ブログ

ブログ一覧へ戻る

疫病のコレラ薬 陰陽水 醫方集解北京語の古文体翻訳します

 

 

 

「醫方集解 考選部規定中醫師考試必讀  

 

清・清安汪訒庵編著」第一書店印行
(いほうしゅうかい )を翻訳します。

 

※木室ミヱ子

今世界はコロナウイルスですが

漢方ではコロナウイルスは疫病と考えます

 疫病の中にはコレラもあります。

漢方薬には 身近な食べ物で

コレラを治す方法があります。

私の漢方薬を服用される方々は病院で治せないという

重病の方々が殆どです

また間質性肺炎や肺気腫等の方々は最もコロナを恐れるところですが

そのような肺臓の弱い方でさえ コロナにかかっていません

私の漢方薬を服用しておられる方々は

 一人としてコロナに感染しておりません

 

霊障でコロナ入院された方が一人おられましたが

原田彗心先生のお経後すぐに熱が下がり 

風邪のひき始め薬 立ちどころに10包み服用しても熱が下がらない

ありえない お経を上げましょうで 

原田彗心先生のお経で直後に熱が下がり 食欲が沸き

入院2-3日で退院 無罪放免でしたとの事でした

ありえないスピードです

この方はイタコさんより霊障がありますと報告あり

3回原田彗心先生をお勧めしましたが拒み

本人さんでなく奥様に代わってお経を上げて頂きました

結果 速攻でした

今では原田彗心先生のお経を毎日聞かれているそうですし

奥様は原田彗心先生のお経を毎日聞いていたら

凄い事が起きました

職場でうざい うるさいという人達が転勤したり退職したりで居なくなり

自分はテレワーク候補に入り今自宅でテレワーク快適な毎日ですとの事

凄い不思議な事です。

 

漢方薬で免疫力がついているからと思います

漢方薬を服用していない

ご家族の方が4名 陽性としてホテル隔離宣告でした

お二人はペットの世話と幼い子供さんがいるという事で

ホテル隔離が自宅隔離となりましたが

ホテルに入る前に私の漢方薬をお渡しできた事がラッキーでした。

私の漢方薬で4名様とも 陽性から陰性に正常な体に戻りました。

彼らのコロナウイルスの形はわかりません

症状に合わせて 風邪薬や

快復薬をお渡ししました。

疫病に対しても

漢方薬は素晴らしい力を持っています。

今日はその中で 醫方集解に記載されています

コレラ治療薬を

ご紹介します。

 

赤文字が翻訳文です

 

和解の剤

 

陰陽水 (インヨウスイ)

治霍亂吐瀉有神功

 

コレラで嘔吐したり 下痢したりするのに

非常に効力あり

神様みたいな効力あり

 

 

按薬中治霍亂者最多。

薬の中でコレラを治す処方は最も多い

 

然有寒熱二證。

而本草主治。未嘗分別言之。萬一誤用。立死不救。

だけれども 寒と熱の二つの症状があるから

本草の本の治療は今だかつて萬が一誤って誤用すると

命は救えない。

 

 

倉卒患此。脈候未審。

切勿輕投偏寒之剤。

とっさにコレラにかかった場合脈をみてない場合は決して軽々しく

熱に偏っているのか寒に偏っているのかなどと薬を与えるべきではない

 

 

惟陰陽水爲最穏。

陰陽水を飲むのが最も一番穏やか

 

張子和曰。

張子和(チョウシワ)曰く

 

霍亂吐瀉。乃風濕暍三気合邪也。

コレラで嘔吐したり 下痢したりするのは

風と湿と渇き3つの気が一緒になったから

 

 

濕土爲風木所剋。鬱則生熱。

濕は 土(胃腸)

風は 木(肝臓)により剋されているから

うっ積して熱が発生する

 

 

心火上炎故吐。吐者暍也。

そして 心(心臓)の火が上に炎上するために吐く

吐くのは渇きなり

 

脾濕不注故瀉。瀉者濕也。

脾臓の濕けているのが 下に行くから下痢する

下痢するのは濕けているから

 

 

風急甚則轉筋。轉筋者風也。

風が急に甚だしいと筋がひきつけする

引きつけは風なり

 

又邪在上焦則吐。在下焦則瀉。

又 邪が上焦(心臓・肺臓)に在るから吐く

邪が下にあるから下痢する

 

 

在中焦則吐瀉交作。

 中焦(脾臓・胃腸)にある場合は嘔吐と下痢が交互する

 

 

沸騰  井水  各半鍾和服 故又名生熟水。

沸騰しているお湯と井戸水を各半分づつ混ぜる

故に名前は又生熟水ともいう

 

 

此中焦分理陰陽之薬也。

これは中焦分離陰陽の薬なり

 

陰陽不和而交爭。故上吐下瀉而霍亂。

陰陽で不和で争うから故に上で嘔吐して下で下痢して

コレラになる

 

 

飮此輒定者。

分其陰陽使和平也。

これでよく定まって治るというのは何故かというと

その陰陽を分けて平和にさせるから

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2021木室ミヱコAllright Reserved.