ブログ

ブログ一覧へ戻る

醫貫曰外寒と内傷・寒病と熱病は治療法を間違えれば必ず死亡するでしょう 東垣  丹溪 醫方集解

下記の  

「醫方集解 考選部規定中醫師考試必讀  

清・清安汪訒庵編著」第一書店印行
(いほうしゅうかい )の言葉を翻訳します。

 

 

「外感之與内傷。寒病之與熱病。氣虚之與血虚。

如冰炭相反。

治之若差。

則輕病必重。

重病必死矣。」

 

上記の翻訳文

外寒・内傷・寒病と熱病は気が虚なのと

血が虚なのとこれは氷と炭の如く相反する者なり
外寒と内傷も違うし寒病と熱病も違う

治療するのに ちょっと 間違いがあれば

則ち 軽病(輕病)は必ず重くなるし
重い病気なら治療法を間違えば

必ず死亡するでしょう

 

 

「醫貫曰。

讀傷寒書而不讀東垣書。

則内傷不明。

而殺人多矣。」

上記の翻訳文

醫貫曰く 

傷寒の書を読んだのに 東垣の書を読まなければ
則ち 内傷があきらかでない
わからないから 人殺しが多くなる

 

 

「讀東垣書而不讀丹溪書。

則陰虚不明。

而殺人多矣。」

 

上記の翻訳文

「東垣の書を読んで 丹溪の書を読まなければ 

陰虚がわからない
そうすると人殺しが多くなる」

 

 

「東垣脾胃論。」

東垣は脾臓 胃腸論(気が専門)の人 補中益気湯の処方を作った人です

 

※木室ミヱ子
丹溪は陰が専門  陰(血)が専門の人です。

漢方薬は陽と陰 気と血 傷寒と内傷 熱と寒
どちらの原因から病気が来ているのか
複雑に絡み合い
陽の虚と傷寒
陰の虚と傷寒を兼ねている場合もあります
それらが分からなければ
病気の原因を掴むことは不可能です※

 

「今人一見發熱。則曰傷寒。

須用發散。

發散而斃。

則曰傷寒之法已窮。」

 

上記の翻訳文

今の人は発熱を見るとただちに傷寒なりと言う

直ぐに発汗剤(発表剤)を用いる

而して 発汗して死ぬ

で曰く傷寒は窮(きわまる)しちゃった

 

自分が知識が無い為に解らないだけなのに傷寒の方法は使えないという

 

※木室ミヱ子
風邪でもない 陰虚や陽虚での重病 

危篤な人に誤って風邪薬を投与すると発汗しすぎて 

血と気を不足させて死ぬという事を注意書きしています。

漢方薬は簡単な医学ではありません。

漢方薬を扱う方はシッカリ

漢方の医学書に記載されている事を理解して応用する事が大事です

 

 

●風邪をひきますと 

風邪薬で風邪の邪を取り除かなければ
漢方薬の

A.保養薬 

B.滋養薬 

C.体質改善薬等

の部類は服用する事はできません。

何故?
風邪の熱が体内に残っている場合に

それら上記のA.保養薬 B.滋養薬 C.体質改善薬漢方薬を服用しますと
風邪の熱を体内に取り込み 悪化させます。
自身の持病が悪化します。

 

風邪が完全に完治するまでは上記 部類の漢方薬は服用しない事

 

風邪は 表→ から裏に伝って進行します
表は皮膚にある段階ですので 発汗 悪寒 等の症状が代表的
最後の風邪は肝臓に入ります

※風邪は百病の元
風邪は初め小腸 膀胱 大腸 等浅い部分に行きます
手の太陽(小腸)足の太陽(膀胱)
→手の陽明(大腸) 足の陽明( 胃腸)
→手小陽 (三焦)  足の小陽( 胆嚢)
→手の太陰(肺臓) 足の太陰( 脾臓)
→手の小陰(心臓) 足の小陰( 腎臓)
→手の厥陰(心包) 足の厥陰( 肝臓)  の順序で進行します。
風邪薬は
発表剤→ 攻裏剤 →表裏の剤→和解剤と段々症状に沿って処方します

発熱 悪寒 咳 鼻水 鼻詰り くしゃみ 頭痛 等の段階は浅い
腎臓や肝臓に入った深い風邪は場合によっては死亡します。

 

最後の風邪の症状は
寒くなったり熱くなったり 吐き気 嘔吐 脱力感 イライラ 不眠
食欲不振 脇腹の膨満感 腹痛
等の症の症状が発生します

しかし
この様な風邪は漢方薬を熟知されておられる先生でなければ風邪と判断できませんし。
漢方薬でなければ 西洋薬では対応するお薬はありません。

 

関連ブログです

四物湯の醫方集解北京語の古文体を翻訳します。

芎帰膠艾湯 醫方集解 北京語の古文体を翻訳しました

芎帰膠艾湯の効能効果:痔は間違いです。

 

漢方薬を服用された方から 自分の健康の爲に漢方検定を受けるとのメールを頂きました

医食同源 酸っぱい・苦い・甘い・辛い・塩からいで五臓の働きを強化します。

 

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

 

副作用についてのブログ

2017年1月15日

漢方薬は誤った服用の仕方は死をも招きます。正しい服用では副作用は有りません。

2017年1月14日

防風通聖散;正常便 下痢 軟便 胃腸が弱い方は服用してはいけません。痩せません。

2016年12月28日

防風通聖散の効果 お腹の脂肪を燃やしません。その飲み方は危険です。

2013年6月22日

甘草の副作用は 処方間違いが原因?

2012年12月30日

防風通聖散

2008年12月27日

防風通聖散の副作用、漢方薬7日分でダルイ、きつい、大便状態が改善されています。

2008年12月26日

防風通聖散の副作用 ダルイ、きつい、浣腸しても大便が出ません

2007年7月20日

防風通聖散の副作用

2007年5月20日

柴苓湯と慢性腎不全

2006年7月28日

漢方薬に副作用ある?小柴胡湯、大柴胡湯

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2021木室ミヱコAllright Reserved.