ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語古文体翻訳  黄精 ①

 

 

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

韓国の建国大学

農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

持病から生じている症状であるのかが

判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

韓国の建国大学  農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

 

株)オータニ漢方薬局

代表取締役社長

木室ミエ子

 

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

22.補陰薬

91.野性女黄精

ある日、華佗は薬草を採集する為に山に入った。

途中で人の気配がしたので立ち止まってみると、

二人の健壮な男が18、9歳と見える女を

追っているのを見かけた。

女は捕まるのではないかとハラハラさせたが、

逃げ足がとても速かった。

二人の男は彼女を捕まえられず逃がしてしまい、

遂にその場に座り込んで息を切らしていた。

「何故、その女を捕らえようとするのですか?」

華佗が二人の男に近寄って聞いた。

「あの女は私達主人の女僕(じょぼく)です。

三年前、あの女は主人の命令を聞かなかったので

小さい部屋に監禁されていたが、

家族達の監視が粗忽(そこつ)な隙を見て、

密かに逃げ去ってしまった。

今迄 どこに行ったか分からなかったが、

ある人がこの山で見かけたと言うので

主人が私達に捉えて来る様に命令したのです。

それで私達があの女を捕らえようとしたのですが、

彼女は野生動物の様にとても足が速いので、

逃がしてしまったのですよ。」

彼等の話を聞いた華佗は、内心思った。

一個の女である彼女が、山の中で三年も暮らしたとは・・・

死にもせず、力も活力が溢れ、

男達が追いつく事も出来ない程なら、

さしづめ何かの薬草を掘り食べたに違いない。

何か訳が有りそうだ。

後で折をみて調べる事にしよう。

その後、

華佗は山の中で薬草を掘る度に、

その女に出会う事を期待したが、

その女は人を恐れていたのだろう。

人の気配を感じれば逃げ出してしまうので、

到底会えなかった。

華佗は折がある度に、その女の足跡を探し歩いた。

遂に彼女が北側の絶壁に度々現れるのを知った。

「今度は会えるかもしれない。」

華佗は食べ物を用意して、

彼女がしばしば現れる場所に置いた。

二日後にその場所に再び行って見たが、

食べ物は食べ尽されていた。

「その女が食べたのに違いない。」華佗はよく考え、

数日後、

彼はまたもや飲食物をその場所に置き、

自分は岸壁に隠れて女が現れるのを根気強く待った。

しばらくして女が現れた。

女は用心深く四方に振り向き、

人の気配が無いのを確かめ、食べ物を掴み揚げた。

まさにその時、華佗が飛び出して女の手首をしっかりと

握った。

女は驚いて足で蹴飛ばし、口で嚙みつき、

爪で引っ掻き、華佗を傷だらけにしたが、

彼は女の手首を放してやらなかった。

「じっとしておれ!私は医者だよ!悪い人じゃない。

お前に聞きたい事がある。その後、放してやるから。」

女は華佗の目を見つめ、彼が老人であるのを確かめてから、少し警戒を緩めたように思えた。

「聞けばお前はお金持ちの家から逃げて来たそうだね?

捕(つか)まれば殺されるかも知れない。

だからと言って、

毎日山の中でいつまでも逃げ回りながら暮らすのも

無理な事だろう?

私がお前を養女に迎えようと思うのだが、

君の意向はどうかね?」

女はしばらく考えていたが、

華佗の前に跪(ひざまず)き話した。

「行く所も無い私を養女にして下さるとは、

なんと感謝したらいいのでしょうか?」

華佗は彼女を家に連れて行き、

生みの娘同様に愛した。

養女の生活が安定した時に物静かに聞いた。

「お前が山にいる時、一体何を食べて暮らしたのかね。」

「はい、黄鶏を食べました。それは木の根なのですが、

黄色い鶏の様な恰好なので、

私がそのように名付けたのです。」

「それはどこにあるのかね?

私と一緒に行って掘って来よう。」

養女と一緒に山に行って、

やや緑色を帯びた花が咲く野性草の根を掘ってみれば、

黄色でやや丸めのその根は表面に鱗のような物があって、確かにあたかも鶏に似ていた。

華佗はそれを掘って持ち帰り、

患者達に服用させたところ、体を滋養する効果があった。

それからは黄鶏と呼ばず、黄精と名付けた。

黄精とは精を強健にする黄色い薬という意味である。

旺盛は『補中益気』させ、心臓と肺を潤沢にし、

筋肉と骨を強く、

その上、風湿(神経痛)を治療する。

「日華子本草」には『五労七傷を補い、

骨と筋肉を強くし、飢えを忘れさせる。

脾臓と胃を補し心臓と肺を潤沢にする』

と書かれている。

「別緑」には

『体を補い、気を良くし、風湿を無くし、五臓を強健にする』と書いてある。

黄精の薬理作用は抗菌作用と高圧作用があって高血圧にも良い効果を現す。

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

 

ブログ一覧へ戻る

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.