ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語の古文体翻訳  白前 華陀

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

韓国の建国大学

農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

持病から生じている症状であるのかが

判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

韓国の建国大学  農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

株)オータニ漢方薬局

代表取締役社長

木室ミエ子

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

 

16.化痰止咳平喘薬

  1. 白家莊の華陀(白前)

    

 百前Cynanchum stauntoni (Decne) Schltr. ex Levl

 

華佗が河南一帯で治療活動する時の逸話である。

ある日、華佗が百家荘の部落に来た時、突然にわか雨が降り始めた。

雨足が余りに激しくて前に歩く事が難しい程 酷かった。

華佗は百氏の姓を持った人が営む旅館に一夜泊る事にした。

百家荘部落は、百氏姓を持つ人達が多数住む部落であった。

その夜、華佗が寝床に入って間もなく、子供の泣き声に目が覚めた。

耳を傾けて聞いていると、子供が酷い咳をするようだった。

華佗は起き上がり旅館の主人を呼んだ。

“子供が咳をするのが聞こえるのですが、どこの家の子供ですか?”

“はい、後ろの家の子供です。”

“病気が酷いと思います。明日の昼頃まで持つかが心配です。”

 旅館の主人は華佗の言葉を聞いて不快な表情をしながら、“どうしてそういう不

吉な話をするのですか?”

“私は医者です。咳の声だけ聞いても分かります。”

主人は相手が医者である事が分かって、

すぐ態度を変えて自分が挨拶をしなかった事を謝り、

子供の病気を治してくれるよう頼んだ。

“あの子の病気を治して下さい。幾日も病気で苦しむのを見ると気の毒です。”

“では、一度、脈診をしてみましょう。”

“こちらにおいで下さい。道がとてもぬかるんで居ます。”

主人は華佗の手をとり、家の後方を回り、その家の戸を叩(たた)いた。

“早く戸を開けよ。お医者様をお連れして来た。”

その家の主は戸を開けて華佗を迎え入れた。

“どうして、こんな夜中にお医者様をお連れ下さったのですか”

“折よく、お医者様が家にお泊りなさったが、

あの子の咳をお聞きになって私にお話しなさったので、私がお供して来たんだ

よ。”

“有難うございます。お医者様。”

華佗は子供の顔色を覗き脈を調べた後、差し迫った声で、

“この子は危篤です。

薬草を探し出して服用せねばならないのだが、早く手配しなければなりません。

今夜のうちに薬草を手に入れなければなりません。”

“その薬草を、こんな夜中にどうやって手に入れる事ができましょうか?”

子供の父親は不安な顔で問い返した。

“咳嗽を止める薬草はこの地方にも多くあると思います。

早く外へ出て探してみましょう。”

“こんなに雨が降る夜中にですか?”

“燈りを用意して下さい。私が探してみます。”

“お医者様が直接お出かけなさるのですか?

外はにわか雨が降り注いでいるんです。”

“今はこんな話をしている時ではないのです。子供が危ないのです。

早く燈りを・・・。”

雨は降り続き、地面はグチャグチャで、

余程 用心しないと滑って転びそうだった。

子供の父親が燈りを持って前を歩き、

華佗はその後を追いながら村中を探し回ったが、薬草は見つからなかった。

“薬草がみつからない。雨のせいかな”

“また旅館の前迄来ました。”

“あそこの堤防に行ってみましょう。”

旅館の前の小さい川辺の堤防まで来た時、

此れまで 心焦(こ)がす思いで探していた薬草を見つけた。

華佗はその薬草を根こそぎ掘って持って来た。

それを綺麗に洗い、根は煮炊いて子供に服用させ、葉は残しておいた。

“夜が明けたら、このような形の草を掘って子供に服用させれば、

近いうちに良くなるでしょう。

この薬草は痰を消し 咳を止める非常に効力のあるものです。”

“有難うございます。

お医者様にこのような夜中にこんなに 煩わせて本当に申し訳ございません。

お疲れでしょうからまず休息をとって下さい。”

周囲の人達は華佗が充分に休息を取れる様に配慮したが、

薬草の名前を聞かなかった。

翌朝、子供の父親は贈り物を持って旅館を訪れたが、

華佗は夜明け前に既に出発して会えなかった。

“感謝の挨拶も申し上げていなかったのに、既に御発ちなさったとは・・・。

お名前も聞かなかったが・・・。”と残念がった。

“あのお医者様は名高い華佗先生です。”

“ああ、あの方が華佗先生だったのですね。

医術で名高いばかりでなく人に応対する態度は親切でした。

まるで生きている佛様みたいでした。”

子供の父親は華佗が残した葉と同じ薬草を掘って、

煮炊いて子供に食べさせたところ、子供の病気は完全に治った。

その後、百家荘の人達は、

この薬草が咳を止める効力があると言う事を知るようになった。

村人達はこの薬草が百氏の旅館の前にあった言う事で白前と呼んだ。

白前は咳に良く、子供の栄養失調症、また、胃の痛症にも効力がある。

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.