ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語の古文体 金銀花

 

 

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

韓国の建国大学

農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

持病から生じている症状であるのかが

判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

韓国の建国大学  農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

 

株)オータニ漢方薬局

代表取締役社長

木室ミエ子

 

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

5. 清熱解毒薬

14. 皮膚病と雁蕩山

金銀花(Lonicera japonica)

金銀花(きんぎんか)に関しては、昔から伝えられている色々な話がある。

 昔、雁蕩山(がんとうさん)に薬草を採集している一人の老人がいた。

彼の名前は任冬といった。

彼は年中、山を越えて行き来しながら、背中には真竹で作った籠を背負い、腰には串をぶら下げて、険しい絶壁を行き来し、山犬、虎、豹(ひょう)とも一緒に往来した。

 ある年の夏、 雁蕩山に住む人達の間に奇病が流行った。

症状は目が充血し、鼻と口の中に出来物が吹き出すのだった。

‟一体、どんな薬で治療したらいいのか?“

その村にはそんな奇病を治すような薬はなかった。

人々は段々焦り始めた。

任冬はこの奇病を治す事が出来る薬草を探し出そうと決心した。

こういう奇病を治す薬草がどこかに有る筈だ。

 彼は荷物を整えて背中に背負い、雁蕩山の百二峰に登って薬草を探し回った。

任冬老人には双子の娘がいた。名前は金花と銀花であった。

父が雁蕩山の百二峰に向けて出掛けた後、姉妹は父親が帰って来るのを指折り数えて待っていた。

もはや一カ月が過ぎたが父親は帰って来なかった。

或る日の夕方頃、姉妹は藁葺屋根の家の傍に植えた山葡萄の根元に身を寄せて、

空にかかっている月を見上げているうちに、何時の間にか眠り込んだ。

父の任冬老人が全身血だらけになって片手に金色の草と銀色の草を握っていた。

その花は明るくて爽やかな香りを漂わせていた。‟本当に不思議な夢だ。“

姉妹は全く同じ夢を見た後、父の薬草採集を継ぐ事を決心した。

彼女らは涙を拭(ぬぐ)い、山登りの支度を終えて風呂敷包みを抱え、

夜にも関わらず父の行った雁蕩山の百二峰に向かって出発した。

幾重にも重なって 覆い被さった霧と黒い雲の雁蕩山の百二峰、

61個の岩と46個の洞窟がある所をみな行き過ぎた。

彼女らが通り過ぎた足跡には一枚の青葉と青色の蔓(つる)があり、 

金黄色の銀白色の花が咲いていて芳(かんば)しい香りを漂わせていた。

‟庁瘡(ちょうそう 皮膚病)を治療しようとするなら煮て食べるべきだ。“

青い蔓(つる)がしわがれた声で話すのであった。

“もし、熱を無くし毒を無くそうとするなら、それを採集して煮て食べなければいけない。”

金黄色の花と白銀色の花が玉を転がす様な聲で話すのだった。

こっちの方で声を出すと向こうからも声を出して、しまいには山中が叫び声で一杯になった。

村人達はこの叫び声を聞き、皆、山に登って行き、花を取ったり 茎を抜き取って煮て食べたの

で、熱と毒を解消させ庁瘡も治り始めて、村人達は病気から解放された。

しかし、任冬老人と彼の双子の娘達は何処に行ったのか。 

村人達が49日間探してみたが見つからなかった。

村人達は山の花が叫び声を上げた事を思い出し、

任冬老人はその草花の茎になったと信じて忍冬(にんとう)の幹と呼び、

姉妹の金花と銀花は花になったと信じて金銀花と呼ぶ様になった。

 

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.