ブログ

ブログ一覧へ戻る

漢方薬には主薬と言われる 薬があります NO.2 萬病回春北京語翻訳

補増 萬病回春 大中国国書公司印行

北京語の古文体翻訳

 

NO.1の続き

 

発斑は(斑点)は須らく用いるのは→元参・升麻が主薬

発黄 (重症な黄色肌は)須らく用いるのは→茵蔯・山梔子が主薬

寒に傷つき陰の症状は須らく用いるのは→附子 ・乾薑 が主薬

夏の暑さにあたり傷ついた症状は→香薷・扁豆が主薬

湿で傷ついた症状に須らく用いるのは→蒼朮・白朮が主薬

心臓の火を瀉すには須らく用いるのは→黄連が主薬が主薬

肺臓の火を瀉す(だす)には須らく用いるのは→黄芩が主薬

脾臓の火を瀉す(だす)には須らく用いるのは→芍薬が主薬

胃腸の火を瀉す(だす)には須らく用いるのは→石膏が主薬

肝臓の火を瀉す(だす)には須らく用いるのは→柴胡が主薬

腎臓の火を瀉す(だす)には須らく用いるのは→知母が主薬

膀胱の火を瀉す(だす)には須らく用いるのは→黄柏が主薬

小腸の火を瀉す(だす)には須らく用いるのは→木通が主薬

屈曲した火を瀉す(だす)には須らく用いるのは→山梔子が主薬

根の無い火を瀉す(だす)には須らく用いるのは→玄参が主薬

気が傷つき元氣が無いには須らく用いるのは→黄耆・人参・甘草が主薬

脾臓・胃腸が虚弱の場合須らく用いるのは→白朮・山薬が主薬

食の鬱積を消すには須らく用いるのは→麦芽・神麯が主薬

肉の鬱積を消すには須らく用いるのは→山査子・草果が主薬

酒の鬱積を消すには須らく用いるのは→黄連・乾葛根・烏梅

冷たい食物で胃が傷ついた用いるのは→巴豆が主薬

熱い食べ物で胃が傷ついた用いるのは→大黄が主薬

・・・・・・・・・・・

肺臓が冷えての咳で須らく用いるのは→麻黄・杏仁が主薬

肺臓が熱での咳嗽は須らく用いるのは→黄芩・桑白皮が主薬

長い咳嗽は須らく用いるのは→款冬花・五味子が主薬

気がぜーぜー(喘息発作)須らく用いるのは→紫蘇子・桑白皮

以上 NO.3に続く

 

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2021木室ミヱコAllright Reserved.