ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目 北京語の古文体翻訳 亀板

 

 

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

韓国の建国大学

農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

持病から生じている症状であるのかが

判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

韓国の建国大学  農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

 

株)オータニ漢方薬局

代表取締役社長

木室ミエ子

 

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

22.補陰薬

89.海亀仙子の亀甲(亀板)

昔、ある海辺の村で兄弟が貝を養殖していた。

彼等が養殖する貝は味が非常に美味しかった為、

人々はその兄弟を『貝兄弟』と呼んだ。

兄は既に結婚していたが、兄嫁は弟を詳(つまび)らかに世話をして友愛が深かった。

幾年かの後、弟も成長して健壮な成年になったので、

兄嫁は彼に嫁を迎えてやる為に何度も試みたが、貧しいとの理由でいつも断られていた。

ある春の朝、兄嫁はいつもの通り、貝の養殖場のあばら小屋に弟の朝ご飯を運んで行った。

すると、兄嫁が小屋の前に着いた時、小屋の中から女の笑い声が聞こえるのだった。

「ほ、ほ、ほ、ほ、ほ、・・・」

兄嫁は可笑しく思いながらも、義弟の名前を呼びながら小屋に入った。

しかし、其処には女の姿は無く、義弟が独りでいるだけだった。

「おかしいわね?確かに女の笑い声が聞こえたけど・・・?」

小屋に女がいる筈はない。

兄嫁は自分が聞き間違えたと思い、義弟に何も聞かなかった。

しかし、

その後三日間、食事を運んで行く度毎にあばら屋の中から女の声が聞こえたので、

兄嫁は夫にこの事を打ち明けた。夫は言った。

「貴方が聞き間違えたんだろう。

どうして早朝に男独りでいる所に女がいるだろうか?

それに弟は女を見ただけでも顔を赤らめて恥じ入るのに・・・

結局、貴方が聞き間違えたのだよ。」

「いいえ、三日間も続けて聞き間違える事が有りましょうか?

義弟は間違いなく、ある妖怪に取り憑かれたのだと思います。」

兄は妖怪に取り憑かれたと聞いて心配になり、その夜は眠れなかった。

翌日の明け方に、兄夫婦は密かにあばら屋に近づき、身を隠して見守った。

しばらくして、

水平線の彼方から微かな黎明(れいめい)の光が照り始まったかと思うと、

海から一匹の亀が這い上がり、こちらに向かって来るのが見えた。

すると亀は途中で亀甲(きこう)をはずし、身を一度揺り動かしたと思った瞬間、

美しい女に変身したのだった。

女に変わった亀は身をそよそよと揺すりながら、弟が住んでいるあばら屋に入って行った。

兄はすぐさま亀甲を拾って小屋に入り、女に変身した亀に大声で怒鳴った。

「お前はどこから来た妖怪か?何故私の弟を惑わそうとするのか!」

女は亀甲を持っている兄を見て、心の中で思った。

「亀甲が彼の手に奪われたからには、私はもはや元の身には帰れないだろう。」

女は顔を赤らめて恥じ入りながら立っていた。

元々、彼女は999年の間 修練した海亀仙子で、

長い間、貝の兄弟を見守っていたが、兄弟は勤勉で充実だったので、

弟と因縁を結ぼうとしたのである。

「私は海で長い間、貴方の弟を見守ってきました。

弟様の勤勉さと俊秀(しゅんしゅう:才知が優れて秀でている事)な

容貌(ようぼう)に惚(ほ)れて、因縁を結ぼうとしたのです。

「では、貴方は私の弟と因縁を結ぶ事を心に決めたのですか?」

兄夫婦は彼女の話を聞いて、大いに満足した。

それでなくても、これまで弟の嫁を探していたが意の如くならず、

苦心していたためだった。

彼等は人間に変身した美しい海亀仙子を見て大いに喜び、

彼女に亀甲を返し、弟と結婚させた。

翌年、海亀仙子は男の子を産んだ。

子供は生まれつき先天的に虚弱な体質で、骨が弱い軟骨病にかかっていた。

子供の病弱を心配し、心を傷めている夫に向かって、婦人は語りかけた。

「心配しないで下さい。子供の病気は治せます。」

「どうやって治すのか?金も無いし薬もないのに・・・」

「我が家に良い薬があります。」

「私達の家にどんな薬があるのかね?」

「亀甲です。」

婦人は亀甲を取り出しながら夫に話した。

夫は婦人の話しを聞いて決心し、亀甲を砕いて煮炊き、子供に飲ませて見た。

すると、途端に効果があり、初めに一回飲んでからは病気が好転し、

最後の六日目に薬を飲んだ時には歩く事さえできた。

人々はこの事実を知ってから、亀甲を薬材として使うようになった。

亀甲を漢方では亀板と称し、心臓を強壮にし、

造血の効果があり、骨を強くし、腎臓の機能を助ける。

また陰液を豊富にし、幼い子供が先天的に弱い時、補充する役割をする。

心臓が弱いとか睡眠がよく取れない時、

また健忘症がはなはだしい時にも良い効果をもたらす。

ここでいう陰液とは体に必要な津液も属する。

また熱が高く下血する時や月経があまり多く出る時、止血の効果もある。

帯下症、崩漏(ぼうろう:子宮の内部がただれて出血すること)にも

良い治療剤である。免疫機能を高める。

また甲状腺亢進の時に甲状腺機能を低下させる役割をする。

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.