ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語古文体翻訳 馬齒莧 2

 

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

農學博士 全炳台 の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

持病から生じている症状であるのかが

判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

農學博士 全炳台

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

Mieko Kimuro

株)オータニ漢方藥局

 

  1. 淸熱解毒藥

 

  1. 太陽を射ち落とした男(馬齒)

昔、中国の伝説で、ある時の事、にわかに空に10個の太陽が現れ、大地は太陽の強い光で亀の背中の様に裂け目が出来、また、穀物や草木は枯れ果てて水は蒸発し、人々は天を恨んだ。

人々は山中の洞窟に身を潜めた。この時、後羿という勇士が現れた。彼の力はこの世で比べる物が無い程強く、勇猛さも また大変なものだった。

彼はこの災難から人々を救う為に弓術を錬磨し、

力を込めて弓弦を引き、太陽に向けて射った。

引き続き太陽を一個ずつ射ち落とした。

九つ目の太陽を射ち落した時、残った一個の太陽は

余りにも恐ろしくて、急いで馬齒莧の幹と葉の影に隠れた。この様にして残りの一個の太陽は、後羿の

矢から逃れて生き残る様になった。

この時から太陽は馬齒莧の恩に報いるべく、太陽の強い光にも馬齒莧は枯れない様にした。

真夏でも他の植物らに比べて馬齒莧だけは青々と茂って活気を帯び、新鮮は花を咲かせている。

 

 

  1. 清熱解毒等

 

  1. 南極仙翁の秘方(白頭翁)

白頭翁 (Pulsatilla koreana NAKAI)

ある村で、一人の若者が酷い腹痛を起こしていた。

痛みが どれ程激しいのか、額からは小豆程の

汗の雫をボタボタ流していた。若者は腰を曲げ、腹を抱えて、急いで医者の家に走った。しかし、運悪く医者は他の村に往診に行って留守だった。

若者は致し方無く 自分の家に向かって歩いた。

その途中、痛みは益々 酷くなり、一歩も歩けない程になり、遂に倒れて呻(うめ)いていた。

丁度 その時、杖を突いた頭が真っ白な老人が通りかかり、苦しんでいる若者に話しかけた。

‟おい若者、何事かね。 何故 此処に倒れているのか?  ‟あの、腹が痛くて・・・。”

‟それなら何故 医者に行かないのか?”

‟・・・・・・・。”

‟ヨーシ 、私が薬草を手に入れてやろう。ああ、

丁度君の傍にある。”

白髪の老人が杖で指す所を見ると、そこには真っ白い毛が生えた野草が育っていた。

‟この薬草の根は腹の痛みを除去してくれる効果がある。

君が持って行って、煮て食べてごらん。

大抵は三回食べただけで良くなる筈だ。”

‟本当ですか?”

‟この年齢の私が何を願って人を騙(だま)そうか。

これは我が家に代々伝えられる秘方だ。

君が食べた後には、村中の人々にも教えてあげなさい。”

白髪の老人は話し終えると消えてしまった。若者は半信半疑ながらも痛い腹を抱え、辛(かろ)うじてその薬草を採り集め、腹這いしながら家に帰り着いた。家に辿り着くと、腹痛に下痢までして、その苦しみは例え様もなかった。彼は薬草を丁寧に洗い、細かく切って水を注いで炊き、夕方に一回飲み、

その朝 もう一回飲み、三日目には、腹痛も下痢も綺麗に治った。後日、村人の中で腹痛が下痢の人がある毎(ごと)に若者は町外(まちはず)れに

行って鍬で薬草を掘り、患者達に分けてやり、その服用方法も教えてあげた。

果たして、その薬草を煮込んだ水を飲んだ人達は、皆 治癒(ちゆ)する事が出来た。‟年齢もいかない若者が、どうしてこんなに良い薬を知る様になったのか。”

人々は関心しながらも、一方 不思議に思えて、皆彼に その訳を尋ねた。

若者は 以前 白髪老人に会った話を詳細に村の人達に話した。‟なるほど そんな事があったんだなあ!!

では 、その老人の家はどこだろう?

また、 その薬草は何と言う名前の薬草だろうか?”若者は、その当時は痛みの余り 身悶(みもだ)えしていたので、そういう事を聞く余裕も無かった事を後悔した。

そこで翌日、若者は前に白髪老人に出会ったその場所に行ってみれば、その老人に再び会えるかも知れないという気がした。もし 会えたら感謝の挨拶もしたいと思ってその場所に行ったが、やはり会う事は出来なかった。その近所に住む人達にも聞いてみたが 誰もその老人を見た人は居なかった。

若者は失望して道端にどっかり座り込み、ぼんやり前方を見つめていたが、その時、堤防に育っている真っ白な毛を生やした野草が、あたかも老人の白髪が風に吹かれてなびいている様に見えた。彼は我しらず声をあげて叫んだ。

‟ウーン、そうだ! あの白髪老人は伝説の中に出て来る‘南極仙翁’に違いない。その神仙が あの時

此処に来て、私に秘方を伝授したのだ。”

世の中の人達に此の事を 何時までも忘れずに記憶させる為に、この薬草を白頭翁と名付けよう、と若者は決心した。

‘白頭翁’は頭髪が真っ白な老人という意味で、その薬草の実には真っ白い毛が3.5~6.5㎝程生えており、あたかも白髪老人と同じ格好(かっこう)をしている。白頭翁の根はアネモネン(Anemonin)の成分を含有し、消炎、収斂(しゅうれん)性の止瀉剤

として使われ、熱性下痢、及び、閉経、止血に有効だ。「日華子本草」では、一切の‘風気’(ふうき)と腰と膝を治療し、目の視力を高めると言われ、「薬性論」には、腹痛を治し、下痢を止め、

「日華子本草」では、一切の‘風気(ふうき)’と腰と膝を治療し、目の視力を高めると言われ、「薬性論」には、腹痛と齒痛を治し、下痢を止め、後頭部の下方に生じる贅肉(ぜいにく)を無くし

関節が痛い時も治療すると書かれている。贅肉とは年を取った男の後ろ首部分の皮膚が厚くなっていく事を指す。白頭翁にはアメーバ菌の成長を抑制する物質が含まれており、女性の膣内のトリコモナス

(Trichomonas)菌の膣炎にも治療効果があり、鼻血を流したり、痔疾による出血にも良い

 

5.清熱解毒湯

22. 南極仙翁の秘方(白頭翁)

腹痛と歯痛を治し、下痢を止め、後頭部の下方に生じる

贅肉(ぜいにく)をなくし、関節が痛い時も治療すると書かれている。贅肉とは年を取った男の後首部分の皮膚が厚くなっていくことを指す。

 

5.清熱解毒湯2019/2/20ブログ

23.毒を以て毒を制す 毒虫

 

 

昔、今日はこの村、明日はあの村と品物を売って歩く一人の行商(ぎょうしょう)がいた。その行商は片方の肩に長い棒を担いでいたが、その棒の両端には籠(かご)がぶら下がっており、その中には売買する品物が入っていた。彼は日用品を売り歩いているのだった。その行商人は 毎日、明け方早く寝床から起き上がった。

 

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.