ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語古文体翻訳 ①水蛭

 

 

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

韓国の建国大学

農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

持病から生じている症状であるのかが

判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

韓国の建国大学  農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

株)オータニ漢方薬局

代表取締役社長

木室ミエ子

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

  1. 活血祛瘀藥

56. 水蛭で瘀血を治療

水蛭(Hirudinea)

孫思邈が長安省の自宅で休息をとっていたある日、

家の外でざわざわと騒ぐ声が聞こえた。

人々が一人の背の高い若者に付き添われて、治療を受ける為に自分の家に来るので

あった。

孫思邈が見ると、片方の目が殴られて、まるで良く熟れた赤い桃のように

腫れあがっていて目が開けられなかった。

孫思邈は傷の部分の瘀血を一刻も早く抜き取らねばならなかったが、

瘀血を無くすために三稜針を使う場合、

もしも 誤って針を刺せば目を傷つける恐れがあった。

三稜針は主に血を抜き取る時に使う物である。

“うーむ!血を早く抜き取らねばならないのに、一体どうすればいいかな・・・。”

“針で血を抜き取るのは危ない事ではないでしょうか?”

“実は私もそれを恐れているんだ。”

彼は目を傷つけずに目の周りの瘀血をなくす方法を考えていた。

彼はまもなく 後庭に回り、風呂敷に何かを包んで入って来た。

“患者を寝かせなさい。”

“お医者様!何か良い方法でもあるんですか?”

“ええ!あります。”

彼は風呂敷を広げた。

そこには先刻、後庭で捕らえた 二匹の蛭が蠢く(うごめ)いていた。

孫思邈は蛭を傷の上に乗せた。

蛭は直ちに血を吸い始めた。

暫く後、蛭は血を吸って体が腫れ反対に

患者の目の周りは腫れが無くなり静まった。

孫思邈は蛭を取り除き、清い水で患部を綺麗に洗い、炎症に効く薬を塗った。

数日経つと傷は綺麗に治った。

それ以来、孫思邈の蛭を使って血腫を吸収させる珍奇な妙法は、

その地方一帯に伝えられ、彼の名声は一層高まった。

蛭は、漢方では水蛭と言って、体の中の腫瘍と瘀血を無くすのに使われ、

特に打撲からくる瘀血に良い効果を見せる

水蛭を乾かして 粉末にし、日に0.5gづつ服用するが妊婦には禁忌である

 

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.