ブログ

ブログ一覧へ戻る

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.1

 

補増 萬病回春 大中国国書公司印行

北京語の古文体を翻訳しました

人参(ニンジン)

は味が甘く大きく元氣を補う

渇(渇き)を止めて 津液を生む

栄を調和して衛を養う

 

 

黄耆(オウギ)

の性格は温  表を固めて汗を収める

瘡を出して肌を生む

気が虚なら少なく用いるべからず

 

 

白朮(ビャクジュツ)

は甘温 脾臓を健やかにして胃を強くする

下痢を止めて湿を除く

兼ねて嘔吐 痰 痞を治す

 

 

茯苓(ブクリョウ)

の味は淡く 湿を出して竅を利する

白い茯苓は痰や涎(よだれ)をなくして化(とかして)

赤い茯苓は水の道を通じさせる

 

 

甘草(カンゾウ)

は甘温で諸薬を調和する

炙(蜂蜜で炒めると)胃を温める

生は火を出す

 

 

当帰(トウキ)

の性格は温で血を生み 心を補う

虚を助けて 身体を損ねたのを有益にする

瘀血を駆逐して新血を生む

 

 

川芎(センキュウ)

の味は温 頭痛を止めて新血を生み養う

鬱を開いて上に行く  単味で用いるのは宜しくない

単味で長時間服用すると人を死に至らしめる

 

 

白芍薬(シロシャクヤク)

は酸寒で収める事ができ補う事ができる

下痢の腹痛を止める

虚寒の人は用いるなかれ

下痢には炒めて用いる

下痢した後で重ねて重苦しいなら生を用いる

 

 

赤芍薬(セキシャクヤク)

は酸寒で下痢を治して散じる事ができる

血を破り 經絡を通じさせる

産後は犯す 用いるなかれ

 

 

生地黄(ナマジオウ)

は微かに寒で湿熱を清め

骨が蒸している煩労なのを治す

兼ねて瘀血を消す

 

 

熟地黄(ジュクジオウ)

は微かに温で腎臓を滋養して血を補う

髄を有益にして精を生む

白髪を黒くする

 

 

麦門冬(バクモントウ)

は甘温 口の渇きを説いて煩わしいのを除く

心臓を補って 肺臓を清める

虚熱を自ずから安じる

 

 

天門冬(テンモントウ)

は甘寒  肺臓の萎縮肺臓の出来物を治す

痰を消して咳嗽を止める

喘息で熱 フーフー喘息状態に効果あり

以上 NO.2に続く

 

※木室ミヱ子

漢方薬は一つ一つの単味の性格を掴む事で

薬の性格がつかめます。

冷やす剤 温める剤 乾燥させる剤 潤う剤

風を除く剤  暑を除く剤

気をあげる剤 気を下げる剤

血を補う剤 気を補う剤

毒素を出す剤 

漢方薬には人間の治癒力を復活させるための

全ての剤が揃っています。

漢方薬の理論から行きますと

難病や原因不明や年だからという言葉はありません

全ての病気に対応できます。

 

処方内容を見ただけで

病気の性格がわかる つかめるところも

漢方薬の大変面白いところです。

このページは漢方薬を学びたい方にお力になれればと思うところです。

 

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2021木室ミヱコAllright Reserved.