ブログ

ブログ一覧へ戻る

醫方集解 癰瘍(腫瘍 癌)の剤  金銀花

 

銀花は別名忍冬と呼びます

此れからの時期 

5月中旬から 6月初旬にかけて

花が咲きます。

私のふるさと 宮崎県との県境でもあります

大分県佐伯市蒲江町に沢山の金銀花の花が自生し

幼い頃は学校の行き帰り時にこの花の蜜を吸って遊びました。

水が在るところに自生します

宮崎県や熊本県でもこの花が自生しているのを見かけます 

 

昨日 517日の 本造綱目でご紹介しました金銀花

は癌の聖約とも言われています。

金銀花酒を作り 飲まれると宜しいですよ

湿疹ができていた方にご紹介しましたところ

湿疹が出来なくなられたそうです

醫方集解  癰瘍の剤

金銀花酒の作り方

金銀花 5兩 187.5

甘草   1兩  37.5

ホワイトリカー  適度

お好み味をおつくり下さい。

金銀花と甘草が多すぎて害になる事は有りません。

 

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.