息子の延秀が100歳の時にも

髪の毛が鳥のように黒く父親は160歳以上長生きした。

伝わるところによれば、

息子が130歳の時にも黒髪だったので、

人々は彼を何首烏と呼んだという。

彼の姓が何氏(かし)で髪が鳥のように黒かったので、

その様に呼んだのである。

その後、

精力が旺盛になり体が健康になると

口から口へと言い伝わり、

その薬草の根は何首烏と呼ばれるようになった。

何首烏は加工すれば効力が増し、

体内の血液循環を助け、

眩暈と不眠症、白髪、遺精、白帯下、

長い間の腹下し(泄瀉)、

老人性動脈硬化にも効力がある

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.