ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語の古文体翻訳 琥珀

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

韓国の建国大学

農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

持病から生じている症状であるのかが

判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

韓国の建国大学  農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

株)オータニ漢方薬局

代表取締役社長

木室ミエ子

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

64.死んだ産母の命を救った神藥(琥珀)

17.安神薬2020年9月29日

64.死んだ産母の命を救った神薬

琥珀Succinum

琥珀は昔から人々が珍奇に思った宝物である。

紀元前四世紀頃のギリシャ人達は、琥珀を

「北部の黄金」と呼んでいた。

 

この珍奇な宝物は中国では昔から「神薬」と称して、

薬物としても貴重がられた。

唐の時代の薬王、孫思邈が河南省の西峽を通り過ぎる時に、

人が死んで家族達が悲しく泣いている場面に出会った。

「何事でしょうか?」と聞くと

「産母が突然死にました。」

孫医者が埋葬しようとしている棺を見ると、血が流れ出るのが見えた。

「ちょっと待って下さい。私が棺を開けて見ても構いませんでしょうか?」

「エッ?」

人々は驚いて訝(いぶか)しく思った。

「貴方はどういう訳で死んだ人の棺を開けて見ようとするのですか?」

「私は医者です。実は棺から血が流れ出るのを見ると、

生き返らせる事が出来るかもしれないと思われるのです。」

「お医者様!何卒お願いです。是非生かして下さい。」

「では、早速出かけて行って、琥珀の粉を探し求めて来なさい。」

死んだ産母を棺から取り出し、

家族達が手に入れて来た琥珀の粉を水と一緒に産母の口に流し入れた。

その次に紅花を焼いて産母の鼻に当てて、その煙が入るようにした。

すると奇跡が起こった。

「うーむ。」

と呻き声が聞こえ、死んだ産母がわずかずつ動き始めたのであった。

「貴方は本当に神医であります。」

人々は孫思邈の医術に感嘆してやまなかった。

孫思邈は、にっこり笑いながら次の様に呟いた。

「この様に人を甦(よみがえ)らせる事ができるのは、

神薬である琥珀の効験のお陰であります。」

 

三国の時代の時、呉国の孫権の息子である孫和が

誤って刀で愛する婦人である鄧氏鄧の顔に傷を負わせた。

顔の傷は酷かった。

そこで医者を招いて治療をしたが、

その時、琥珀を粉にしそれを朱砂と白獺(シロカワウソ)の脊髄等を配合し、

粉にして顔に塗ると、鄧婦人の傷は綺麗に治り、

かえって傷口が赤色に染まり元よりも一層美しく見え、可愛らしくなった。

 

それから後には、

琥珀は婦人達の顔を柔らかくする皮膚美容の薬材にも愛用されている。

琥珀は、松の木から流れ出た樹脂が地下に埋まり化石化されたものである。

韓国の着物の釦(ボタン)にも使われ、

薬材としては、腎臓を刺激してその循環機能を旺盛にして

排尿作用を促進し腐敗を防ぐ防腐剤の役割もする。

また、腸の蠕動(ぜんどう)を促進させ、止血もする。

新しい肉芽を盛り上がらせる効力もある。

その他に瘀血をなくし、膀胱炎、急性尿道炎、関節炎、便秘、癲癇、

子宮病にも有効であり、ヒステリー等の鎮静剤としても使われる。

 

 

ブログ一覧へ戻る

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.