ブログ

ブログ一覧へ戻る

北京語の古文体翻訳 白芍薬 

韓国の建国大学韓醫學博士

李豊遠農學博士 全炳台 の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

 持病から生じている

症状であるのかが判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬 のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

農學博士 全炳台

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

Mieko Kimuro

株)オータニ漢方藥

夜中の女人の泣き聲(白芍藥) 

85白芍薬

Paeonia japonica (Makino) Miyabe & Takeda

中国の三国時代の話だ。

医聖(いせい 大変優れた医者)、

華佗の家の辺りは、

あらゆる薬草で取り囲まれていた。

彼は全ての薬草を味わって薬の成分を

確かめた後に病人に投与していた為、

決して薬を誤って使う事は無かった。

ある日、ある人が白芍を一本送ってきた。

華佗はそれを窓際の庭に植えた。

彼は白芍の葉を一枚摘んで味わい、

それから枝と花も味わってみた。

けれども、その味が平凡で薬と

しての効果はないと思われたので、

その以後、

白芍は別段の管理をせず、また関心も持たなかった。

ある日、

夜更け迄 華佗は灯(あかり)の下で本を読んでいた。 その時 突然、人の泣き声が

聞こえて来た。彼が窓を開けて外を眺めると、

皎々(こうこう)たる月光をあびて

美しい女人が立っていた。

しかし、良く見ると、何か切ない、

訳のありそうな表情をしていた。

“何かもどかしい事情があるなら、

泣かないで話してみなさい。”

華佗は戸を開けて女人の立っている所に

近寄ったが、人の姿は無かった。

窓から見た時に女人の立っていた場所には、

人の代わりに前と同じく白芍があるだけであった。

華佗は心が乱れた。

“さて!白芍の木がその女人と言う訳か?”

頭を振り、笑いながら白芍に向かって話した。

“お前が本当に霊験のある木であるのなら、

泣かなくてもいいのに・・・。

お前は薬効が無いと言うのに

どうして有効に使えようか?”

彼は部屋に入って読書を続けたところ、

また女人の泣き声が聞こえてきたので 

また外に出てみると、

前と同じように白芍が有るだけだった。

同じ事を 数回繰り返すうちに、

華佗は深く考えた。

“何か訳がありそうだ!!”

彼は側で寝ている妻を起こして一部始終を話した。

妻は窓際の白芍を見つめながら語った。

“この庭園にある一株の木や草も、手を入れれば

良い薬になるのでしょう。

良く調べ、薬効が無いと思われる草でも

その効験を探し出せば、

多くの患者の命を救う事ができると思います。

あなたは一株の白芍を冷ややかな目で見ないで、

よく考えて用途を探してみなさい。”

白芍がいかばかり切ない思いで・・・。

華佗は妻と会話後、笑いながら答えた。

“私は多くの薬草を味わってその性質を把握し、

その用途と効験を確実に確かめ、

少しの錯誤(さくご)も無い様にしています。

しかし、

白芍の葉、幹、花を全て味わい、

到底薬に使う事が出来ないと思われますが、

貴方はどうして切ない事だと言うのですか?”

“ねえ、貴方。

葉、幹、花は外で育つものですが、

地下で育つ根あるでしょう。

もう一度 調べましょうよ。”

華佗は面倒くさいという顔付きで

何とも答えずそのまま寝込んでしまった。

妻は夫が医術に勝ってはいるが、

些細な事に耳を貸さない、

どうしたら注意深く調査する事が

できるかと思い悩んで眠れず、

夜通し何とか方法は無いだろうかと思案した。

翌朝、彼女は一大決心をして、

台所から刀を持ち出し、

自分の太腿の肉を抉(えぐ)り取った。

すると鮮紅色の血が床の上に一挙に流れた。 

(狼藉(ろうぜき)消す)

華佗はそれを見て、

色々な薬草で血を止めようとしたが、

血は流れ続けて止まらなかった。

(を持って来て)(消す 掌(てのひら))

彼は手をを額に当てて思案したが、

何とも方法が頭に浮かばない。

その時、夫人が言った。

“白芍の根を掘って試してみましょう。”

病気が危急な場合は医者も

混乱を起こすと言う言葉通り、

華佗も事が此処に至っては仕方なく、

妻の言う通り白芍の根を患部に当ててみた。

すると血は直ぐ止まり、痛みも止まったのである。

幾日も経たないうちに傷口は癒えた。

華佗は 是まで、

こんな効力のある薬草は見たことがなかった。

こうして華佗は白芍の効能を切実に体験したのである。

この薬草は貴重な薬材として、今日まで

漢方で多く使用している。

白芍は抗菌作用があり、

痛症を止め、多汗を防ぎ、

腹下し(泄瀉)による腹痛と月経不順、

子宮出血、帯下にも効力があり、

肝臓を丈夫にし、脇腹の痛み、

月経痛にも使用する。

また、中枢神経を抑制して鎮痛作用がある。

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.