醫方集解翻訳

記事一覧へ戻る
四物湯の醫方集解北京語の古文体を翻訳します。①

 

 

 

※木室ミヱ子

四物湯は理氣の剤 女性の補血専門薬であり

痔には使用しません。

また効果もありません。

痔は濕と熱が原因です。

若し 痔になられている方が

胃腸の弱い方でしたら

四物湯では 胃がもたれてしまい

下痢や もたれ 食欲不振で 

胃腸を弱体化させ 反対に体調を崩します。

非常に素晴らしい処方でも 

使い間違えれば 害となります。

四物湯のページでその事を学ん頂ける事を希望致します。

 

芎帰膠艾湯は四物湯に阿膠と艾葉を加えた加減方です

「日本で芎帰膠艾湯は 痔が効能効果としてされていますが

大きな間違いです

四物湯は血薬として女性に必要な漢方薬です

女性の病気は膣からの出血であり

痔は肛門からの出血 湿と熱が原因です

全く 異なる病です。

私が漢方薬を始めました 28歳(現在 65歳です)の時から

この効能書きは 訂正されることなく

続いています。

四物湯は理氣の剤 女性の補血専門薬であり

痔には使用しません。

また効果もありません。

痔は濕と熱が原因です。

若し 痔になられている方が

胃腸の弱い方でしたら

四物湯では 胃がもたれてしまい

下痢や もたれ 食欲不振で 

胃腸を弱体化させ 反対に体調を崩します。

非常に素晴らしい処方でも 

使い間違えれば 害となります。

四物湯のページでその事を学ん頂ける事を希望致します。

 

 

 

 

四物湯と 阿膠 艾葉の

効能効果の説明

「醫方集解 考選部規定中醫師考試必讀  

清・清安汪訒庵編著」第一書店印行
(いほうしゅうかい )の言葉を翻訳します。

 

 

四物湯は血薬として

女性にとって大変重要な必要性の高い漢方薬です

爲に必要部分は全て 記載しました。

 

 

醫方集解

 

四物湯  養血

一切血虚。及婦人經病

上記翻訳

四物湯  血を養う

一切の血が虚 及び 女性の生理の病気を治す

 

 

月経先期爲熱。 後期爲寒爲虚爲鬱爲痰。

朱丹溪曰。經水者。陰血也。 陰必從陽。故其色紅。

上應於月。其行有常。故名曰經。

・・・・・・・・・・・・ 更に続きますがここで原文を閉めます

上記翻訳

生理が先に来るのは熱 後に来るのは寒し虚だし鬱結して痰になっているから送れる

朱丹溪曰く 經水なる者は陰の血なり

陰は必ず 陽に從う 故にその色は赤い

上は月に応じている だからその行いは常なるものがある

故に名前を曰く經と言う

だから 月が28日地球を一回りしているから 月経と名付けたのだろう

・・・・・

 

 

処方

 当歸(酒洗) 生地黄 3銭

芍薬 2銭

芎藭(川芎)半銭

処方翻訳文 

当帰 酒で洗う   生地黄  を各3銭 (3.75g×3)   11.25g

芍薬 2銭  7.5g

川芎 1銭目半 (3.75G+1.875g)=5.625G

 

 

凡血證通宜四物湯。

上記翻訳

およそ血の證なら四物湯は宜しい

 

※木室ミヱ子

1兩は37.5Gです。  

日本は1兩を3.75gとしています。

爲に漢方薬の分量が本来の醫方集解の分量の10分の1量なのです。

だから長く飲まないと効かない 量なのです。

醫方集解の漢方薬の分量は1分まであります。

漢方薬は2000年の昔からありますが

日本の1兩が3.75gで換算しますと

1分は0.0375Gとなります

2000年の昔 そのような秤りがあったのでしょうか?

昔の文献に1兩は3.75gと記載されていると言われますが

漢方薬はその文献が本当に正しいのか? 間違いなのか?

患者様の 症状と照らし合わせながら

掴んでいく作業が大変重要です。

1兩 3.75gの量では即効性は期待できません

漢方薬の分量は

1斤~1分まであります

1兩が3.75gとしますと

1分は0.0375gとなります

2000年物昔  0.0375G測れる 計りがあったのでしょうか?

※木室ミヱ子説明終わり

 

下記は 台湾;中華民国 順天堂薬廠股有限公司 順天薬品の重量換算表です

重量換算表

1分= 0.375G

1銭(1分×10)=3.75G

1兩(1銭×10)=37.5

一斤(16兩)=600g  

台湾ではウーロン茶 一斤(16兩)=600gで販売されています。

 

 

如涼血。心加黄連。肝條芩。肺枯芩。大腸實芩。膽黄連。腎膀胱黄蘗。脾生地。胃大黄。

三焦地骨皮。心包絡丹皮。 小腸山梔木通。

し如清氣。 心與包絡加麦冬。肺枳殼。肝柴胡青皮。

脾白芍。胃乾葛石膏。大腸三焦連翹。小腸赤茯苓。 膀胱滑石琥珀。

血虚加亀版。血燥加人乳。瘀血加桃仁紅花韮汁童便行之。

 

上記翻訳

血を涼しめるなら 心臓からの熱ならば 黄連を加える

肝臓に火がある場合なら黄芩を加える

肺臓に火がある場合なら黄芩を加える

大腸に實の火があるなら 黄芩を加える

胆嚢に火があるなら黄連を加える

腎臓と膀胱に火があるなら黄柏を加える

脾臓に火があるなら 生地黄を加える

胃腸に火があるならば 大黄を加える

三焦に火があるならば 地骨皮を加える

心包に火があるならば 牡丹皮を加える

小腸に火があるならば 木通を加える

若し気を気読めるならば心臓と心包は麦門冬を加える

肺臓の気を清めるならば枳殼を加える

肝臓の気を清めるならば 柴胡 青皮を加える

脾臓の気を清めるならば 芍薬を加える

脾臓の気を清めるならば 芍薬を加える

胃腸の気を清めるならば 乾葛 石膏を加える

大腸・三焦の気を清めるならば 連翹を加える

小腸の気を清めるならば 赤茯苓を加える

膀胱の気を清めるならば 滑石 琥珀を加える

血が虚ならば 亀の腹板(亀板)を加える

血が乾燥ならば 人間のミルク(母乳)を加える

瘀血を取り除くならば 桃仁 紅花 韮汁 子供の尿を加えて運行させる

 

 

 

暴血加薄荷玄参散之。

血止加炒蒲黄京墨。

久不止加升麻引血歸經。

上記翻訳

多量出血の場合なら薄荷 玄参を加えて散じる 薄荷は涼しいから散じる

血が止まらないなら炒めた蒲黄と京墨を加える

若し長期間血が止まらないなら 升麻を加えて 血を引いて血の經絡に帰らせる

 

※漢方の先生の助言

出血が長期間止まらない状態に冷やす製剤を飲み続けるといずれ止まらなくなる

そういう場合 升麻を加える

気が足りなくなっているのを 升麻は気を上げるから

また 補中益気湯でも止まる

しかし 補中益気湯を過度に飲ませすぎる 使いすぎると補いすぎて

咽喉が渇く爲 冷やしたり 補ったりして交互させる

そういう時は帰脾湯でもよい

しかし

決まって 喉は渇く

しかし 又冷やし過ぎると余計に出血する

上記の事を頭に入れて 症状を細かく観察すること ※終わり

 

 

 

婦人經血紫黒。脈數爲熱。加芩連。

血淡脈遅爲寒。加桂附。

人肥有痰加半夏南星橘紅。

人痩有火加黒梔知母黄蘗。

鬱者加木香砂仁蒼朮神麯。

瘀滞加桃仁紅花延胡肉桂。

氣虚加参耆。

氣實加枳朴。

 

上記翻訳

女性の生理の血液が紫色や黒色は脈が速い これは熱となす

こういう場合は四物湯に黄芩と黄連を加える

生理の血液の色が淡くて 脈が遅いのは寒冷

だから 桂皮と附子を加える

( 漢方の先生の助言:火が多い人は桂皮でなしに 桂枝を加える 桂枝は温めるし 風邪も解くから附子は少量で良い)

人間が太っている場合は痰があるから 半夏 南星 橘紅を加える

( 漢方の先生の助言:水分代謝をよくして乾燥させる)

人間は痩せている場合は火があるから 黒く炒めた山梔子 知母 黄柏を加える

鬱病なる者で血が鬱積している場合は 木香 砂仁 蒼朮 神麯を加える

血が滞って瘀血がある場合は桃仁 紅花 延胡索 肉桂を加える

※漢方の先生の助言 延胡索と肉桂は気の滞りによく使う

血の滞りは桃仁 紅花が使われている)

気が虚な場合は人参 黄耆を加える

気が實鳴る者は枳實 と厚朴を加える

 

 

 

此手小陰足太陰厥陰薬也。

心生血。脾統血。肝蔵血。

当歸辛苦甘温。入心脾生血爲君。生地甘寒。入心腎滋血爲臣。芍薬酸寒。

入肝脾斂陰爲佐。芎藭辛温。通上下而行血中の氣爲使也。

 

上記翻訳

此れは手の小陰→心臓

足の太陰→脾臓

足の厥陰→肝臓 の薬也

これは心臓と脾臓と肝臓の薬也

当帰は辛く 苦くて 甘温だから辛苦甘温

心臓と脾臓に入りて血を生む爲 君となす

 

生地黄は甘く寒い 甘寒だから 心臓と腎臓に入りて

血を潤わせる 爲に臣となす

 

芍薬は酸寒 酸っぱく寒冷だから 肝臓と脾臓に入りて斂めるから補佐となす

 

川芎は辛温で上下を通じさせて血の中の気を運行させる爲に使者とする

 

 

四物湯についての注釈を翻訳します

川芎入厥陰心包肝經。上行頭目。下行血海。血海衝任也。

王機微義曰。

川芎血中之氣薬也。通肝經。性味辛散。

・・・・・・・・・

上記翻訳

川芎は厥陰の心包と肝臓の經絡に入るから 上は頭とか目に行くし

下は血海(子宮)に行く

血海(子宮)は衛任也

王機微の義曰く 川芎は血の中の気の薬也

肝臓の經絡に通じて 味の性格は辛散で 血の滞りの気を行かせる事ができる

 

地黄は血の中の血の薬なり

腎臓の經絡に通じて味は甘寒で

真陰の虚を生む事ができる

陰の虚を丈夫にする事ができるという意味

 

当帰は血の中の主薬也 肝臓の經絡に通じて味は辛温で治療は3つに分かれる

当帰の根を全部使用した場合は血を活かして血を各地の經絡に帰らせる

 

芍薬は陰分の薬なり 脾臓の經絡に通じて味は酸っぱく 寒冷で血を平和にする

血が虚で腹痛するのを治す

これは血の病で血の薬を求めるという時に属する

 

若し気が虚で 血が弱い者は当たり前は 人参で補うべきだ

陽が旺盛なら則ち 陰の血を生む事ができる

だから  血が虚だから 四物湯を飲むばかりでなしに 人参を加えると貧血の治りが早い

桃仁 紅花 蘇木 牡丹皮 豚の血の塊は血の滞りに宜しい

 

蒲黄 阿膠 地楡 百草霜 椶櫚灰は血の崩れるのに宜しい

 

肉蓯蓉 鎖陽 牛膝 枸杞子 亀の亀板  夏枯草 益母草 は血が虚の者に宜しい

 

乳香 没薬 五霊脂 凌霄花は血痛者(血が痛む 出来物ができる者に宜しい)

血が滞り 鬱結すると 出来物ができる

乳香 没薬 は特に出来物に使用する

乳絡(バター チーズ)は血液のものであるから 血の乾燥には宜しい

薑と桂皮は血の寒冷な者に宜しい

苦参 生地黄の汁は 血が熱の者に宜しい

 

若し 類に属してよく使う長所があれば 無限に病気の異変に応じられる

 

丹溪が陰が虚で発熱するのを治す場合は 血の薬四物湯の中に亦 陰陽を分けている

血が動じている者は陽となす

そういう場合 川芎と当帰を主とする

 

血が静かなる者は陽となし地黄と芍薬を主とする

血の陰が不足の者は川芎と当帰が辛温といえども用いない

血の陽の不足の者は薑 や桂枝が辛熱と言えども 用いない

血の陽が不足している場合は川芎と当帰を使用する

血の陰が不足の者は地黄 芍薬を主に使う

これは火を出す方法の正しい治療法と関節的な方法と全く同じだ

 

呉鶴皋曰く

天地の道は陽が常に有り余り 陰が常に不足する

人間の体も亦 然り(同じだ)

故に血なる者は成り難く 造血するのに難しく

貧血になるのは容易い

薬は草木でできているから 草や木は無情なのになんで血を生む事ができるのか

何故かと言うと 熟地黄や芍薬を以て 五臓の陰を養う事ができるからだ

 

川芎と当帰は営の中の気を調和する事ができる

陰陽を調和したら血は自ずから生まれる

 

若し 失血が多い者ならば 呼吸が絶えそうな場合は謹んで与えるなかれ

 

四物湯は陰の類だから者を生む事ではないから

当たり前は人参と黄耆を多く用いて その絶えそうな気を固める

故に脱血の者は先に其の気を益さなければ ならない

そうでない場合 川芎は香りが強く 反って 気を 消耗させる

そうすると 気と血両方失って 死亡する

故に凡そ 虚損で胃が虚で気の弱い人は

皆多く 四物湯を服用する事は宜しくない

何故なら 胃の弱い人が四物湯を内服すると胃がもたれてくる

消化しないから 必ず 気の薬を入れないといけない。

ある者が聞くのに 四物湯は女性の専門薬で

その中にまた 脾臓薬や 胃腸薬があるのか?

陽子曰く

四物湯は脾臓や胃腸に隠れて 潜んでいく

治療法は長い

脾臓の經絡は血が少なくて気が多い

当帰 地黄 は血を生み 脾臓の經絡に血を灌漑する 与える事ができる

土(脾臓・胃腸)は賊の邪(肝臓)を恐れる

木(肝臓・胆嚢)が来て土(脾臓・胃腸)を剋する叩く 攻撃するから。

芍薬は木(肝臓・胆嚢)を出して 脾臓を補う事ができる。

木(肝臓・胆嚢)が高ぶってくると 凝固するから散じるのが欲しい。

川芎の辛を用いて 凝固するのを散じる 啓発していく

 

木(肝臓・胆嚢)を制して 土(脾臓・胃腸)を補う薬ではないか?

或いは曰く

お産の後に芍薬を用いるのを禁じるのか?

或いは曰く

始めてのお産は血と気が今だ平和で無いから 芍薬の酸味で収めると

痛みが発生する可能性があり それを恐れるから芍薬は使わない

 

芍薬は血が虚で気が痛いのを専門に治す。

初産したばかりでは 正に血と気が虚で痛い時である

だから 良い酒で 芍薬をちょっと炒めて用いたら

何の害があるだろうか?

又 血塊となって 滞って 災いをなす場合はお産の後だから血と気を大きく

大きく補う事をして良いのだろうか?

心配しなくて良い

肝っ玉をすえて使ってよい。

芍薬も使ってよい。

玉燭散(ギョクショクサン)を用いて妨げない。心配ない

陳(古いという意味)を押し出して  新しいのに致るから これも亦 補う方法である

 

只 産後すぐに 大きく 氣と血を補うという

一つの言葉は大きく 氣と血を補ったばかりに血が鬱積して死亡した者も多い。

 

つまり 

産後に急に強い補いをしてはいけない。

うっ血 が完全にとれていないと

子宮の収縮作用もまた終わりでないから 

完全に元の状態に戻っていないから 急に強い補薬はいけない。

 

ただ 補薬は使う 十全大補湯のような強いものではない

ここに

子和の玉燭散(ギョクショクサン)をふす

大きく 血と気を補う

当帰の尾っぽ 生地黄 川芎 赤芍薬 大黄 芒硝 甘草 これは生理が止まって

腹痛するのを治すし

身体がやせてお腹がすくというのを治す

 

次回 このページの続き

 四物湯の加減処方 醫方集解 北京語の古文体を翻訳します

 

 

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

四物湯 理血の剤の注釈 醫方集解北京語の古文体翻訳  ⓺

四物湯 理血の剤の注釈 醫方集解北京語の古文体翻訳  

醫方集解 四物湯 加減方と注釈 北京語の古文体翻訳 ④

醫方集解 四物湯 加減方と注釈 北京語の古文体翻訳 ③

四物湯加減方処方と注釈 醫方集解北京語古文体翻訳します②

四物湯の醫方集解北京語の古文体を翻訳します。①

芎帰膠艾湯 醫方集解 北京語の古文体を翻訳しました

芎帰膠艾湯の効能効果:痔は間違いです。

醫貫曰外寒と内傷・寒病と熱病は治療法を間違えれば必ず死亡するでしょう 東垣  丹溪 醫方集解

医食同源 酸っぱい・苦い・甘い・辛い・塩からいで五臓の働きを強化します。

漢方薬を服用された方から 自分の健康の爲に漢方検定を受けるとのメールを頂きました

 

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.13

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.12

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.11

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.10

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.9

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.8

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.7

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.6

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.5

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.4

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.3

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.2

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.1

 

 

漢方薬には主薬と言われる 薬があります NO.7 萬病回春北京語翻訳

漢方薬には主薬と言われる 薬があります NO.6 萬病回春北京語翻訳

漢方薬には主薬と言われる 薬があります NO.5 萬病回春北京語翻訳

漢方薬には主薬と言われる 薬があります NO.4 萬病回春北京語翻訳

漢方薬には主薬と言われる 薬があります NO.3 萬病回春北京語翻訳

漢方薬には主薬と言われる 薬があります NO.2 萬病回春北京語翻訳

漢方薬には主薬と言われる 薬があります NO.1 萬病回春北京語翻訳

 

 

記事一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2021木室ミヱコAllright Reserved.