ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語の古文体翻訳 佩蘭と藿香

 

 

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

韓国の建国大学

農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

持病から生じている症状であるのかが

判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

韓国の建国大学  農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

株)オータニ漢方薬局

代表取締役社長

木室ミエ子

 

 

9.芳香化湿薬

34.義妹と兄嫁の愛情

(佩蘭と藿香)

佩蘭(Eupatorium fortunei Turcz)

と藿香(Agastache rugosa (Fisch. et Meyer) O. Kuntze

 

昔、ある村に藿香(かっこう)という名前の生娘と佩蘭(はいらん)という名前の兄嫁が一緒に住んでいた。

藿香の兄は戦場に行っていたので 留守をしていた。

兄嫁の佩蘭は 義妹の藿香を大変可愛がり、

藿香も兄嫁の佩蘭を心から慕っていた。 

二人は毎日畑に行って仕事をし、家でも仲良く家事にいそしんだ。

ある夏の日、兄嫁は暑気当(しょきあた)りで、

頭が痛く、眩暈(めまい)を起こし、胸がドキドキして吐

き気をもよおした。

藿香は兄嫁を床に寝かせ、“姉さん!

兄さんが前に暑気あたりに効く薬草を私に教えてくれたの

です。

私が山に行ってその薬草を採ってきます。

その薬草を食べたら姉さんの病気はきっと治るでしょう。”

藿香は兄嫁の病気を治すために兄の着物で男装して山に

行った。

佩蘭は幼い義妹が独りで山に行くのが不安で、

心配しながら帰りを待っていたが、

やがて日暮れ頃に義妹が帰る気配がしたので佩蘭は一安心した。

ところが、義妹の身動きが異常なのを発見した。

藿香はうつろな目を大きく見はり、

全身の力が抜けたように戸口に寄りかかっていたが、

やがてカタンと地べたに倒れた。

“おや!どうしたの?!”

“毒蛇に咬(か)まれました。”

兄嫁は 大変驚いて義妹が指差す足を見ると、

傷口が赤く腫れ上がり太腿(ふともも)まで腫れていた。

“可哀想に!早く毒を吸い出さなければいけない!”

“姉さん、もう 駄目です。”

佩蘭は義妹の足を掴(つか)んで 

傷口に 口を当てて毒を吸い出した。

藿香は力一杯兄嫁を押しのけながら叫んだ。

“姉さん、いけない!その毒を吸ったら姉さんまで死にます

よ!”佩蘭は義妹の足を強く握り締めながら、

“私達は死ぬ時は一緒に死ぬのだ。

お前が死んで私だけ生き延びたって何の生き甲斐があろう

か?” 

翌日になって、隣の人が戸外に二人が倒れているのを発見した。藿香は既に息絶えていた。

佩蘭は籠の中の薬草を口にくわえながら話した。

“私はこの薬草の名前も知りませんが、

これは我が家に伝わる秘方であります。

葉は丸くて根は割合に太いのですが、

暑気当りに効果があります。

頭痛と熱がある時に効果があり、

腹が膨れ上がり胸が息苦しいとかむかつく時、

また、腹下しの時にも効果があります。

この薬草には藿香と名付けて下さい。

 それから この薬草は葉の先が尖っていて幹が細いのですが、これもやはり暑気当りに効果があって、

頭痛と胸がドキドキする時に効果があります。

この薬草の名前は佩蘭と名付けて下さい。”

言い終わって佩蘭は息を引き取った。

人々は佩蘭が残した薬草を栽培して 暑気当りに煮炊いて

食べながら、佩蘭と藿香を思い浮かべるのだった。

 

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.