ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語古文体翻訳  金瓢簞(瓜蔞)

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

韓国の建国大学

農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

持病から生じている症状であるのかが

判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

韓国の建国大学  農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

株)オータニ漢方薬局

代表取締役社長

木室ミエ子

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

 

  1. 二個の金瓢簞(瓜蔞)

16.化痰止咳平喘薬

60.二個の金瓢簟

瓜蔞 Trichosanthes kirilowii Maximowicz

中国で一番大きい川である揚子江の下流の南側に、

洞窟が多い山があった。

山には木が生い茂っていた。

長い年月の古木がぎっしり生い茂って、いつも霧や雲に覆われ、

そこに山の神達が住んでいるという伝説が伝えられていた。

昔、一人の木こりがいつもの通り山に登って薪を取っていた。

ある日の日暮れ頃、木こりは薪を背負い家に向かって帰る途中、

酷く喉が渇いたので、水を探そうと辺りをキョロキョロ

見回しながら歩いているうちに、ある大きな洞窟の入り口まで来た。

そこには一抱えを越える大きな木が空を突くようにぎっしり生い茂っていて、

木こりを驚かせた。

洞窟の前には清い川が流れていた。

木こりはその水をむさぼり飲んだが、

その味たるや、この世では味わえないと思われる程の清涼感を覚えた。

木こりは腰を伸ばして岩の上に横たわり休んだ。

余りに疲れていたせいか、知らないうちに眠りに落ちた。

静かに振り向いて見ると、二人の老人が向かい会って話をしていた。

一人は白い髭を、もう一人は黒い髭を長く垂らしていた。

この深い山の中にいる彼等は誰だろう。

もしや仙人だろうか?

木こりはそう思いながら、寝たまま動かずに耳をそばだてて盗み聞いた。

黒い髭の老人が、“今年、この洞窟には二つの金のひょうたんが育った。”

その声を聞いた白い髭の老人は、

“おい!大きな声を出すな。隣に木こりが寝ているよ。もしも彼が聞いてそのひょ

うたんを盗んで行ったらどうするつもりだ?”

 

“心配ご無用。

木こりが私達の話を聞いたとしても、彼が洞窟に入るには、

7月7日の正午にここで大きな声で、‘天の門を開けろ!

主人が金のひょうたんを取りに来た!’

と叫ばねば洞窟の門は開かれないよ。”

“おい!声が大きい。碁(いご)でも続けようや。”

白い髭の老人が話した。

“わぁっ!これは思いがけない儲けものをした。”

木こりは気分が良かった。

彼は身を翻(ひるがえ)した途端に岩から転がり落ちた。

彼は目を覚まして四方を見回したが、老人達は見えなかった。

“夢かな?”

彼は薪を背負って家に帰った。

しかし、彼はしきりに黒い髭の老人の話が頭に浮かび気にかかった。 

木こりは、7月7日になったら夢の中での老人の話を確かめてみようと決めた。

とうとう7月7日になった。

彼は高ぶった心で走り行き、洞窟の前で正午になるのを待った。

“天の門を開けろ!”

天の門を開けろ!主人が金のひょうたんを取りに来た。

と叫ぶと、大きな音を出しながら石の門が開いた。

そうして洞窟の中には何か光る物が見えた。

詳しく調べてみると、

そこには緑色の蔓(つる)に二つの金の

ひょうたんがぶら下がっているではないか!

木こりは余りの嬉しさに、振り向きもせずに

金のひょうたんを持って山を走り降りた。

しかし、家に着いて詳しく調べてみると、

金のひょうたんではなくてどこでも見られるありふれたひょうたんであった。

木こりは失望の余りひょうたんを地に埋めてしまった。

その後、

数日 過ぎて木こりはまた山に登り薪を取っていたが、

今度も洞窟の近くに岩の上で休息をとった。

不思議にもすぐ眠りに落ち入り夢を見たが、

またもやこの前の仙人が現れ、木の陰で話しをしていた。

白い髭の老人が恨めしい声で、

“お前は余りにも口が軽いよ。ひょうたんを盗まれたんだ。”

“心配するな!彼はそのひょうたんの使い道を知らないんだよ。

しかも、それは本当の金でもないんだ。”

“それはそうだ。皮を乾かせば黄色くなるんだが、肺病に良く効き熱も下げるの

だ。”

それを聞いて間もなく彼は目を覚ました。

彼はそれを聞いて矢のように走り帰った。

前に地に埋めたひょうたんを掘ってみたが、既に腐って崩れていた。

しかし、木こりはその種を取り、乾かして、

その翌年の春に自宅の庭に植えた。

毎日 真心込めて育て、夏になって大きなひょうたんが実った。

木こりはひょうたんを陽に乾かし、

咳や痰を病む人達を治して多いに効果を上げた。

昔は、黒いひょうたんである瓜蔞を主に栽培して、

ひょうたんが蔓(つる)を長く延ばして楼閣まで、

あるいは 棚迄届くとの意味で樓の字を使ったが、

後世の人達が木の字を抜き、上に艸(くさ)の冠をつけて瓜蔞と呼ぶ様になった。

瓜蔞は、肺に熱が生じ、咳嗽や痰があってもそれを吐き出せない時、

胸が重ぐるしく疼痛(とうつう)が有る時にも使い、

腸が不通の時にも効力がある。

また、便秘にも、糖尿病の為の口が渇く時にも効力がある。

痔疾の為痛症が激しい時にも効力がある。

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.