ブログ

ブログ一覧へ戻る

オクラ・青じそ 俄然食慾 日経新聞 食あれば 楽あり  小泉武夫

 

 

2020年6月1日 日曜日 夕刊

とっても 体によさそうなメニュウを見つけました

新聞記事です ご紹介します。

我が輩が編み出した「緑丼」を紹介しよう

暑い日でも がぜん食欲が出るから夏向きだし

見た目も爽やかな、緑色ですがすがしく 

なんと言っても美味しいので止められないのだ

 

材料は

●枝豆 (ゆでて皮を剥いた物)90g

●オクラ 8本

●長芋 (皮を剥いたもの)100g

●刺身用のイカ  150g

●青じそ 10枚

●グリンピース 10さや

 

調味料

●酢 大匙1

●醤油 小さじ2

●だし汁大匙4

●塩小匙1

 

●イカは細切りにする

塩少々とゴマ油(大匙1)を加えてあえ

そこに

青じそのみじん切りを入れてよくまぶす

これを↑ 「イカ 青じそ組と呼ぶ」

 

調理法

1.オクラと長芋はおろし金ですりおろす

2.それに合わせて そこに調味料をよくかき混ぜて

均一にしてから枝豆を投入して混ぜ合わせる

 

上記 1と2を「オクラ.長芋組」と呼ぶ

 

3.イかは細切りにし 塩少々とゴマ油大匙1)を加えてあえ

そこに

青じそのみじん切りを入れてよくまぶす

これを↑ 「イカ 青じそ組」と呼ぶ

 

4.グリーンピースはさやごと沸騰した鍋の湯で10分間ゆでて火を止め

そのまま1時間放置し 冷ましてから実を取り出す。

実が縮んでしまうので決して 急冷しないこと

 

5.茶碗 3杯位の量の炊いた飯に グリーンピースを加えて優しく混ぜ

全体に散らばるような豆飯をつくる

盛り付けは丼に豆飯を7分目ほど盛り 

その上に「オクラ.長芋組」と「イカ 青じそ組」を

半々に分けて載せ出来上がり

 

その緑丼のなんと高尚で美しいことか

丼の半分はオクラと枝豆 

とろろの淡い緑色 

一方の半分は白く透明なイカと青じその緑色

 

それではいただきましょうかと

左手に丼を持ち 右手に箸を持って丼の緑を唇に寄せて 

まずは「オクラ・長芋組」から豆飯とともに

トロトロとすすり込むように口に入れてかんだ。

すると枝豆が歯にあたってホクホクとし 

上品なうま味とかすかな甘味  ペナペナとしたコクが沸き上がってきた

そして 

口全体にオクラととろろのトロトロ ツルツルとした

滑らかさが口に広がり淡い甘味が噴き出す

 

更にグリーンピースも歯に応えて 

ポクリ ポクリと潰れていき そこから妙なるうま味が現れてきた

・・・・・・・

(発酵学者・文筆家)

 

以下は「東方 栄養 新書」 医学博士 漢方医学顧問

粱 晨千鶴(りょうこうせんかく) 著です

 

 

オクラ

の成分は食物繊維のペクチンと多糖類の一つムチンです。

これらには整腸作用があり

 特に夏バテで 大便が硬い時に食べると良いでしょう

他にもタンパク質やカルシウム 鉄分 カロチン ビタミンC.Bに富んでいます

これらのバランスのとれた栄養成分は

血圧降下作用やコレステロール除去などの効果も発揮します

動脈硬化や糖尿病なども予防効果も期待されています

 

枝豆

【話題の栄養素】

ダイズオリゴ糖 

大豆に含まれるダイズオリゴ糖は腸の善玉菌を増やす働きがあります。 

このスタキオースというオリゴ糖は消化しにくく酸や熱に強いという特徴を持ちます。

ダイゼン 

大豆にふくまれるイソフラボンの一種です

女性ホルモン様作用を持ち 更年期に骨粗鬆治療薬として人工合成されています

また 化学物質による癌の誘発を抑制する作用やマクロファージの活性を高め 免疫力を向上させる作用も注目されています

 

大豆ペプチド 

数個のアミノ酸で組成し 腸で吸収しやすく水に溶けやすく 臭いもないので化粧脾によく利用され 最近

飲料水にも登場しました

 

イソフラボン 

大豆に含まれるポリフェノール種の一種で女性ホルモンに似た働きがあります

更年期障害によるのぼせを収めたり 骨粗鬆症の予防や改善に効果があります。

 

【東洋医学的効果】

健脾寛中→胃腸の機能を助け腸を整える

益気養血→造血を促し 五臓の働きを補助

潤燥利水→胃腸を潤しながら利尿する

排膿解毒→膿を排除し毒を消す

 

【現代の研究より】

抗酸化作用→リノール酸の働きで 老化防止や疲労回復などの効果を発揮する事ができる

コレステロール値・中性脂肪の降下作用→サポニンとレシチンという大豆に含まれる栄養素は ともにコレステロール値を下げ中性脂肪を減らし 高脂血症予防効果が期待される

 

 

 

長芋(やまいも)

糖尿病の有名な治療薬六味地黄丸には山芋が含まれております

糖尿病に効果のある根拠の一つはネバネバした成分ムチンなどの血糖値の降下作用

があります

【東洋医学的効能】

補肺固腎→ 衰弱した肺の機能を高め 生殖機能を保つ

潤う肌→ 肌を潤す

健脾益気→胃腸を丈夫にし 吸収力を高め体力をつける

清虚熱→体の衰弱による微熱を除く

淡滲利湿→淡い味で 利尿作用があり 体内の余分な水を尿から排泄する

鎮心安神→虚弱な体質を補い 精神を安定させる

 

【現在の研究より】

老化防止作用→ヤマノイモは生命の基本的物質 ムコ多糖などを含む

これらは細胞組織を潤し 老化防止などの作用を持つと考えられている

血糖値の降下作用→ ヤマノイモには血糖値の降下作用のある事が判明した

強壮作用→ヤマノイモのサポニンという成分の働きと考えられている

動脈硬化予防作用→ヤマノイモのコリンという成分はコレステロールが血管壁に着くのを阻み

動脈硬化を予防する働きがある

 

 

イカ

【話題の栄養素】

タウリン

イカはタウリンの含有量がトップクラスです

タウリンは肝臓の解毒作用を強化し血中コレステロールの増加を防ぎます

 

コレステロール

イカにはコレステロールが多く含まれるため味は良いです。

コレステロールを体中に運ぶリポタンパクがLDLで 悪玉コレステロールといい 体内で余ったコレステロールを回収するのはHDLでこれを善玉コレステロールと呼んでいます

コレステロールは生命を維持するのに欠かせない成分ですが 問題はLDLとHDLの比率で LDLが多くなると動脈硬化に結びつきやすいとされています

 

【東洋医学的効能】

養血滋陰→血液を補強し 体を潤す

補肝腎→ 肝臓と腎臓を補い 機能を回復する

【現代の研究より】

血中コレステロール値の増加を抑制する作用

イカにはコレステロールが多く含まれている それと共にタウリンも豊富に含まれ血液中のコレステロールの増加を抑制する作用がある タウリンは熱に弱いので余り 加熱しないように、

 

体力強化作用→

イカの墨の黒色はアミノ酸のチロシンが変化して生成され 

その変化によりどーぱ(dopa)という神経物質となる。

また そのチロシンは腎上腺ホルモンや甲状腺ホルモンの基本成分で 

いずれも体を丈夫にする働きがある

 

 

青しそ 青しそはβーカロチンが豊富に含まれています

【東洋学的効能】

発表散寒→発汗作用で寒さからくる風邪を発散して除く

行気和胃→気のめぐりを良くし 胃の働きを回復する

解毒→魚 カニに毒素を消す

 

【現在の研究より】

抗菌作用→シソに含まれるペリルアルデヒドはブドウ球菌と真菌に対する抑制作用や防腐作用が確認された

 

抑吐作用→ 揮発油は嘔吐を抑制する作用を強くする

 

【体質相性の解説】

シソは「温性」で胃腸の働きを改善してくれます

その為 「陽虚」で下痢の方や飲み過ぎで胃腸の働きが

弱くなっている方に適します

また シソはピリから味(辛)で体を温め 気を昇らせて発汗させる作用をもつの

で「肝陽亢盛」で高血圧の方やもともと体内の水分不足で

発汗も禁止すべき「陰虚」で微熱の方など

熱っぽい症状の改善に不利なのでこちらの方は控えめに摂りましょう

 

グリンピース

此処ではエンドウ豆と同類とします

【豆知識】

エンドウは収穫時期によって 呼ばれ方が変わります

若いうちは「サヤエンドウ」といい

成熟してから柔らかい豆のみを食べるのが「グリーンピース」

成熟した豆を乾燥させたものが「エンドウ」

エンドウの新芽が「豆苗」です

 

【話題の栄養素】

クロム→エンドウに含まれる 必須微量元素の一つ糖と脂質の代謝を助け

インシュリンの正常な働きを維持し 糖尿病予防に役立ちます

欠乏すると成長発育に不利となります

 

→必須微量元素の一つです

エンドウに含まれ 造血や骨の強化 脳の発育に欠かせないミネラルです

 

ビタミンB1→ 豆類の中では大豆の次にエンドウに多く含まれています

ビタミンB1は炭水化物をエネルギーに変える時に必要で必要量は摂った炭水化物

が多いほどB1の必要量も多くなります

不足しますと糖質が分解されずに疲労物質の乳酸などとして

蓄積されると疲れやすくなります

B1が不足しすぎると浮腫みや動悸 脚気の症状が現れます

 

【東洋医学的効能】

健脾利湿→胃腸の機能を高め 体の余分な水分を除く

生津→膵液などの分泌を促進する

解毒→皮膚の激しい炎症をおさめる

消脹通乳→気血を巡らし乳汁の出を良くして乳房の腫れや痛みを解消する

 

【現代の研究より】

血中コレステロールの降下作用→エンドウに含まれる必須アミノ酸の一つであるメチオニン(大豆にはふくまれていない)は血中コレステロールの降下や抗アレルギー 抗うつなどの作用がある

 

高血圧の予防作用→ エンドウに含まれるコリンは血圧降下作用のあるアセチルコリンの合成材料となり高血圧の予防効果がある

 

 

以上は「東方 栄養 新書」

 医学博士 漢方医学顧問

粱 晨千鶴(りょうこうせんかく) 著です

一家に一冊是非購入したい著書です。

 

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.