醫方集解翻訳

記事一覧へ戻る
補中益気湯:醫方集解北京語の古文体翻訳 ②

 

 

 

※木室ミヱ子

漢方薬を取得するには醫方集解の北京語の古文体を

読みこなす事です。

北京語の古文体の翻訳文を載せる事で

漢方薬の現場で働かれている方々が

北京語の古文体の翻訳の仕方を身につけて頂ければと考えます。※

 

「醫方集解 考選部規定中醫師考試必讀  

 

清・清安汪訒庵編著」第一書店印行
(いほうしゅうかい )の言葉を翻訳します。

 

外感之與内傷。寒病之與熱病。

外感と内傷  寒病と熱病は

 

氣虚之與血虚。如冰炭相反。

気が虚なのと 血が虚なのとこれは氷と炭の如く相反するものなり

外感と内傷も違うし 寒病と熱病も違う

 

治之若差。

治療するのにちょっとの間違いがあれば

 

則輕病必重。

則ち輕病は必ず 重症になるし

 

重病必死矣

重い 重症なら治療法を間違えれば 必ず死亡するでしょう

 

醫實曰。讀傷寒書 

醫實曰く傷寒の書を読んだのに

 

而不讀東垣書

東垣の書を読まなければ 

 

則内傷不明

則ち内傷が明らかでない

 

而殺人多矣

わからないから そうすると人殺しが多くなる

 

讀東垣書而不讀丹溪書

東垣の書を読んで 丹溪の書を読まなければ

 

則陰虚不明。

則ち 陰の虚がわからない

 

而殺人多矣。

そうすると人殺しが多くなる

 

 

補中益気湯

 

升陽補中 東垣

陽を升らせて中を補う 東垣の処方

 

治煩勞内傷。身熱心煩。頭痛悪寒。懶言悪食。

煩わしいとか 過労とかで内傷(考えすぎの場合は火が上がっている)

体が微熱 心が煩わしい 頭痛 悪寒  話をしたく無いし 食欲不振

 

脈洪大而虚。或喘或渇。或陽虚自汗。

脈が広く洪大で(広く大きい)脈が虚 或いはフーフー言ったり喉が渇いたり

或いは陽が虚の爲 自ずから汗をかく(冷や汗)

 

 

宜本湯加麻黄根。

冷や汗を掻く場合は宜しくこの処方に 麻黄の根を加えた方が良い。

 

浮小麥。升。柴。

倶宜蜜水炒過。

麻黄と小麦を加えて 升麻と柴胡を余計加える

升麻は少し 升らせる 柴胡は和解 表裏の薬でもある爲

皆宜しく 蜂蜜で炒める方がよい

炒過とは炒めた後と言う意味炒めて煎じる

 

欲其引参耆至表。故又不可缼

何故なら 人参や黄耆を率いて 表迄行かせる爲 欠くべからざるものである

 

或氣虚不能攝血。

或いは氣が虚で攝する血を司る事が出来ない

 

或瘧痢脾虚。

或いはマラリヤで下痢したり脾臓が虚で

 

久不能地愈。

長らく治らない(脾臓が虚だと下痢する)

 

一切淸陽下陥。中氣不足之證

一切の清陽が下に陥り  胃の気が足りないそういう場合に使う

 

中者。脾胃也。

中というのは 脾臓と胃腸なり

 

臓腑肢體。皆禀氣于脾胃。

臓腑と体は皆 脾臓と胃腸からの気を受けている

 

飢飽勞役。傷其脾胃。

飢えすぎたり 食べ過ぎたり 過労したりするから 

その脾臓や胃腸を傷つける事になる

 

則衆體無以禀氣而皆病矣。

そうすると 体が気を受ける事ができなくなり皆病になる

 

陽氣下陥。則陰火上乗。

  陽の気が下に陥ると 陰の火が上に升る

 

故熱而煩。非實熱也

故に熱っぽくなって 煩わしくなる これは實の熱に非ず虚の熱である

 

頭者諸陽之會。

頭というのは 諸陽の集まる所

 

淸陽不升。則濁氣上逆。故頭痛

清陽が上らないと 濁った気が逆上する故に頭痛がする

 

其痛或作或止。

その痛みは止まったり 痛んだりする

 

 

非如外感頭痛不休也

外寒 風邪の頭痛は痛みが続く止まったりしない

 

 

陽虚不能衛外。故悪寒自汗

陽が虚で外を守る事が出来ないから悪寒して冷や汗を掻く

 

氣虚故懶言。脾虚故悪食。

気が虚だから 話すのがものうい話したくない

気が虚だから 故に食べたくない

 

 

脾胃虚則火上于肺故喘

脾臓と胃腸が虚だから故に火が肺臓の方にあがってフーフーいう

 

 

金受火剋。不能生水故渇。

金(肺臓)が火(心臓)によって 剋されているから

金(肺臓)が水を生むことができないから

故に喉が渇く

 

 

脾虚不能統血

脾臓が虚だから血を統率する事ができない

 

則血妄行而吐下。

そうすると血が妄行して吐血したり 下血したりする

 

淸陽下陥。則爲瀉痢

清陽が下に陥っているから 下痢したりする

 

氣血兩虚。則瘧不止。

気と血が両方とも虚だから

マラリヤ 下痢 が止まらない

 

名痎瘧。 痎老也

これの名は痎瘧(かいぎゃく)という

老とはいつも 久しい 長い間の病気と言う意味

 

 

李東垣内傷外感辧。

李東垣は内傷 外感をどう分けるかというと

 

傷于飲食勞役七情六慾爲内傷

飲食 労役 七情 六欲によって受けた傷を内傷と言う

 

傷于風寒暑濕爲外感

風 寒 暑 湿 によって傷つけられたらこれを外感という

 

内傷發熱。時熱時止。

内傷の熱は 時に発熱したり 止まったりする

 

 

外感發熱。熱甚不休。

外感の発熱は熱が甚だしい止まらない

 

補中益気湯:醫方集解北京語の古文体翻訳 ➂に続く

理気の剤 醫方集解の北京語の古文体翻訳 ①

四物湯 理血の剤の注釈 醫方集解北京語の古文体翻訳  ⓺

四物湯 理血の剤の注釈 醫方集解北京語の古文体翻訳  

醫方集解 四物湯 加減方と注釈 北京語の古文体翻訳 ④

醫方集解 四物湯 加減方と注釈 北京語の古文体翻訳 ③

四物湯加減方処方と注釈 醫方集解北京語古文体翻訳します②

四物湯の醫方集解北京語の古文体を翻訳します。①

 

四物湯 理血の剤の注釈 醫方集解北京語の古文体翻訳  ⓺

四物湯 理血の剤の注釈 醫方集解北京語の古文体翻訳  

醫方集解 四物湯 加減方と注釈 北京語の古文体翻訳 ④

醫方集解 四物湯 加減方と注釈 北京語の古文体翻訳 ③

四物湯加減方処方と注釈 醫方集解北京語古文体翻訳します②

四物湯の醫方集解北京語の古文体を翻訳します。①

 

防風通聖散 醫方集解北京語の古文体を翻訳しました。

芎帰膠艾湯 醫方集解 北京語の古文体を翻訳しました

芎帰膠艾湯の効能効果:痔は間違いです。

醫貫曰外寒と内傷・寒病と熱病は治療法を間違えれば必ず死亡するでしょう 東垣  丹溪 醫方集解

医食同源 酸っぱい・苦い・甘い・辛い・塩からいで五臓の働きを強化します。

漢方薬を服用された方から 自分の健康の爲に漢方検定を受けるとのメールを頂きました

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.16

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.15

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.14

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.13

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.12

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.11

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.10

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.9

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.8

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.7

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.6

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.5

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.4

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.3

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.2

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.1

漢方薬には主薬と言われる 薬があります NO.7 萬病回春北京語翻訳

漢方薬には主薬と言われる 薬があります NO.6 萬病回春北京語翻訳

漢方薬には主薬と言われる 薬があります NO.5 萬病回春北京語翻訳

漢方薬には主薬と言われる 薬があります NO.4 萬病回春北京語翻訳

漢方薬には主薬と言われる 薬があります NO.3 萬病回春北京語翻訳

漢方薬には主薬と言われる 薬があります NO.2 萬病回春北京語翻訳

漢方薬には主薬と言われる 薬があります NO.1 萬病回春北京語翻訳

醫貫曰外寒と内傷・寒病と熱病は治療法を間違えれば必ず死亡するでしょう 東垣  丹溪 醫方集解

副作用についてのブログ

2017年1月15日

漢方薬は誤った服用の仕方は死をも招きます。正しい服用では副作用は有りません。

2017年1月14日

防風通聖散;正常便 下痢 軟便 胃腸が弱い方は服用してはいけません。痩せません。

2016年12月28日

防風通聖散の効果 お腹の脂肪を燃やしません。その飲み方は危険です。

2013年6月22日

甘草の副作用は 処方間違いが原因?

2012年12月30日

防風通聖散

2008年12月27日

防風通聖散の副作用、漢方薬7日分でダルイ、きつい、大便状態が改善されています。

2008年12月26日

防風通聖散の副作用 ダルイ、きつい、浣腸しても大便が出ません

2007年7月20日

防風通聖散の副作用

2007年5月20日

柴苓湯と慢性腎不全

2006年7月28日

漢方薬に副作用ある?小柴胡湯、大柴胡湯

 

記事一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2021木室ミヱコAllright Reserved.