ブログ

ブログ一覧へ戻る

漢方薬には主薬と言われる 薬があります NO.7  萬病回春北京語翻訳

補増 萬病回春 大中国国書公司印行

北京語の古文体翻訳

NO.6の続き

 

赤い下痢 白い下痢に須らく用いるのは→茯苓が主薬

遺精に須らく用いるのは→龍骨・牡蠣が主薬

尿が出ない須らく用いるのは→木通・車前子が主薬

便秘須らく用いるのは→大黄・芒硝が主薬

大便に血が混ざる血便須らく用いるのは→槐花・地楡が主薬

痔に須らく用いるのは→黄連.塊角が主薬

脱肛には須らく用いるのは→升麻・柴胡が主薬

諸んなおなかの虫に須らく用いるのは→史君子・檳榔が主薬

婦人の諸んな病に須らく用いるのは→香附が主薬

婦人の腹痛に須らく用いるのは→呉茱萸・香附子が主薬

婦人の閉経に須らく用いるのは→桃仁・紅花が主薬

婦人の生理時の多量出血に須らく用いるのは→炒めた蒲黄が主薬

婦人のオリモノ(帯下)には須らく用いるのは→炒めた乾薑が主薬

妊娠中の胎児安泰に須らく用いるのは→黄芩・白朮が主薬

婦人の産後の虚熱に須らく用いるのは→炒めた黒乾薑が主薬

婦人の産後の瘀血に須らく用いるのは→益母草が主薬

婦人の難産に須らく用いるのは→川芎・当帰や主薬

婦人の母乳が詰まって出ない須らく用いるのは→穿山甲が主薬

婦人の母乳が噴き出るを止める須らく用いるのは→白芷・貝母

 

以上終わりとします。

 

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2021木室ミヱコAllright Reserved.