ブログ

ブログ一覧へ戻る

北京語の古文体翻訳 女貞子

 

 

 

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

農學博士 全炳台 の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

 持病から生じている

症状であるのかが判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬 のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

農學博士 全炳台

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

Mieko Kimuro

株)オータニ漢方藥局

 

22.補陰薬

90.亡夫の冬青木【女貞子:じょていし】

昔、ある村に貞子という名前の聡明な娘が住んでいた。

貞子は、農業を営むがっしりとした若者に嫁いだ。

二人はお互いに愛し合い、幸福な日々を送っていたが、

当時は絶え間なく戦争が続く騒々しい世の中だった。

夫はいつものように畑で仕事をしていたが、

いよいよ徴収命令を受けて強制的に戦場に

引っ張られる事になった。

「結婚して間もない新婚の夫婦がどうして別れられようか!」

貞子は泣きながら夫に言った。

「貴方!貴方が帰って来るまでいつまでも待ちます」

「そうしてくれ!私は必ず帰ってくる。

心配しないで待っていてくれ。」

こうして戦場に送った夫からは何の便りも無く、

貞子は毎日孤独な日々を送っていた。

歳月は流れて三年目になるある日、

夫と一緒に戦場に行った村の若者が村に帰ってきて、

貞子の夫が死んだ事を伝えた。

貞子はそれを伝え聞くと、その場で倒れてしまった。

勿論、隣りの人達が色々と慰め面倒をみてくれたが、

貞子は食べ物も水も全く口にしないで、

ただ涙を流すばかりだった。

貞子は元からあまり丈夫な体ではなかった為、

その後は更に虚弱になっていくのだった。

ある日、貞子は自分の世話をしてくれる隣の婦人に

とりすがって話した。

「私は間もなく息が切れると思われます。

私は父母もなく子供も無いのです。それで、私の最後のお願いがあります。是非聞いて下されば、この上なく有り難く思います。」

「何ですか?そんな弱い事を言ってはいけません。」

「私が死んだら、私の墓の前に冬青の木を一株だけ植えて下さい。私が夫を待ち焦がれた想いを彼に知らせたいのです」

夫を慕う彼女の真心に心を動かされた隣の婦人は、

涙ながらに頷いた。幾日か後に貞子は息を引き取った。

隣の婦人は涙を流しながら、

冬青の木一株を貞子の墓の前に植えた。

歳月が過ぎるに従って、冬青木は枝が茂り、

背も高くなった。

一方、死んだと伝えられていた貞子の夫だが、

生きて村に帰ってきた。

隣の婦人は貞子の死について詳しく話し、

貞子の夫を連れて貞子の墓に行った。

貞子の夫が冬青木に近寄った時、冬青木はあたかも

貞子が立っている夫を迎えるように見えた。

「貴方を愛する私の心は今も変わりないのです。」

冬青木がこう囁(ささや)くように思えた。

夫は墓の前にひれ伏して、三日間昼夜なく泣き通した。

鶏の糞ほどのお大粒の涙は、ポタリポタリ落ち、

地面に染み込み、根を濡らすように思われた。

貞子の夫は悲痛な日々を送っているうちに、

ついに頭が乱れ、目眩を起こし、体熱も出た。

すると不思議な事に、冬青の木が涙を吸い取ったせいか、花が咲き、豆粒ほどの果実を沢山実らせた。

「おかしな事だ!冬青木が花を咲かせ果実が実ったという話は、いまだかつて聞いた事が無いんだが・・・?」

村人達はざわざわと、怪訝な事だと騒いだ。

この噂はたちまち四方に広がった。

「冬青木に魂が乗り移り、他の木に変わったかな?」

よその村の人達までが、冬青木を見る為に押し寄せて来た。

この冬青の葉は、他の冬青の葉と少し違うようだった。

「貞子が死んでこの木になったのだろう。」

この噂が貞子の夫の耳にまで入り、夫は枝に実っている果実を眺めながら思った。

「貞子の魂がこの果実に乗り移っている。

この果実を食べると貞子に会えるかもしれない。」

夫はそう思うと、急いで果実をもぎ取って口に入れた。

それから毎日続けて幾日も果実を食べたが、

貞子には会えなかった。

しかし、痛かった体は段々良くなるのであった。

「貞子の墓の前にある冬青木の果実は、強肝補腎する霊験あらたかな薬であるそうだ。」

その噂が人の口から口へと伝えらえた。

後日、人々がその果実を栽培するようになり、

この果実を女貞子と呼んだ。

女貞子は肝と腎を補強させ、熱を下げ、目を明るくさせる。

視力減退に使い、肝腎陰虚による目眩の時、

頭がひりひり痛い時、

または腰と膝がズキズキと痛む時、

頭髪、髭が白色に変わる時、脳血管の充血、

不眠症、老人性便秘にも効果がある。

『本草綱目』には『体内の陰液を強くさせ、

腰と膝を丈夫にし、目を明るくする」と記述してある。

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.