ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語の古文体翻訳 朱砂

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

韓国の建国大学

農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

持病から生じている症状であるのかが

判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

韓国の建国大学  農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

株)オータニ漢方薬局

代表取締役社長

木室ミエ子

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

17.安神薬

62.巫子と医者(朱砂)

朱砂cinnabar

昔は、病にかかると医者に行かずに、巫子か巫女を訪ねて、

巫(かんなぎ)の祈りの儀式によって病気を治そうとする人が割合に多かった。

それは、その時代、医者に頼んでも良く治らない

難治の病気が多かったせいでもあった。

そういう病気の一つに癲癇(てんかん)があった。

その時、一人の巫子がいたが癲癇患者に彼が呪文を唱えてやれば、

不思議にもすぐ病勢が良くなるのであった。

そのような訳で人々は医者を信じず、巫子に頼る人が多かった。

 

ある田舎の村に医書の研究に没頭する一人の医者がいた。

巫子が呪文を唱えるとどうして病気が治るのだろうか?

それには必ず何か訳があるに違いない。

医者は婦人と相談して、その秘密を明かそうと決めた。

 

ある日、婦人は巫子の家を訪れた。

「私の夫がどうもおかしいのです。

私の家にいらして頂けませんか?」お願いします。

巫女が医者の家を訪ねた。

医者は頭を散髪し、

顔中泥だらけになって地べたに転がりながら方々に戯言をわめいていた。

「俺は玉皇上帝様の壻(むこ)だ。妖怪を捕らえる為に来たんだ。」

巫子はこの有様を見て、この人は悪鬼に取り憑(つ)かれたと思った。

彼はすぐ様松脂で作った松津矯を取り出し、

水を撒(ま)き桃の木で作った木剣を握り、妖怪を追い払う準備をした。

卓上の水がめに水を満たし、呪符(じゅふ)を取り出し呪文を唱え始めた。

「天の天神!地の地神様!私は三度拝みます。

命令を下して下さい。

私は命令に従って邪気を追い払い、病を治そうとします。

呪符の水を飲み、悪鬼は今すぐ出て行け、病は既に治った。」

巫子は呪文を唱えながら呪符を水瓶(みずがめ)に投げ入れた。

 

その時、医者はにわかに立ち上がり、

巫子の手に握られていた呪符を奪い取った。

「俺は玉皇上帝様の壻(むこ)だが、お前らはどこから来た妖怪か?

お前の無礼は勘弁ならん、今すぐ出て行け!」

医者は大声で叱りつけ、足で蹴飛ばしながら巫子を門外に追い出した。

門外に追い出された巫子は再び屋内に入ろうとしたが、

門は堅く閉ざされていた。

彼は再三、門を叩いたが開けてくれなかった。

巫子は仕方なくそのまま帰った。

 

医者は水瓶の水を味わってみたが、それは何の味も無いただの水であった。

医者は巫子から奪い取った呪符も調べてみた。

しかし、それも単なる紙であった。

医者はそれでも半日余りも費やして、詳細に調べ直したが、

何の異常も見つからなかった。

紙には一種の朱砂の文字を書いた事の他には何も発見出来なかった。

「そうだ!!これが病気を治療したのだ。」

 

翌日、医者は癲癇患者の居る家に行き、朱砂を水に溶かして飲ませてみた。

患者は朱砂が入った水を飲み、段々良くなった。

それで、医者は癲癇の治療秘方が朱砂にある事を確かめた。

それ以後、朱砂は薬材として使われるようになった。

朱砂は鉱石の一種で、

成分は水銀が86%、硫黄が14%で精神を安静にさせ、

驚気を止まらせ、目を清明にし、胸の動悸を鎮静させる。

また、不眠症、眩暈、目がかすむ時にも効果がある。

 

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.