ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語の古文体 海馬

 

 

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

韓国の建国大学

農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

持病から生じている症状であるのかが

判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

韓国の建国大学  農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

 

株)オータニ漢方薬局

代表取締役社長

木室ミエ子

 

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

22.その他薬

116.漁夫と紅蝦公主(海馬)

海馬は何故 足が無く、

身体が薄っぺらいのかという面白い伝説がある。 

昔、海辺の村に一人の勤勉な若者がいた。

彼の名前は海生(かいせい)であった。

結婚して間もないある日、魚を捕る為に海に出た。

その日、

東海龍王(とうかいりゅうおう)の

紅蝦公主(べにえびこうしゅ)は

晩餐を終えて酔った身体で、月を見ようと龍宮を出た。

散策しているうちに道に迷い彷徨った。

暁近くなった頃、

ようやく方向を見極めて宮殿に帰る時、

凶悪な鰻に出会った。

鰻は蝦である紅蝦公主を食い殺そうとしたので、

海の中に逃げ込みながら叫んだ。

“助けて下さい!”

折よくその時に、海生の船が通りかかったので、

船の櫓(ろ)で鰻を打ち下ろして公主を救出した。

“有り難うございました。”

公主は龍宮にある貴重な宝物でお礼をしようとしたが、

海生は固く辞退した。

“それでは海生先生!

これから何か困った事が有ったら、

ここに来て私を三度読んで下さい。

そうすれば、私はすぐに出て来て貴方を助けてあげます。”

 

翌年の春、

海生の妻が難産で苦しんだ。

“この様子では母親までも死にそうだ。”

海生はふと、去年の紅蝦公主の話が思い出され、

急いで船を漕いで紅花公主を救った場所に行き、

紅花公主を三度読んだところ、彼女が現れた。

“海生先生!!何事ですか?”

“實は、私の妻が難産で命が危ないのです。

何とか助けて下さい。

“お先に家に帰って待っていて下さい、私が龍王様にお願い

して薬を持って来てあげます。”

紅花公主は龍王に頼んで

貴重な催生薬(安産させる薬)を手に入れた。

龍宮の巡察兵に命令して、海馬に乗り、

早く薬を届けるように言った。

“再三、頼むのだが、決して遅れてはいけないよ。”

龍宮の巡察兵達は急がねばならないので、

まだ食事をしていない海馬を促して出発した。

巡察兵は海馬に乗り、鞭打って走らせた。

海馬は、龍宮から海生の家迄行く間に

腹が減って喉も渇いたが、休む事もできないので、

とても辛かった。

ところが、巡察兵の懐から

芳(かぐわ)しい匂いがしたので、

海馬はスキを狙って彼の懐から

催生薬を盗みとって食べた。

この薬は龍宮の貴重な薬で、

それを食べた海馬は急に体に力が湧き、

四つ足で力強く走り、瞬(またた)くうちに

海生の家の前の水際迄着いた。

巡察兵は急いで海生の家に向かって大声で叫んだ。

“海生先生!紅蝦公主が送ってきた薬を持って来ました。”

海生は心配しながら待っていた。

薬を持って来たとの声を聞いて、急いで家から出て来た。

ところが、巡察兵の懐には薬が見当たらなかった。

巡察兵は確かにこの懐に入れた筈の薬が無いので

慌てふためいていたが、海馬の口から

異様な香気が匂ってきた。

その時になって初めて海馬が口をきいた。

“その薬が 紅花公主が送ってきた薬だとは知らずに、

私は余りにも ひもじいので

こっそり盗んで食べてしまいました。

巡察兵が怒るのを見て、その時初めて、

海馬は自分が大変な過ちを犯した事を知り、

身を翻(ひるがえ)して逃げ出した。

巡察兵は海馬の跡を追った。

逃げていた海馬は暗礁にぶつかるや、

岩の隙間に入り込んだ。

巡察兵は岩の隙間から 

はみ出している海馬の尻尾を引っ張った。

お互いに対決している時に、海生がそこに来て、

紅花公主の誠意は分かったし、

海馬が薬を食べたのも腹が減って食べた事で、

例え海馬を殺したとて、催生薬は既に無くなった物ですか

ら、海馬を許してやりましょう。”

暗礁の隙間から海生の言葉を聞いた海馬は、

感激して話すのだった。

“私が悪うございました。私が処罰を受けます。”

海馬は隙間から出て来た。

海馬は暗礁の隙間に挟まれて、

元は丸かった体が細く平たくなり、

四つの足は体にくっついて一つになってしまった。

まだ 催生薬は体の中に残っていた。

海生と巡察兵はそんな海馬を見て驚き、

海馬を連れて海生の家に行った。

海馬が家の中に入るや、

催生薬の香気が部屋全体に満ち溢れ、

海生の妻はその香りを嗅いで身が軽くなり、

元氣を取り戻して出産した。

“おぎゃー!”海生は喜んだ。

海馬が催生薬を食べた為に、その香気が産母に及び、

難産を免れた事を海生は知る事になった。

やがて巡察兵と別れる時になって、海生は彼に頼んだ。

“私の妻を救って下さって大変有り難いと紅蝦公主に伝えて下さい。

私はその他に何も頼み事は有りませんが、

ただ、海馬を浅い海辺で自由に住むようにして、

この様な危急な時に助けを請う事ができるよう、

龍王の承諾を貰うようにして下さい。”

巡察兵は龍宮に帰って紅蝦公主に海生の伝言を伝え、

紅花公主は龍王に頼んで海馬を浅い海で繁殖させ、

貴重な薬材を使えるようにした。

海馬は補腎壮陽の作用をし、気を調節し、

血がよく通じるようにする活血作用があり、

男性の勃起不能の勃起不全と

尿を漏らす遺尿症によく効き、

特に難産にもよい薬材である。

 海馬は妊産婦、または陰液(津液)不足で

熱がある人には禁ずる。

 

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.