ブログ

ブログ一覧へ戻る

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.8

 

 

補増 萬病回春 大中国国書公司印行

北京語の古文体を翻訳しました

 

 

商陸(ショウリク)

は辛で甘く 赤と白に異なる

赤は腫れを消し 白は利尿する

 

 

海藻(カイソウ)

は塩がらく 寒で 外感の6つの邪で

栄と衛の気と血の凝鬱 (かたまり)を消す

 

 

牽牛(ケンゴシ)

は苦寒で水を利して腫れを消す

虫(蟯虫 回虫)による膨満鬱積を治す

滞りを散じて 塞いでいるのを除く(便秘)

 

葶藶子(テイレキシ)

は苦くて辛で水を利して 腫れを消す

肺臓の出来物を消して フーフー(喘息)いうのを治す

 

瞿麥(クバク)

は辛寒で淋病を治す

且つ 胎児を墮ろす事ができる

生理を通じさせる事ができる

 

三稜(サンリョウ)

は味が苦く  鬱積を消して血を利す

気の滞りによる痛みを治す

虚な者は当たり前 使用は忌ましめるべき

 

莪蒁(ガジュツ)

は温苦で鬱積して多く集まったのを破り 善くする

うっ血を消して 痛みを止める

生理を通じさせるのに最も宜しい

 

五霊脂(ゴレイシ)

は味は甘く 血下痢や腹痛を治す

止血の場合は炒めて用いる

生で用いると血を行かせる

 

乾漆(カンシツ)

は辛温で血の凝固を破り 生理を通じさせる

鬱積を追い出して虫を殺す

効果は奔走する馬の如し

 

蘇木(ソボク)

は甘がらく 鬱積して 血を行かせる事ができる

産後の生理に宜しい

兼ねて 打身 打撲 捻挫を治す

 

 

桃仁(トウニン)

は甘寒で大腸を潤う

瘀血を破りて 生理を通じさせる

血の滞りを治すには甚だしく宜しい

 

紅花(コウカ)

は辛温で最も 瘀血を消す

多いと則ち生理を通じさせる

少ないと 則ち 血を養う

 

薑黄(キョウオウ)

は味が辛い 血の滞り 凝血を破って出来物を消す

心腹痛を治す

下の気を最も良くする

 

NO.9に続く

※木室ミヱ子

漢方薬は一つ一つの単味の性格を掴む事で

薬の性格がつかめます。

冷やす剤 温める剤 乾燥させる剤 潤う剤

風を除く剤  暑を除く剤

気をあげる剤 気を下げる剤

血を補う剤 気を補う剤

毒素を出す剤

漢方薬には人間の治癒力を復活させるための

全ての剤が揃っています。

漢方薬の理論から行きますと

難病や原因不明や年だからという言葉はありません

全ての病気に対応できます。

処方内容を見ただけで

病気の性格がわかる つかめるところも

漢方薬の大変面白いところです。

このページは漢方薬を学びたい方にお力になれればと思うところです。

 

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

医食同源 酸っぱい・苦い・甘い・辛い・塩からいで五臓の働きを強化します。

漢方薬を服用された方から 自分の健康の爲に漢方検定を受けるとのメールを頂きました

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.7

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.6

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.5

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.4

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.3

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.2

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.1

 

漢方薬には主薬と言われる 薬があります NO.7 萬病回春北京語翻訳

漢方薬には主薬と言われる 薬があります NO.6 萬病回春北京語翻訳

漢方薬には主薬と言われる 薬があります NO.5 萬病回春北京語翻訳

漢方薬には主薬と言われる 薬があります NO.4 萬病回春北京語翻訳

漢方薬には主薬と言われる 薬があります NO.3 萬病回春北京語翻訳

漢方薬には主薬と言われる 薬があります NO.2 萬病回春北京語翻訳

漢方薬には主薬と言われる 薬があります NO.1 萬病回春北京語翻訳

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2021木室ミヱコAllright Reserved.