ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語の古文体翻訳  龍芽草(キンミズヒキ)1.

 

 

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

韓国の建国大学

農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

持病から生じている症状であるのかが

判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

韓国の建国大学  農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

 

株)オータニ漢方薬局

代表取締役社長

木室ミエ子

 

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

14.止血薬 

46.鶴がくわえて来てくれた

薬草(仙鶴草Agrimonia pilosa Ledeb.

 龍芽草(キンミズヒキ)

昔、ある村に

科挙(かきょ 高麗時代の官吏登用試験制度)の

準備にいそしんでいた二人の書生がいた。

ある年の真夏、二人は試験を受けるため、

首都に向けて門出した。

彼等は沢山の村落を過ぎながら、ひたすらに歩いているう

ちに、とてもくたびれてしまった。

 二人は重い足を引きずりながら歩いているうち、

いつの間にか、広い野原の中で道に迷い

彷徨(さまよ)ってしまった

二人は喉が燃える様に乾き、その上、空腹におそわれた

 しかし 荒涼(こうりょう)とした野原では、

一滴の水も何の食物も得られなかった。

“ああ、喉が渇く。”

“ああ、ひもじい。”

二人のうちの一人が、突然、鼻血を出した。

鼻血は出たまま止まらなかった。

他の一人は慌てて背負っていた荷袋の中から本を取り出

し、紙をむしりとって鼻の穴にあててみたが、

それでも鼻血は止まらなかった。

二人は途方にくれた。

“飲む水でもあればなあ・・・。”

“朝露に濡れた石ころでも口に加えていれば良いのにね・・・・。”

“四方八方が荒涼な野原では何ともしようがない。”

二人は自分達の身の上を嘆いていた。

その時 突然、一つがいの鶴が空を飛び過ぎて行った。

鼻血を出していた青年が両手を上げながら叫んだ。

“空飛ぶ鶴よ!お前の翔を俺に貸してくれたなら、

この荒涼な野原から出て行く事が出来るんだろうな

あ・・・。”

空を飛んでいた鶴は、青年の振る舞いに驚いて、

口にくわえていた木の葉を落として飛び去った。 

もう一人の青年がそれを取り上げながら呟(つぶや)いた。

“自分の翼の代わりにこの葉をくれたよ。”

青年はこの木の葉を 鼻血を出している青年の口にくわえ

させた。 

ところが暫くの後、思いもがけなく鼻血が止まった。

二人は余りの嬉しさに口を揃(そろ)えて叫んだ。

“鶴が仙人草(せんにんそう)を持って来てくれたよ。”

昔から 鶴は仙人達と交(まじ)わうと言い伝えられてき

たので、この木の葉は仙人が使う物だと思った。

彼等は再び力を出して歩き出し、

首都に着いて科挙の試験を受け二人共、

優秀な成績で合格した。

そして 二人共、官職についた。 

数年後の或る日、二人は出会い、

過ぎた日の追憶(ついおく)を語り合ううちに、

荒涼たる野原での出来事を思い出し、

“お前はあの時 余り沢山の鼻血を出したので、

死ぬのではないかと思ったよ。”

“鶴が運んでくれた木の葉が止血作用をするのは確かだ。”

“二人でその薬草を探してみようではないか?”

“うん、その薬草のお陰で我々二人とも救われたのだ。”

彼等は多くの医者にこの話をしてみたが、

知っている者がいなかった。

二人は以前の記憶を辿って、

その薬草の形を描き、自分達の部下にそれを見せて命令し

た。“このような薬草を探せ。”

大勢の部下達が一生懸命に探した結果、

その薬草を探し出す事ができた。 

その薬草は長い翼模様の葉で、

秋頃に白色の花を咲かせ、

止血に優れた効力を持っていた。

 鶴がくわえてきたその薬草を二人は

仙鶴草(せんかくそう)と名付けた。

仙鶴草は止血剤として各種出血に使われ、

泄瀉(せしゃ 腹下し)や痢疾(りしつ)にも使い、

過労による脱力症にも良く効く。

陰部湿痒症に使う。

最近では トリコモナス、陰部搔痒症に使う。

マラリア、痔疾患にも効果がある。

 

 ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.