ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語の古文体翻訳 白薇

 

 

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

韓国の建国大学

農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

持病から生じている症状であるのかが

判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

韓国の建国大学  農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

 

株)オータニ漢方薬局

代表取締役社長

木室ミエ子

 

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

  1. 清虚熱薬

24.熱病患者と兵士(白薇;びゃくび)

白薇(Cynanchum atratum)

 

中国の戦国時代に、百姓達は、狂暴な兵隊達の的になった

り、敗残兵や盗人の群れにいつも苦しめられていた。

彼等は殺人や放火を欲しいままにし、婦女子を苦しめ、

食料を略奪(りゃくだつ)し、

 

その上 

戦争に勝った兵隊は休暇を貰い、その機会を利用して 

真昼間にも悪い事を勝手気ままにした。

その為 農民達はいつも不安な暮らしを送っていた。

 

ある年の事、戦争がまた始まった。

村中の人々は皆 安全な所に避難した。

しかし病人や病人の妻らは、非難しないと危ないという事

は分かっていても逃げる事が出来ず、

運を天に任せるしか他に道が無かった。

 

ある夫婦は夫が病気で、婦人は看病しながら薬を煮てい

た。

その時突然、外から門を叩く音がした。

“もしもし、どうぞ戸を開けて下さい。”

門を叩く人の声が慌てふためき、憐れに思われたので、

門を開ける事にした。

門を開けるとボロボロの軍服を来た兵士が

門の前に立っていた。

兵士は家の中に入るやいなや、両手を地面について夫婦に

哀願した。

“どうぞ私を助けて下さい。”

“何事でしょうか。”

”私達は戦いに敗れました。

仲間達は殆んど死に、または逃亡しました。

私は逃げる一行と別れたのです。

私に古着を貸して下さい。

この軍服を着たまま敵軍に見つかれば殺されるのです。“

病人である家主は兵士に非常に同情して、

奥さんに一着の着物を持って来る様に言いつけ、

古い軍服は門の外に流れる川に捨てた。

暫く経つと、兵隊のざわめきや

馬の蹄(ひづめ)の音が聞こえ、

兵士達が患者の家に押し寄せて来た。

“家の中に隠しているんだろう?”

“いいえ、そんな事ありません。”

妻が答えると兵隊の親分と見える者が

妻の胸ぐらを捉(とら)えて、

“この二人は誰か?”

“この人は私の夫ですが病気で動けないのです。

この方は 私に頼まれて来られたお医者様でいらっしゃい

ます。今、薬を用意しているのです。”

 

隊長は薬湯器を蹴飛ばし、部下達に命じて三人を家の外に

引きずり出し足で蹴ったりげんこつで殴った。

他の兵士達は家の中から値の張る物を手当り次第取り出し

て持って行き、家に放火した後去った。

兵隊が家から遠くなった後で、火を消し始め家財道具を

持ち出した。

“申し訳ありません。

私の為にあなた方が大きな被害を受けて…。

“あまり気にしなくてもいいんですよ。

どうせ病気で死んでいく命です。“

“慌てて聞けなかったのですが、貴方は何の病気でいらっ

しゃいますか?”

“もう 一年近く医者に診察を何回もさせたのですが、

色々な薬を飲んでも病気が治らないのです。

兵士は彼に近寄り、彼の脈をとってみた。

“貴方の病気は私が治してあげます。

夜が明けたら私が薬草を探して来ます。”

翌日の朝、

兵士は楕円形の葉と赤黒い花が

咲いた野生草を一束掘って来た。

 

“この草の根を綺麗に洗って、

煮て汁を出して飲めば治る筈です。

私の命を救って下さったお二方(ふたかた)に

深く感謝します。

此れから私は出掛けます。“

“ちょっと待って下さい、貴方はどなたですか?”

折(おり)があれば また会えるでしょうか?“ 

 “私の名前は白威(びゃくい)と申します。

もしも 機会があれば、またお訪ねします。” 

挨拶を言い残して白威は行ってしまった。

奥さんは白威に教えられた通り、

薬草の根を炊き、夫に服用させた。

夫の病気は日に日に良くなり、

一カ月過ぎる頃には完全に良くなった。

避難していた村人達が一人、二人と帰り始めた。

彼らは夫の病気が完全に治ったのを見て驚き、

どの様に治療して治ったのかと聞いた。

“友人が薬草を持って来たのです。

これが薬草の根です。”

“この薬草の名前は何ですか?”

“私も知らないんです。

彼が次にまた来ると言ったから、

その時聞いてみましょう。”

何年も過ぎたが白威はその村に現れなかった。

後になって人々は、その薬草の名前を白威と呼んだが 

その後に、いつからかは分からないが 

白威の威を薇(び)と変えて呼ぶ様になった。

この字の中国式の発音が同じであり、

薬草が草の種類である故に

くさかんむり(草)が付いた方が当然だと思える。

白薇(び)は、熱による多眠、

すなわち引き続き眠る事と瘰癧(るいれき)

(リンパ腺結核)や神経痛にも効果が見られる。

尿に出血があり、痛みがある時も効力がある。

 

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.