ブログ

ブログ一覧へ戻る

漢方薬には主薬と言われる 薬があります NO.3 萬病回春北京語翻訳

補増 萬病回春 大中国国書公司印行

北京語の古文体翻訳

NO.2の続き

 

長期間の下痢で氣が不足となり白い色の下痢は用いるのは→白朮・茯苓が主薬

長期間の下痢で赤い色の下痢は血の不足に属する用いるのは→当帰・川芎が主薬

下痢で須らく用いるのは→白朮・茯苓が主薬

水下痢で須らく用いるのは→滑石が主薬

長期間の下痢で用いるのは→訶子・肉荳寇が主薬或いは柴胡・升麻が主薬

嘔吐で須らく用いるのは→薑汁・半夏が主薬

胃酸が多い場合須らく用いるのは→蒼朮・神麯が主薬

胃が膨満感で須らく用いるのは→枳実・黄連が主薬

腹部がパンパンに張る出用いるのは→大服皮・厚朴が主薬

水腫れに須らく用いるのは→猪苓・澤瀉が主薬

黄疸に須らく用いるのは→茵陳が主薬

陽を補うに須らく用いるのは→黄耆・附子が主薬

陰を補うに須らく用いるのは→当帰・熟地黄が主薬

気を補うに須らく用いるのは→黄耆・人参が主薬

血を補うに須らく用いるのは→当帰・生地黄が主薬

以上 NO.4に続く

 

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2021木室ミヱコAllright Reserved.