ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語の古文体翻訳 黄精⓶

 

 

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

韓国の建国大学

農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

持病から生じている症状であるのかが

判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

韓国の建国大学  農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

 

株)オータニ漢方薬局

代表取締役社長

木室ミエ子

 

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

22.補陰薬

92.荷花(蓮の花)と王扒皮(黄精)

昔、ある村に貧乏な農夫が住んでいた。

年取った農夫夫婦には娘が一人いて、

名前は荷花といった。年は16歳であった。

彼女の優れた容貌(ようぼう)は仙女のように美しく、

娘のいる村の人達は皆この老夫婦を羨んだ。

人々は荷花姑娘(かかくーにゃん)と呼んだ。

老夫婦は荷花を実の子のように大事にし、

とても可愛がっているが、

娘の美しさが原因で、もしや何か災い事が

起きるのではと取り越し苦労をしていた。

そこで、特別な場合の他には、

外には出て行かない様にした。

ある日、老夫婦は朝早くから外へ出て、

畑の仕事をする事になった。

父母はいつもの様に荷花に言いつけた。

「絶対に独りで外出してはいけないよ。」

しかし、荷花は父母の家事を助けようと思い、

水桶をさげて家から遠くない所に水を汲みに行った。

ところが、彼女が井戸から水を汲む時に悪運が訪れて来たのである。

この地方の大地主である王家の当主が、

そこを通り過ぎたのだ。

彼の事を人々は不良輩王扒皮と呼んでいた。

彼は荷花が水を汲んでいるのを見て足を止め、

陰凶な顔に好色な細目を蛇の様に輝かせながら

荷花の体を上下と隈なく見つめ、

口許から涎を流すのであった。

荷花は王扒皮が自分を注視しているのに気づいて、

ぎょっとした。彼女は顔を赤らめた。

王扒皮の両目は汚い蠅(はえ)のように見えた。

荷花は急いで水を汲み、家に帰った。

50代の王扒皮は金持ちだが、好色で悪質な人間だった。

彼は妻の他に数え切れない位の妾を囲っていた。

今日、荷花を見て、

あたかも水の中で育つ蓮の花の様な彼女の姿態(したい)に惚れ、彼女を自分の妾にしようと企むのであった。

家に帰った王扒皮は凶計を企て始めた。

荷花の家では昨年、糧穀が足りなくなり、

この地主から何度も借用した事があったのだが、

王扒皮は陰凶な微笑(びしょう)を浮かべながらある文書を作り上げた。

その文面は、昨年借りた糧穀を今迄の利子を合わせて

即時返せという内容だった。

荷花の家では、利子はおろか糧穀も返す能力が無かった。

王扒皮は既に立てた計画通り、

荷花の父母に借用した糧穀と利子を返す様に督促した。

「すぐに借りた糧穀と利子を返さないと、

貴方の娘を連れて行く。」

しかし、荷花の父母はすぐに返す事が出来なかった。

王扒皮は荷花を強引に奪って行き、

自分の女僕にして借用物の代替にした。

金銀宝玉のように育てていた荷花を悪毒な地主に

奪われた荷花の父母は、地面を叩きながら

痛哭(つうこく)する外に術が無かった。

年老いた夫婦は心労の為に病にかかり、病床に倒れた。

間もなく夫婦はこの世を去った。

一方、王扒皮に引っ張られて行った荷花は、

毎日の様に王扒皮の指示で手に負えない

辛い仕事をしながら、犬馬にも及ばない待遇を受けた。

こういう状況の中でも王扒皮は虎視眈々と

荷花を犯す機会を狙っていた。

しかし、

荷花は同じく借金の為に捕らえられた

年老いた女僕が彼女を守ってくれた。

その当時には地主が経済的には有力な立場であったが、

有職な文人達との交わりが有った為、

外の人の耳目を意識する体面上、

王扒皮は荷花を無理矢理に犯すわけにはいかなかった。

ある日、

墨のように暗い夜陰(やいん)に乗じて、

老僕は死ぬ覚悟を決めて荷花を脱出させた。

荷花は王家からは逃げ出したものの、

行く所が無かった。

家に帰っても父母は居ない。

王扒皮の下僕達に捕(つか)まる事だけは無いよう、

深く考える暇も無く風呂敷に包んだ食料と

着物を背中に背負い、深い山の中に逃げた。

奥深い山に着いた荷花は、枯木と枝、

草で小さな小屋を作り、毎日露で喉を潤し、

自然の果実で腹を満たした。

その中でも最も食べ甲斐があったのは

葉が竹の葉の様で根が黄色に食物であった。

この食物を掘って根を食べると、

初めのうちは非常に苦かったのだが、

食べ慣れるにつれて、喉も渇かず空腹も満たされた。

荷花は自身も知らぬ間に、

二年の歳月が過ぎ去っていたが、

いつからか自分の体が段々軽くなるのを感じた。

それに手足にも力が付き、前よりがっちりした。

秋になり、山全体に果実が豊富となった。

ある日の日暮れ頃、

大きな木の下で休息を取りながら、

生前の父母の事を思い出していた。

正にその時、彼女が殺気を感じた途端、

一匹の虎が彼女に向かって襲いかかって来た。

彼女は素早く木の上によじ登った。

すると虎は消え、彼女は木から飛び降りた。

彼女が木に登ったり飛び降りたりする姿は、

あたかも猿が木に乗るような早業だった。

彼女は山中を自由自在に駆け回る事が出来たのである。

ある日、

荷花は父母を慕う心に悩み、

王扒皮の為に父母が死んだ事を思いだしていたところ、

都合悪く、王扒皮の下僕達が現れた。

「あれは荷花ではないか?あの女郎を捕らえろ!」

下僕達が飛びかかって捕らえようとしたが、

以前の荷花では無かった。

あたかも鳥の如く、あの木からこの木へと

飛ぶ様に移り行くのであった。

翌日、村ではこれが噂になって人々を驚かせた。

「荷花が仙女になって、山の中に住んでいるそうだ。」

荷花の噂を聞いた王扒皮は、

荷花を捕らえようと決心した。

しかし、荷花は既に山中の主たる存在であった。

山中のあらゆる事を知り尽くしていたのである。

初秋の頃、彼女は南側に山砦を建てた。

木の枝と草等で作り、猛獣の攻撃に備えた造りである。

彼女はもう、村人達や王扒皮の部下達が

来ても恐れなかった。

冬には多くの果実を貯め、

竹の葉の根も蓄えていた。

ある時、彼女は食物を集めるのに疲れ、

木の下で休みながら母が教えてくれた歌を歌っていると、突然男の歌声が聞こえた。

太陽照大山

行雲付慈

遥想常年事

只為仙薬喜ぶ

大きな山に太陽の光が照らし

過ぎ行く雲は恵の水を注ぐ

一年の間起こった色々な事を思いながら

ひたすら仙薬の為に喜ぶ

この歌を歌った若者は医者の息子だった。

偶然山の中で出会った荷花と若者は

一緒に若者の家に行き、遂に夫婦になった。

その若者は荷花が山で暮らす事が出来た秘訣は、

特殊な薬効がある薬草のお陰である事を知った。

彼はその薬草を祖伝妙方として後代まで伝えた。

若者は薬草の名称を黄精と名付けたが、

その理由は荷花の精気が黄金よりも貴いとの意味だった。

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.