ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語の古文体翻訳  劉寄奴

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

韓国の建国大学

農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

持病から生じている症状であるのかが

判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

韓国の建国大学  農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

 

株)オータニ漢方薬局

代表取締役社長

木室ミエ子

 

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

  1. 活血祛瘀薬

55.花蛇と劉寄奴の決闘(劉寄奴)

劉寄奴(Artemisia anomala S. Moore

劉寄奴は、南朝の宋国の時の高祖、劉裕の兒名である。

“南史”に記録されて劉寄奴に関する逸話を此処に紹介する事にしよう。

劉寄奴は青年の頃より武術を好み、一生懸命に励み、深い境地に到った。

しかしながら劉寄奴の家は、貧しかったので、

薪取りの仕事をしてやっと生計を営んでいた。

 

ある日、彼は鎌と荷帯を持って薪取りに山に登った。

荷帯は薪を束ねて肩に担ぐ役割をする物である。

彼は山峰に向かって歩いていたが、石ころが敷かれている山道に差しかかった時、

突然、20尺にもなると思われる大きな花蛇が、

口を開き、舌針をみせびらかしながら彼に襲いかかった。

しかし、彼はとっさに身をかわして、素早く反撃の態勢に入った。

虚を突かれた花蛇は ますます怒り出し、

毒を吐き出しながら身を翻(ひるがえ)して攻めてきた。

劉寄奴は荷帯を握って渾心(こんしん)の力を振り絞って打ち下ろした。

荷帯は正しく蛇の首に当った。

蛇は全身を震わせ、おののき、尾を振り回し、地べたを打ち続け、

埃を撒(ま)き起こした。

埃は深い霧のように辺りを覆い、劉寄奴は埃を避けて身を引いていた。

暫くして埃は静まったが、そこには蛇の姿は見えなかった。

劉寄奴は心の中で、“この蛇は本当に悪い奴だ。

風や霧まで巻き起こすとは・・・”と思いながら続いて山道を歩いた。

彼は薪が生い茂った山峰について荷帯を降ろし、鎌を握って薪取りの支度をした。

その時、近くでカサカサとまるで人が米を搗(つ)くような物音がした。

辺りを見回すと絶壁の下に洞窟があり、その中より聞こえてくるのであった。

彼は好奇心が起こり、鎌で草むらを切り分けながら洞窟に入って行った。

洞窟は低かったので身を屈(かがめ)て這い進んだ。

およそ10丈位進み入るにつれて、洞窟は段々廣くなり 物音もハッキリ聞こえた。

また、外側との隙間があるとみえて、日が照り、洞窟の中は明るかった。

岩石の上に二人の童子が座って薬草を搗いていたが、

その薬草の香りは強烈に鼻を突くのであった。

“童子達が搗いている薬草はどんな草かは知らないが、何と芳しい匂いだろう。”

と劉寄奴は独り言で呟(つぶや)いた。

童子達はその声を聞きとり、振り向いて彼を見つけて叫んだ。

“お前はどうやって此処に入って来たのか?すぐ出ていけ!

龍姑様の傷を治すために我らが働いているんだ。

もしお前が此処に入ったのを彼が知れば、お前は生きて帰る事は出来ないぞ!”

“何、龍姑だと?命がないと?

俺、劉寄奴が一言教えてやらねばなるまい。”

二人の童子はこれを聞いて、直ぐ、搗き棒を持って立ち上がり叫んだ。

“おっ!お前が我が龍姑様を傷つけた劉寄奴と言う奴だな。

わしらが仇討ちをしてやる!

”劉寄奴はいち早く 鎌を握り直し彼等に立ち向かった。

三人は入り乱れて闘ったが、劉寄奴は優れて強かったので、

童子二人はかなわず、息を切らしながら苦戦した。

まさしくその時に、洞窟の奥の方から切り裂くような女の声が聞こえた。

“おい!お前達は彼の相手にならない。早く逃げろ。”

たちまちのうちに霧霞が広がり、その中を大きな花蛇が洞窟の入り口に向かって

矢の如く逃げ失せ、洞窟の中は霧霞で見分けがつかなかった。

劉寄奴は目を開ける事が出来なかった。暫く経って

霧が消えた後に辺りを見回すと、二人の童子も消え失せていた。

しかし、薬草はそのままだった。

劉寄奴は独り呟いた。

“これが傷を治す薬草らしい”

彼は薬草を持って家に帰った。

村の人達は貧しかった。彼等が傷ついて血を流す時、

その薬草を傷口に貼り付けると直ぐに治るのであった。

後日、劉寄奴は義兵隊に入って首領になり、

兵士や将軍達が敵の刀で傷ついた時に人を山に登らせ、

その薬草を採り傷口の手当てをさせた。

薬草の効能は世の中に広く知らされた。

後日、劉裕は皇帝になり、その薬草の名前を自分の

兒名である劉寄奴と名付けた。

 

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.