萬病回春

記事一覧へ戻る
萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.6

 

補増 萬病回春 大中国国書公司印行

北京語の古文体を翻訳しました

 

威霊仙(イレイセン)

は苦温で腰 膝の冷えて痛いのを治す

痰が積もって 集まっているのを治す

風と湿に通常用いる

 

 

牡丹皮(ボタンピ)

は苦寒で血を破り經を通じさせる

血分にある熱を治し

汗が無く 骨が蒸しているのを治す

元参は 苦寒で根の無い火を清めて

腫れを消し 骨の蒸したのを治す

腎臓を補うのに 又宜しい

 

 

沙参(サジン)

は味が苦く腫れを消して 膿を排除する

肝臓を補い 肺臓を有益にして熱を退き 風を除く

 

丹参(タンジン)

は味が苦く 鬱積を破って生理を調整する

新血を生んで 悪血を除く

帯下の崩れるのを治す

 

苦参(クジン)

が味が苦く できもののの腫れ 痒みを治す

腸風の下血も治す

龍胆は苦寒で目の充血痛みを治療する

 

 

五加皮(ゴカヒ)

は寒冷で風による原因のしびれやその痛みを除く

筋を強くして 歩くのが健やかになる

精を有益にしてとどこおりを止める

 

 

防已(ボウイ)

は気が寒冷で風と湿による痛みを治す

膀胱に鬱積した熱を除く

出来物を消して腫れを散じる

 

 

地楡(チユ)

は水に沈んで寒冷

血熱の甚だしいのに用いる

血下痢 帯下(オリモノ)が崩れるのを治す

金属による傷の痛みを止める

 

 

茯神(ブクシン)

は心臓を補う 驚いたり動悸したりするのを鎮静してよくする

怒りを除いて恍愡ぼんやりとした健忘良くする

 

 

遠志(オンジ)

は気が温で驚いたり動悸したりするのを治す

精神を安静にして心を静める

 

 

酸棗仁

の味は酸で汗を収めて煩わしいのを除く

生は多く眠るのを治すのに用いる

不眠症は炒めて用いる

 

 

菖蒲

の性格は温で竅を通じさせて心を開く

風を除いて 麻痺を除く

声に出る妙に至る

 

柏子仁

は味が甘 気を益して心を補う

陽を助けて 汗を収める

更に動悸を除く

 

 

益知仁

は辛温で気を益して精神を安静にする

精が漏れる夢精を治す

逆して嘔吐するのは皆治す

 

NO.7に続く

 

※木室ミヱ子

漢方薬は一つ一つの単味の性格を掴む事で

薬の性格がつかめます。

冷やす剤 温める剤 乾燥させる剤 潤う剤

風を除く剤  暑を除く剤

気をあげる剤 気を下げる剤

血を補う剤 気を補う剤

毒素を出す剤

漢方薬には人間の治癒力を復活させるための

全ての剤が揃っています。

漢方薬の理論から行きますと

難病や原因不明や年だからという言葉はありません

全ての病気に対応できます。

処方内容を見ただけで

病気の性格がわかる つかめるところも

漢方薬の大変面白いところです。

このページは漢方薬を学びたい方にお力になれればと思うところです。

 

 

 

関連ブログです

 

漢方薬を服用された方から 自分の健康の爲に漢方検定を受けるとのメールを頂きました

医食同源 酸っぱい・苦い・甘い・辛い・塩からいで五臓の働きを強化します。

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

 

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.5

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.4

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.3

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.2

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.1

漢方薬には主薬と言われる 薬があります NO.7 萬病回春北京語翻訳

漢方薬には主薬と言われる 薬があります NO.6 萬病回春北京語翻訳

漢方薬には主薬と言われる 薬があります NO.5 萬病回春北京語翻訳

漢方薬には主薬と言われる 薬があります NO.4 萬病回春北京語翻訳

漢方薬には主薬と言われる 薬があります NO.3 萬病回春北京語翻訳

漢方薬には主薬と言われる 薬があります NO.2 萬病回春北京語翻訳

漢方薬には主薬と言われる 薬があります NO.1 萬病回春北京語翻訳

 

記事一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2021木室ミヱコAllright Reserved.