ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語古文体翻訳  緑の苔

 

 

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

韓国の建国大学

農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

持病から生じている症状であるのかが

判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

韓国の建国大学  農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

 

株)オータニ漢方薬局

代表取締役社長

木室ミエ子

 

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

27.その他薬

104.蜂と蜘蛛の決闘(緑苔 こけ)

 

医聖と言われた華陀が、

廣陵で患者達に医術を施す時の話である。

廣陵は今の江蘇省の揚州市一帯である。

 

ある日、華陀が往診に行く途中、

偶然道で泣いている女人に出会った。

女人は道端に立って両手で顔を覆い、

とても痛そうな姿であった。

“もし! もし!貴方は何故 此処で泣いているのですか?”

“あの・・・。 

蜂に刺されまして、痛くて堪らないのです。”

華陀が彼女の顔を見ると、

顔の半面が赤く腫れあがっていた。

“とても酷いですね。”

“はい、 

ずきずきと疼(うず)くので、とても痛いのです。”

“早く苔を探して蜂に刺された部位に張り付けなさい。

なるべく湿地にある緑色の苔に効力があるのですよ。”

女人は半信半疑ながらも、

余りに痛かったのでじっとしていられず、

一刻も早く緑色の苔を探す為に家に帰った。

それから二日後に、

華陀は弟子を連れて外出する途中、向こう側から

明るく笑いながら歩いてくる女人に出会った。

この前 蜂に刺されて泣いていたその女であった。

“この前は本当に有り難うございました。

緑色の苔を張り付けたら、効果がありました。

ご尊名を教えて下さい。”

その時 そばに立っていた弟子が言った。

“華陀先生です。”

“えーっ、名高い華陀先生でしたか?

やっぱり立派な処方を即座に下して下さいまして、

効果が現れたのですね。”

女人の顔からは腫れが取れ、傷も完全に治っていた。

華陀は喜びながら弟子を顧(かえり)みて話しかけた。

“苔は解毒をし、腫気を取る効果がある。

我等が薬材に使っても立派なものである。”

“師匠様、本には苔に対する効能が書かれていないのに、

どうしてそれを知っているのですか?”

“うーむ、それには理由があるのだ。

ある夏の日に・・・・・、”華陀は話し始めた。

“ある日、私が裏庭で休息を取っていた時、

大きな蜂が蜘蛛の巣に引っかかっているのを

ふと見かけた。

巣の片隅でこれを見ていた蜘蛛は、

一歩一歩、蜂に向かって近づいて行った。

蜘蛛は蜂を取り巻こうとして、糸を吐き出した。

一方、

蜘蛛の糸網にかかった蜂も甘くない相手だった。 

したたか者の蜂はいつの間にか身を翻(ひるがえ)して

蜘蛛の腹に毒針を刺して蜘蛛に一撃を加えたのである。

毒針の攻撃を受けた蜘蛛は寸時に腹が膨れ上がり、

下の葱畑に落ちた。

蜘蛛が落ちた所には苔が生えていた。

おかしな事に、蜘蛛は苔の上を

ごろごろと何度か転がるうちに、膨れた腹が治まり、

元氣に回復して蜘蛛の糸に乗って這い上がり、

またもや蜂を攻撃し始めた。

蜂は糸網から逃れようとして必死に抵抗し、

蜘蛛の腹を攻撃した。

またもや蜘蛛の腹が張れ上がったが、

また葱畑に落ちた蜘蛛は苔の上を

あっちこっち転ぶうちに、

腹の腫れを治めて糸網に這い上がって戦いを始めた。

これを何回か繰り返して、

ついに蜂は蜘蛛の餌になり、食われた。

蜂の毒は‘火’の性質を持っているのに対して、

苔は‘涼’の性質を持っていて、

毒を解毒し腫れ気を抜く消腫作用があるようだ。

苔の実験を通して、私は間違いないと断定したのだ。”

華陀の事実を観察する能力と注意力に弟子は感服した。 その後、

苔を原料とした‘緑苔膏’という軟膏を作って、

蜂に刺された多くの人を治療した。

下記の御寺は素晴らしい是非おとづれたい場所です

秋は紅葉が素晴らしい

福岡大宰府の苔寺 光明禅寺

 

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

 

ブログ一覧へ戻る

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.