ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目 北京語の古文体 石榴(ざくろ)

 

 

 

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

韓国の建国大学

農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

持病から生じている症状であるのかが

判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

韓国の建国大学  農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

 

株)オータニ漢方薬局

代表取締役社長

木室ミエ子

 

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

 23.収澁薬

  1. シルクロドの經路を通じて入った石榴の木(石榴 ざくろ)

      石榴)Punica granatum L.

漢国の時代、

当時の武帝はシルクロードを開発した人物である。

武帝は張騫(ちょうけん)を外交使節として西域に送った。

張騫(ちょうけん)は

安石国の迎賓館(外国使節の宿所)に泊る事になったが、迎賓館の入り口には深紅色の花で彩られた

一株の石榴(ざくろ)の木があった。

張騫(ちょうけん)は石榴の木の前に足を止め、

暫く佇(たたず)みながら丹念に鑑賞した。

彼は石榴の木の香気に陶酔して、暇な時はいつも石榴の木

を眺めて離れなかった。

ところがその頃から干ばつが続いて、

暫く経つと石榴の花は萎(い)みこけていった。 

張騫(ちょうけん)は石榴の木に絶えず水を撒(ま)き、心血を注いで育てた。

やがて葉が青々と甦(よみがえ)り、花も咲き始めた。

張騫(ちょうけん)が安石国での公事を無事に終え、

漢国に帰る事になった。

夜に漢国との通路の地図を描いていると、

突然、青い下衣に赤色の着物を着た女が部屋の戸を開けて入ってきて、しずしずと張騫(ちょうけん)の前に進みより、礼儀正しく口をきいた。

“明日、本国にお帰りになると聞きました。

卑賊な私を中原(中国)に連れて行って下さいませ。”

張騫(ちょうけん)は大いに驚いた。

彼は心の中で、もし、安石国の女を連れて逃げるような事があったら、まだ 漢国の使節の身分として

異国に留まっている以上、どんな争いのきっかけになるか

も知れないと思った。

そこで、威容を正して叱り付けた。

“真夜中に女が私邸に入って、不遜(ふそん)な言動をするとはけしからん。

早く出て行きなさい。”

その女は張騫(ちょうけん)の一喝に恐れをなして、

もじもじしながら出て行った。

翌日になって、張騫(ちょうけん)は帰国に際して、

安石国からなんら金品の要求も無かったのみならず、

自身も何一つの贈り物も貰わなかった。

只、張騫(ちょうけん)は迎賓館の庭にある

石榴の木を自分にくれるように頼んだ。

“我々の中原にはあらゆる物が皆あります。

しかし石榴の木は無いのです。

私に迎賓館の庭にある石榴の木を下されば、

中原に持ち帰り植えて記念にしたいと思います。

”安石国王は張騫(ちょうけん)の要求を快く受け入れて、使いの者に石榴の木を掘って来るように命じた。

張騫(ちょうけん)一行は帰国の途中、

不幸にも匈奴族(きょうどぞく)に襲われて、

殺害される危険にあった。

しかし、辛うじて危機を逃れて帰国できたが、

その騒ぎの渦中で石榴の木は失ってしまった。

一行が長安に到着するや、

漢武帝は文武百官を率いて迎接(げいせつ)したが、

正(まさ)しくその時、張騫(ちょうけん)の後ろの方で女の声が聞こえた。

“天朝使臣様!私は千辛萬苦して貴方に追いつきました。”

張騫(ちょうけん)が振り返って見ると、

安石国の迎賓館で出会ったその女であった。

彼女は乱れた髪で息を喘ぎながら、

白玉のような頬が涙でごった混ぜになっていた。

張騫(ちょうけん)は驚いて慌てて聞いた。

“お前はどうして、安石国から千里の遠い此処まで私を追って来たのか?”

女は涙をぽたぽた落としながら、

“来る途中で危険な目に合い、貴方と別れてしまいましたが、この前に私を真心込めて育てて下さった恩返しをしようと、このように追ってきました。”

彼女は言い終わるや、ただちに一株の石榴の木に変わった。

漢武帝をはじめ文武百官や民衆達まで大いに驚いた。

張騫(ちょうけん)は、

安石国逗留中(とうりゅうちゅう)に

石榴の木の世話をした一部始終を詳細に説明した。

漢武帝は大いに心動かし、喜んで花園に植えるように伝えた。

この様にして、石榴の木は中原に広く普及したのである。

石榴は安石国の石榴の木という意味で安石榴と呼ばれた

が、後になって石榴と呼ばれるようになった。

漢方医学では石榴皮を収澁薬として使う。

タンニン(Tannin)を10~21%含有している。

アルカロイド(Alkaloid)中にプニシン(punicine)を含有し、

5~10分以内に寸白蟲(すばくむし 人体の寄生虫)

を殺す役割もする。

また、 黄色ぶどう球菌、肺炎球菌、赤痢菌、結核球菌を抑制する作用をし、

その他にも色々な真菌(Fungus)を抑制する。

また、長引いた腹下し(泄瀉)、

脱肛にも使用し、回虫も殺し、

その他にも冷え性、早漏症にも有効である。

また 乾癬と呼ばれる皮膚病には、

石榴皮を焼いてその粉末を患部に塗って治療する。

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.