ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語の古文体翻訳②水蛭

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

 

韓国の建国大学

農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

持病から生じている症状であるのかが

判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

韓国の建国大学  農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

 

株)オータニ漢方薬局

代表取締役社長

木室ミエ子

 

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

  1. 活血祛瘀藥
  2. 貧乏な人の醫者

            水蛭(Hirudinea)

 

元國の名醫朱震亨は、医術を施す事において、

名誉に汲々(キュウキュウ)せず、物欲に溺れる事も無く、

患者の苦痛を減らす為に薬を無料で提供したり、

患者に物質的な助けも惜しまなかった。

それと反対に、官吏達や金持ちの富豪達には

易々(やすやす)と処方をしてやらなかった。

特別な治療もする事もなかった。

赤岸鎭という所にとても性格の悪い汪の姓の富豪がいた。

 ところが、この汪氏のうなじに出来物が生じ、

多くの医者の治療を受けたが何の効果も無かった。

それだけでなく 病は段々重くなる一方だった。

富豪の汪氏の膨大な財産の力でも、彼の病気は治す事が出来なかった。

そこで彼は 色々と悩んだ挙句(あげく)、

“これは朱震亨医師にしか治せないだろう。”

彼は朱震亨の性格を良く知っていたので、

彼に往診を申し込んでも 易々と応じまいと思い、一つの策略を立てた。

ある日、

朱震亨が往診の帰り道に十里諒の亭子(休憩所)を通りかかった折、

亭子の中から何か声が洩れているのを聞いた。

朱震亨は その声が患者が苦しみの余り出す呻(うめ)き声だと分かり、

急いで亭子に入ってみると、そこには、顔はやせ衰え、

白髪でぼろの着物を纏(まと)った患者が呻吟(しんぎん  苦しんでうめく事)していた。

朱震亨は彼に近寄り聞いた。

“お爺さん、 どこが痛いんですか?”

患者は呻(うめ)き声を止め、頭を上げて朱震亨を見上げてはがっかりしたような

言い方で、

“何も聞かないで下さい。貴方は自分の行く道に向かって下さい。私はどんな前世での悪い業を犯したのか知らないが、このような乞食になり、その上、病気に罹り死を待つ身になりました。何という悪運続きでしょう。”

朱震亨は彼の話しを聞いて、

一層、同情するようになった。

 “お爺さんが貧しいのは 私の力ではどうする事も出来ませんが、病気は私が苦し

みを除く事が出来るかもしれません。”

しかし、彼は我を張って次のように言った。

“私の病気は朱震亨医師だけが治せることでしょうだが、たとえ 朱震亨が治療してくれても、私は治療費も払えないのです。だから 私の事は心配しないで下さい。” 

朱震亨は自分の名前を患者が口にするのを聞くと、

“お爺さん!!世の中には朱震亨より優れた医者がいくらでも居ます。私が診て上げましょう。”

“これはしめた。”と彼は喜び、うなじの患部を見せた。

朱震亨医師が詳しく調べて見ると、患部に青味がかった死んだ血がいっぱい溜っていた。

そこで彼は内心思った。

“これは針で刺しただけでは死んだ血をきれいに抜き出すことは出来ないだろう。

死んだ血を完全に抜き出さなくては、薬を服用しても効果は無いだろう。”

朱震亨は亭子の外側にある田を眺めながら色々と考えているうちに、

はたと膝を打ち。

“よーし!”彼は足裾(あしすそ)を巻き上げて田の中に入り、

蛭(ひる)を三匹捉 捕(と)らえて亭子に戻り、患者を床にうつ伏せにさせ、

“動かないで下さい!”

彼は三匹の蛭を患部に乗せた。

蛭は必死で血を吸い始めた。

朱震亨は三匹の蛭が段々膨れ上がるのを見守った。

患者の死んだ血は殆んど無くなった。

そこで朱震亨は患者に話しかけた。

“お爺さんは貧しい乞食だからこそ私に出会いました。

もし、 貴方が金持ちの富豪だったら、少なくとも2.3カ月の後に診療され、

治療費も米50石位は拂(はら)わなくてはならなかったでしょう。

さて、今は 痛みはどうでしょう?”

患者は飛び上がるように喜び、“痛みはだいぶ治りました。”

乞食の老人は正しく 汪氏富豪であった。

蛭は薬名では水蛭(スイテツ)と呼び、瘀血を除き、腹中の腫瘍を無くし、

子宮の腫瘍も直す。

特に血小板過多症を良く治す。

 

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.