ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語の古文体 百合 ②

 

 

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

農學博士 全炳台 の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

持病から生じている症状であるのかが

判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

農學博士 全炳台

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

Mieko Kimuro

株)オータニ漢方藥局

 

27.その他薬

108.初夜に取り替えられた花婿(百合)

百合(Lilium longiflorum THUNB.)

 

昔、ある村にとても真面目な農夫がすんでいたが、

彼は酷く貧しかった。

彼の息子は体が健壮で容貌(ようぼう)も秀で、

他人に対しても優しかったので、村人達は彼を百合と呼んだ。

彼は李氏の姓の金持ちに雇われて働いていた。

一方、村の西側には王氏の姓を持つ物が住んでいた。

彼には一人の娘があり、その名前は愛洁と言い、

とても美しく、その村一帯は勿論、近隣の村落に迄

美人と噂されていた。

百合が雇われている金持ちの家には、息子が一人いた。

人々は彼を李道令(道令は未婚男の敬称)と呼んだ。

彼は人並み外れた大きな頭を持ち、

耳も大きくまん丸で、西遊記に登場する猪八戒のような容貌をしていたのだ。

彼は王愛洁の美貌を噂で聞き、仲人を通じて王愛洁の家に

求婚をしたが断られた。

李道令の父親は、仲人のおばさんにねんごろに頼んだ。

“もし息子が王愛洁と結婚するようになれば、

私が謝礼をうんとはずみますから、

是非、成立するように頼みます!”

“分かりました。必ず成立させてみせます。”

仲人のお婆さんは王愛洁にあらゆる甘い言葉を並べて李道令を褒め称えた。

“お嬢さん、李道令は性格も良いし、

品位もある上に容貌も優れていますから、

お嬢さんとは天が定めた似合いの夫婦ですよ。”

王愛洁は仲人のお婆さんの甘い誘いに心が傾き、

心の中で思った。

‘李道令が容貌と才能が抜群なら、

一度会ってみる事にしよう。’

“宜しいです。彼を私の家に招待して会う事にしましょう。”仲人のお婆さんはこの返事を聞いて大いに喜び、

金持ちの家に一気に駆け付けた。金持ちはそれを聞いて喜ぶどころか、慌ててまごついた。

自分の息子の顔が凶暴な様相をしていたので、

見合いをすればその結果は 

目に見えていると思うと不安でならなかったからである。

金持ちが心配している丁度その時、

百合が彼等の前を通りかかった。

仲人のお婆さんは百合を見て考えた。

“ふーむ、あの若者は顔も俊秀(しゅんしゅう)だし、

体も健壮だな。”

仲人のお婆さんは金持ちの袖を引きながら、

低い声で囁いた。“妙案があります。”

“どういう妙案かね?”

“見合いの時、李道令の代わりに今の若者を生かせては如何でしょうか?”

“・・・・。そうか、いっぺんやってみよう。”

翌日、金持ちは人をやって百合に立派な着物を着せ、

駕籠(かご)に乗せて王氏の家に行かせた。

王愛洁が自分の家に来た李道令を竹簾(たけすだれ)の間

を通して覗くと、俊秀な青年であった。

かくして婚事は進行され、金持ちは満足した。

新婚初夜、李道令が花嫁の頭にかけた赤い布を脱がせる時に、花嫁はこっそり頭を上げて花婿の顔を見て、

あまりに凶暴だったのでびっくり仰天した。

“これは何かの間違いが起こった。花婿が取り替えられている。”

花嫁は急いで髪に刺していた金のかんざしを抜き取って、李道令の太ももに刺し込んだ。

鮮血が散り乱れて床に流れ、李道令は慌てふためき、

痛くて泣いた。

その間に花嫁の愛洁は新婚の部屋から逃(のが)れ出た。

百合はその時、折良く寝るために自分の部屋に帰ろうとしていたが、どこからか女の泣き声が聞こえてきた。

急いで声が聞こえる庭園の方に行って見ると、

花嫁の愛洁が泣いていた。

‘あぁ、皆 ばれたようだな。’

“早く私に付いて来なさい。後門から逃げて。”

愛洁と百合は後門の方に行こうとしたが、

李道令の父と彼の下僕達に捕らえられた。

全ての計画が失敗に終わったのを知った金持ちは、

怒りが天を突くように身震いをしながら怒鳴った。

“この貧乏野郎をとっちめて叩け。”

結局、百合は残忍な程 殴られて死んだ。

王愛洁は全身が傷ついて病気に罹り、

咳が止まらず続いた。

翌年の夏、百合の墓の前には一輪の花が咲いた。

青緑色の幹はあたかも矢の様に真っ直ぐで美しく伸び、

花は喇叭(らっぱ)のようで雪のように真っ白い色を帯び

ていた。

王愛洁は百合が自分を救おうとした為に死んだので、

いつも心が苦しいのであった。

それで百合の祭祀(さいし)を取り行う為に

彼の墓に行ってみたところ、神秘的で芳(かぐわ)しい

匂いが肺臓を突くのだった。

その匂いを嗅いだせいか咳も止まり、精紳も清くなった。 

王愛洁はその花の根を掘って家に持ち帰り

煮炊いて食べたところ、幾日も経たないのに健康を回復した。 

王愛洁は百合を祈念(きねん)しようとして、

花の名前を百合(ゆりと名付けた。

 

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.