ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語の古文体 馬齒莧バシケン 1

 

 

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

韓国の建国大学

農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

持病から生じている症状であるのかが

判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

韓国の建国大学  農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

 

株)オータニ漢方薬局

代表取締役社長

木室ミエ子

 

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

5.清熱解毒薬

20. 心根の悪い姑と童養媳

馬齒莧(Portulaca oleracea L.)バシケン

昔、ある村に、一人の老婆が住んでいた。彼女には三人の息子が居た。

 長男と次男は各自の家庭を営んでいたが、末の息子はまだ年が幼かった。

老婆は末息子の為の童養媳(どうようそく)を買い入れる事にした。

童養媳とは、幼い娘を お金を払(はら)って買い取り、連れて来て普段は家中の仕事をさせ、

後ほど成長すれば嫁にする慣(なら)わしで

当時、貧しい家の小娘をお金か或いは穀物等を払って連れて来る事で有る。

童養媳を連れて来て幾らかの歳月が経つにつれ、その娘は可愛い娘に育ったが、

哀れにもボロボロの着物だけを着せられ、食べ残りの食べ物だけを与えられていた。

家の誰もが嫌う辛い仕事は 皆この娘にさせた。

老婆はやがては嫁に迎える筈のこの娘を、些細な事でも激しく叱ったり、時には殴ったりした。

老婆の姉嫁もまた気立てが悪く、娘の事を悪く告げ口して、老婆は日が経つにつれ益々娘を憎ん

だ。

老婆が虐待するのを見て姉嫁は面白がった。

しかし、この姉嫁とは反対に、妹嫁は気立てが優しくて、

娘が鞭で打たれる時はいつも彼女をかばってくれた。

ある年の夏、村に痢疾が流行って、多くの村人が死んでいった。

痢疾は便に血が混ざり出る恐ろしい流行性の痢疾で、

この可哀想な娘が痢疾に罹(かか)ってしまった。

姉嫁はこの事実を知るや、直ぐに姑に告げ口をした。

‟この子は此れから仕事も出来ないから追い出しましょうよ。

“ しかし姑は、

‟この子はお金を払って買って来た子なのに、追い出して捨てるのは惜しい。

暫くの間置いてみて、病気が治れば また こき使う事にしよう。“

姑はその様に考えて、少女を畑の中にある物置納屋に追い出した。

少女は姑が自分を人間扱いしてくれない事がとても辛かった。

将来夫になるべき人は、この様な事情もよく知らず、また自分を保護する事も出来なかった。

“こんな風に惨めに生きているよりは、むしろ死んだ方がましだ。”

菜畑には井戸があったが、少女は泣きながら井戸に向かって歩き出した。

井戸に身を投げて死ぬつもりだった。

死んでしまえばこんな苦しみから逃れる事が出来ると思った。

丁度 その時、妹嫁が息を弾(はず)ませながら走って来て、彼女を押しとめた。

“貴方は未だ若いんだよ!! 蒼々(そうそう)たる将来があるのに、

こんな馬鹿な真似をしてはダメ。

私はお粥を作って来たから、食べて元気を出しなさい。

私が夫に頼んでお医者様を呼び、お前の病気を治す様にするわ。”

妹嫁の温かい心遣いに心を変え、病気に罹った少女は納屋で幾日か待ったが、

また来る事を約束した妹嫁は幾ら待っても遂に現れなかった。

 少女は切ない思いで待った。

器に残っていた粥も皆食べてしまい、あまりに空腹で眩暈(めまい)を起こした。

堪えきれなくて、少女は他の畦道(あぜみち)に生えている草をもぎ取って食べ、

辛(かろ)うじて飢えを凌(しの)いだ。

その様に幾日間か草を食べていた処、

不思議にも身体が段々良くなり元気を取り戻すようになった。

少女はゆっくり身を起こして家に帰った。

家に帰ってみると、どうしたわけか玄関に麻布が掛かっていた。

そして未婚の末の息子が、将来自分の嫁になる筈の少女が既に死んだと断定して、

喪服を着て出て来たではないか。

二人ともびっくりして叫んだ、少女は、‟一体、何事が起こったのですか?“

“アッ、 君は未だ生きていたのか?

母と姉嫁は、君は痢疾に罹って死んだと言ったんだ。

それに妹嫁もその病気に罹って寝ているんだよ。”

少女は急いで妹嫁の寝床に走って行った。

妹嫁はびっくりして‟貴方は未だ生きていたの?どうやって病気を治したの?“

“私も分からないのです。”

‟本当にごめんなさい。貴方を世話してやらなければならないのに、

私迄こんな風に寝込んでしまったのよ。

その間、何を食べて生き残ったの?

ひもじくはなかったの?“

“いいえ、私は草を食べていたので、ひもじい事は無かったんです。”

と話しながら、少女は草を食べているうちに元気を取り戻した事が頭に浮かび、

‟そうだ!!

“その草が痢疾を止めてくれたのに違いない。”と思った。 

少女は急いで田の畦道に行き、その草を刈り取って帰り、炊いて妹嫁に食べさせた。

“さあ、これを飲んでみて。これが痢疾を止めるんです。

果たして、妹嫁の病気は治った。

この草は一種の莧菜(けんさい)であるが、

その恰好(かっこう)が 馬の歯に似ているので、

是を馬の歯という意味の馬齒(バシ)と莧(ケン)を合わせて、

馬齒莧(バシケン)と呼ぶ。

果たして、妹嫁の病気は治った。

後に、村の人々は馬齒莧が 血が混ざり出る痢疾に効果が有る事を知る様になった。

赤痢菌に対する殺菌作用がある馬齒莧は、蘭尾炎(らんびえん)を治療する。

蘭尾炎とは虫垂突起炎(ちゅうすいとっきえん)で、普通、虫垂炎という。

肛門に痛みがある時にも使われ、蜈蚣(むかで)に嚙まれた時にもその毒を消してくれる。

成分にはnoradrenaline, dopamine, alkaloidなどがある。

 

 

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

 

ブログ一覧へ戻る

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.