ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目 北京語の古文体 枸杞子

 

 

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

韓国の建国大学

農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

持病から生じている症状であるのかが

判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

韓国の建国大学  農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

 

株)オータニ漢方薬局

代表取締役社長

木室ミエ子

 

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

22.補陰薬

88.372歳の少女と90歳の老人(枸杞子)

枸杞子LyciumchinenseMiller

枸杞子の木は大きく育つにつれて、

枝があたかも神仙が手に握った杖の様に見えるので、

仙人杖とも呼ばれている。

伝説によれば、昔、道士(道術を錬磨する人)達が『道』を磨き、仙術を学習して不老長寿の仙薬を作る時に、

枸杞子を主として作ったという。

この様に枸杞子は老化を防止し、

体内の『気』を豊富にし、

骨と筋肉を強化させて体を丈夫にし、

寿命を百寿まで延ばす事ができた。

昔、山東省蓬莱懸南工村では、

枸杞子の木が多かったので、

そこの住民は寿命が永かった。

枸杞子を食べる為でもあったが、

枸杞子の各種の気、即ち水気と土気、

木気の滋潤(栄養を与えて潤わせる)が

溢れて居た為だった。

潤州城に、長い歳月を経た古寺があった。

潤州城は今の江蘇省の鎮江市である。

その寺の名称は開元寺であり、

寺の庭には大きい井戸が一つあった。

その井戸の周囲に数百年を過ぎた枸杞子の木が一株あったので、枸杞井と呼んだ。

ここの人達はこの井戸の水を飲んで、

皆が健康に暮らした。

それで、ある僧侶が次のような詩を詠んだ。

僧房藥樹依寒井

井有淸泉藥有靈

翠黛葉生籠石甃

殷紅子熟照銅甁

枝繁本是仙人杖

根老能成瑞犬形

上品功能甘露味

還知一勺可延齡

境内の薬樹は冷たい井戸の水で育ち

井戸の清い水は薬効がある

青い葉は伸びて井戸の石堀まで伸びた

赤く熟しきった枸杞子の色は銅色の瓶の如く

分かれた枝は神山の杖のようだ

老いた杖になる程、子犬の形になるが

上品で味も甘い霧のような

水を一杯飲めば長寿が何かを知るだろう

 

昔、魯国で高位の官吏一人が朝廷の命を受けて、

各地の民情を漏れなく調べ、

再び朝廷の帰り道に月交懸の西河付近に到着した。

そこは今の山東省の青島市である。

するとそこで、

彼は顔色が薄紅い15、6歳の少女が手に鞭を握って

老人を追い回しているのを見かけた。

老人は髪の色が白く歯は皆抜け、髭は一尺位も垂れ、

90歳以上と見受けられた。

少女は老人を追いながら老人を鞭で殴ろうとするので、

老人は必死に逃げながら許してくれるように哀願した。

民情を見廻してきた官吏はこの光景を見て大いに怒り、

馬から下りてその少女に向かって迫った。

「お前はどうして老人を殴ろうとするんだ?お前は三綱五倫(儒教で、人として常に踏み行い重んずべき道の事)も知らないのか?」

周囲に多くの人を従えて現れた人が朝廷の高位の官吏である事を見定めた筈だが、少女は少しも怖じけず、堂々と話すのだった。

「こいつは私の曾孫(ひまご)です。私が自分の息子の孫を殴ったとして、何の過ちがあると言うのですか?」

官吏はこの少女が自分を愚弄(ぐろう)したと思い、

大いに怒って怒鳴りつけた。

「こんな年取った老人が曾孫だと?お前は今、

私を愚弄しているんだな!」

官吏は腰から刀を抜き取った。

しかし少女は少しも 恐れずに、

「私の家には良い薬材があります。一生涯の間

その葉を食べ、ご覧の通りになりました。

貴方達は納得できないでしょうが、

もし、私がその薬を食べていなかったら、

もはや 今頃は行動が不便で白髪が蒼々となり、

歯は抜け、目も見えなくなり、耳も聞こえなくなったでしょう。

貴方達も私の話を聞かなかったら、

やがてあの子のように老けてしまいます。」

官吏は少女の話しを聞いて態度を変え、

そして再び聞いた。

「貴方は15、6歳にしか見えないのに、どうしてこの老人の祖父母と言うのですか?」

「私の歳は既に372歳ですよ。」

少女は大きく笑った。

「私が食べたのは霊丹妙薬でもないのですよ。ただ枸杞子を食べただけです。枸杞子を続けて200日食べれば、

体は健康になり、皮膚は潤い、さらに一年間食べれば、

体は必ず幼少年のように若くなり、歩く速度も速くなるのです。」

「枸杞子はどのように食べるのですか?」

「一月に根を掘り取って二月に煮炊いて食べ、

三月には木の幹を切り四月に煮炊いて食べ、

五月には葉を採集して六月にお茶にしてのみ、

七月には花を摘み取って乾燥させて

八月に煮炊いて食べ、

九月に収穫した果実を

十月に食べるのですが、

この様に枸杞子の木の花、幹、果実、根等全てを

薬材として年中、服用するのです。」

官吏は家に帰った後、

その少女が教えた通り枸杞子を服用した。

「全く、少女が教えてくれた通りだ。」

後日、猗氏縣のある老人がこの伝説を聞いて実践してみたところ、白髪が黒くなって歯も丈夫になり、

歩きも若者に劣らなかった。

現在、枸杞子は重要な滋養として広範囲に使われ、

特に腎臓の機能を円滑にして『正気』を維持し、

腰を丈夫にして疲れを無くし、

性機能の衰退と目眩症、視力減退を防ぐ。

更に脂肪肝の予防と治療に効力があり、

歳を取って目眩を起こした時、

たまに目に星が見える時にも有効であり、

小便が頻繁な時、風に当たり涙が出る場合にも効力がある。

また筋肉を強くし、皮膚も潤沢にし、

夏、暑気当りの場合は枸杞子と五味子を粉にして食べれば効果がある。

良い補薬でもあり、長い間服用すると

体が軽くなり老化を防止する。

また、暑さと寒さに強くなる。

また血糖と血圧を落とし、乳酸菌増殖も促進させる。

根の表皮は『地骨皮』という有用な薬材でもある。

 

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.