ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語の古文体翻訳  烏風蛇(からすへび)

 

 

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

韓国の建国大学

農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

持病から生じている症状であるのかが

判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

韓国の建国大学  農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

 

株)オータニ漢方薬局

代表取締役社長

木室ミエ子

 

 

 

8  去風湿薬

29 酒壺に溺れた蛇と人間

烏風蛇(からすへび)

昔、ある村に、酒を造る醸造場の火炊き番の若者がいた。

長い間、酒造りの仕事をしていたので、

彼は湿気の影響を受けて頭に出来物が出始めた。

出来物はだんだん広がって、

体中にできものだらけになり、

しまいには手足の関節が痛み出して体を

自由自在に動かす事も難しかった。

 醸造場の主人はそんな若者を

目の中の棘(とげ)の様に思い、

時たま 彼にまともに嫌味を言っていたが、

ついには彼に給料も払わないまま追い出した。

若者は何とも立ち向かう方法がなかった。

彼は幼い頃に父母と死に別れ、今は行く所も無かった。 

“ いずれ 道端で凍え死ぬか、飢え死ぬ、

結局は同じ事だ。

“いっその事ここで死んだ方がましだ。”

彼はついに死ぬことに心を決めた。

この家には 酒はいくらでもあるから、

酒を 沢山飲んで死ぬか

さもなければ酒壺に溺れて死のう。

彼はどうせ死ぬなら 主人に復讐をしながら、

どういう方法で自殺するかと思いに耽(ふけ)っていた。

夕方になって辺りが暗くなるのを待って、

若者は こっそり裏庭の酒蔵に忍び入った。

そこには 作って長い間 貯えられた古酒を入れた

大きな酒壺が有った。

若者は蓋(ふた)を開けて酒を飲み始めた。

彼は後先構わず夢中になって飲んでいるうちにどろどろに

酔っぱらい、その場に倒れて寝込んでしまった。

翌日の朝、夜明けの冷たい風で彼は目が覚めた

“これ程 飲んだのに死なないんだな。

夜が明けて来た。

このまま主人に見付かったら困る。” 

そこで 若者は酒壺に身を投げた。

ところが折悪(おりあ)しく通りがかりの人が

水音を聞き、大きな声で叫んだ。

“酒壺で人が溺れた。 助けてやろう!”

大勢の人が集まり、若者は酒壺から救い出された。

主人の罵(ののしし)り声に驚いて若者は酔いが覚めた。

“死にたければよそへ行って死ねばいいだろう!

せっかく 上手く作った酒を台無しにするとは・・・!”

主人はかんかんに怒り、若者を追い出してしまった。

若者は、“ ああ、死ぬ事さえ思い通りに出来ないんだな。

こうなったからには乞食をして生きていくしかないんだ。”

と決めると、今迄の緊張が緩(ゆる)んだ。

そのせいか、今迄気づかなかった全身が

むずむずと痒(かゆ)み始めた。

“何故、こんなに痒いんだろう。

酒壺に浸(ひた)ったせいかな?”

それから幾許(いくばく)もなく、皮膚が乾燥し、

出来物が剥(は)がれ始めた。

何カ月か後には 新しい皮膚が現れ出し、

関節の痛みもとれた。

その上、体も段々 丈夫になり、

体の動きも自由自在になった。

乞食の時 使っていた籠や器等を投げ捨て、

嬉しい気持ちで醸造場へ行った。

皆は若者が前と違って健康な体になったので、

始めのうちは見分けがつかなかった。

主人も見違える程変わった彼をみて、

目をしばたたかせながら、

“体が丈夫になったなあ!” 

“はい、私が裏庭にある酒壺の酒を飲み、

また、酒壺に溺れたお陰でこんなに体が良くなったように

思われます。”

“本当に不思議な事だ。”

主人は怪訝(けげん)な顔ですぐさま裏庭に行き、

酒壺の蓋を開け、頭を突っ込んで壺の中を調べた。

その途端、驚いた!壺のなかには黒い蛇が一匹溺れている

ではないか。

いつからか蛇が溺れ、長い間酒に浸っていたのである。

この酒が風湿病(ふうしつびょう)と

疥癬(かいせん)を治癒(ちゆ)させたのだった。

風湿病は病気を起こす邪気のうちの

“風”と“湿”の悪い邪気が体を侵して生じるのである。

神経痛もこの部類に入る。

 疥癬は皮膚病である。

それ以来、醸造場の主人はその酒壺を封じ置いて、

その酒を専(もっぱ)ら病気を治療する薬に使った。

 

その後、この事件の噂が広まり、

人々は烏蛇(うだ黒色の蛇)の薬酒が

血液の循環を促進させ、

解毒の効能が有る事を知るようになった。

烏風蛇は、風湿をなくし、

体の經絡(けいらく)がよく通じるようにする。

風湿病は現在の神経痛に類似している。

また、関節の結核にも、

破傷風(はしょうふう)や小児麻痺にも効果がある。

 

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.