醫方集解翻訳

記事一覧へ戻る
補中益気湯:醫方集解北京語の古文体翻訳 ⑦

 

 

※木室ミヱ子

漢方薬を取得するには醫方集解の北京語の古文体を

読みこなす事です。

 北京語の古文体の翻訳文を載せる事で

漢方薬の現場で働かれている方々が

北京語の古文体の翻訳の仕方を身につけて頂ければと考えます。※

 

「醫方集解 考選部規定中醫師考試必讀  

 

清・清安汪訒庵編著」第一書店印行

 

(いほうしゅうかい )の言葉を翻訳します。

赤文字が翻訳文です

 

外感之與内傷。寒病之與熱病。

外感と内傷  寒病と熱病は

 

氣虚之與血虚。如冰炭相反。

気が虚なのと 血が虚なのとこれは氷と炭の如く相反するものなり

外感と内傷も違うし 寒病と熱病も違う

 

治之若差。

治療するのにちょっとの間違いがあれば

 

則輕病必重。

則ち輕病は必ず 重症になるし

 

重病必死矣

重い 重症なら治療法を間違えれば 必ず死亡するでしょう

 

醫實曰。讀傷寒書 

醫實曰く傷寒の書を読んだのに

 

而不讀東垣書

東垣の書を読まなければ 

 

則内傷不明

則ち内傷が明らかでない

 

而殺人多矣

わからないから そうすると人殺しが多くなる

 

讀東垣書而不讀丹溪書

東垣の書を読んで 丹溪の書を読まなければ

 

則陰虚不明。

則ち 陰の虚がわからない

 

而殺人多矣。

そうすると人殺しが多くなる

 

理氣の剤

 

補中益気湯

 

升陽補中 東垣

陽を升らせて中を補う 東垣の処方

 

 

補中益気湯:醫方集解北京語の古文体翻訳 6

の続き

 

氣亂于中。清濁相干。用去白陳皮以理之。

気が中 胃腸で乱れているから 清いのと濁が相争っている 

お互い 干渉しあっている

そうすると 陳皮:ミカンの皮の白い部分と除いた陳皮を

以て清濁の干渉しあっているのを整理する陳皮は気の促進するから

 

 

又助陽氣上升。以散滞氣。

又 陽の気の上昇を助けて 滞っている気を散じる

 

 

脾胃氣虚。爲陰火傷其生發之氣。榮血大虧。

 

脾臓と胃腸の気が空虚になると生発の気(元気な気)を

陰の火によって傷つけられやすくなる

そうすると營の血が大きく欠けてくる

 

 

血減則心無所養。

血が減ると則ち 心臓が養う所を失う 所がない

 

致令心満而煩。

そうすると お腹の中に膨満感がでて 

心が乱れて煩わしくなる(血が不足するとそうなる)そして貧血する

 

病名曰悗。

この様な症状の病名をメンと言う

 

 

 

故加甘辛微温之劑生陽気。

故に甘辛微温の剤を加えて 陽気を生む

 

仲景之法。

仲景の方法は

 

血虚以人参補之。

血が虚な者は人参で補っている

 

陽旺則能生陰血。

陽が旺盛だと則ち陰の血を生む事ができる

 

 

更以當歸和之。

更に當歸でもって調和する

 

少加黄蘗以救腎水。

少し黄蘗を加えて 腎臓の水を救う

 

瀉陰中伏火。

これは陰の中に伏している隠れている火を出す事ができる

 

※漢方の先生のお話

本当に弱っている人はかえって火がある補中益気湯を飲んだだけでは火が上がる

だから 黄柏を加えて 上がりすぎを下げ 黄柏で腎臓に溜まっている火を出すから

補っても火が上がらなくなるてすむ

だから 補うばかりでなく  患者が補えないなら補いの中に火を出す薬を加えなければならない

漢方の先生のお話終わり

 

 

如煩猶不止。少加生地黄補腎水。

若し 煩わしいのが止まらないなら少し生地黄を加えて 腎臓の水を補う

 

 

水旺則心火自降。

水が旺盛だと心の謂が自ずから降りる

 

李士材曰。

李士材曰く

 

虚人感冒。不任發散者。

虚の人の感冒は 発散だけに任せられるものではない

つまり弱っている人が感冒した場合 発表剤 発散剤ばかりではいけない

 

此方可以代之。

この方法はもって これに代わるべきだ

 

 

補中益気湯 人間が弱っている時は補中益気湯で風邪薬の役割をさせる

変わりを用いる

気を益して風邪を解く 場合

補中益気湯だけでは足りない 春夏秋冬 四季によって 風邪薬を加える

 

東垣曰

肌熱者。服比湯一二服。得数汗則已。

東垣曰く 肌が熱な者は表が熱なり

この処方を1-2服して 微かな汗を得たら則ち治る

 

非正發汗。乃陰陽氣和。

正とは本当

これは本当の発汗に非ず 発表剤ではない そうすると自然に汗がでる

 

準縄曰。

準縄曰く

 

凡四時傷寒。通宜補散。

凡 (およそ) 四季の傷寒は宜しく 補って 散じるのを通常とする

 

 

故丹溪治傷寒。多用補中益気湯。

故に丹溪は補中益気湯を傷寒を治療するのに多く用いている

 

氣虚者四君子加發散薬。

気が虚な者は四物湯に発散薬を加える

 

 

東垣治風濕。用補中益気。加羌活防風升麻蒿本蒼朮。

東垣は風濕 風だとか神経痛の場合(比較的風濕は神経痛をさす)

補中益気の中に羌活 防風 升麻 蒿本 蒼朮を用いている

 

海藏治風濕無汗者。用神朮湯。

海藏は風湿で汗が無い者に神朮湯を用いて

 

有汗者用白朮湯。

汗がある者には白朮湯を用いている

 

治剛痙。神朮湯加羌活麻黄。

剛痙(かたくひきつる)を治すのに神朮湯に羌活 麻黄を加えている

 

治柔痙。白朮湯加耆朮桂心。

柔痙を治すのに 白朮湯に黄耆と白朮と肉桂を加えている

 

治中渇。脈弦細芤遅者。用黄耆湯

咽喉が渇いてしょうがないつまり日射で脈が弦で細く遅いものは黄耆湯を用いている

 

此皆仲景所謂辛苦之人觸冒之病。傷寒此也

これらは皆 仲景が言うには   辛苦之人

苦労している人 貧乏している人が掛る傷寒なり

漢方の先生の言葉

体が過労と栄養失調で気が足りないからよく傷寒する

 

 

明醫雑著云。発熱有數種。

明醫雑著という本が言うには発熱は色々ある

 

治各不同。

治すのも各々違う

 

仲景論傷寒傷風。此外感也

仲景は傷寒 傷風を論じている

これらは外感なり

 

故宜發表以解散之。此麻黄桂枝之義也。

故に宜しく発表を以て解き散じる

これは麻黄湯と桂枝湯の義なり

 

感之寒冷之月。卽時發病。故用辛熱以勝寒

寒い月に感じた風邪なり

引いてすぐ 病気になった

故に辛熱を用いて寒に 勝つ

 

如春之月。則當變以辛涼之薬

春の温い 日に引いた風邪は当然に 辛涼の薬を用いる

変えなければならない

 

夏熱之月。則當變以甘苦寒之劑。

夏の暑い時に引いた風邪は当然に甘く苦く寒の剤なり

そういう薬に変える

 

※漢方の先生の言葉

日射が強いから苦寒でないと日射は取れない

しかし それだけでは 冷えすぎる為 甘いので 体を補う

だけれども 冬に温かいものもあるし

此れは気候が正常でないとき 漢方の先生の言葉終わり

 

 

又有冬温。此天時不正。陽氣反泄。用薬不可温熱。

冬の寒い時期なのに異変で温かい時 陽の気がかえってでる

そういう時は薬の温熱(麻黄とか桂枝)なのはいけない

 

補中益気湯:醫方集解北京語の古文体翻訳 ➇ に続く

 

ラジオの過去放送分はこちらから

「オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

補中益気湯:醫方集解北京語の古文体翻訳6

補中益気湯:醫方集解北京語の古文体翻訳⑤

補中益気湯:醫方集解北京語の古文体翻訳④

補中益気湯:醫方集解北京語の古文体翻訳③

補中益気湯:醫方集解北京語の古文体翻訳 ②

理気の剤 醫方集解の北京語の古文体翻訳 ①

四物湯 理血の剤の注釈 醫方集解北京語の古文体翻訳  ⓺

四物湯 理血の剤の注釈 醫方集解北京語の古文体翻訳  

醫方集解 四物湯 加減方と注釈 北京語の古文体翻訳 ④

醫方集解 四物湯 加減方と注釈 北京語の古文体翻訳 ③

四物湯加減方処方と注釈 醫方集解北京語古文体翻訳します②

四物湯の醫方集解北京語の古文体を翻訳します。①

防風通聖散 醫方集解北京語の古文体を翻訳しました。

芎帰膠艾湯 醫方集解 北京語の古文体を翻訳しました

芎帰膠艾湯の効能効果:痔は間違いです。

醫貫曰外寒と内傷・寒病と熱病は治療法を間違えれば必ず死亡するでしょう 東垣  丹溪 醫方集解

医食同源 酸っぱい・苦い・甘い・辛い・塩からいで五臓の働きを強化します。

漢方薬を服用された方から 自分の健康の爲に漢方検定を受けるとのメールを頂きました

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.16

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.15

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.14

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.13

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.12

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.11

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.10

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.9

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.8

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.7

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.6

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.5

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.4

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.3

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.2

萬病回春  漢方薬 単味の効能効果 薬性歌  NO.1

漢方薬には主薬と言われる 薬があります NO.7 萬病回春北京語翻訳

漢方薬には主薬と言われる 薬があります NO.6 萬病回春北京語翻訳

漢方薬には主薬と言われる 薬があります NO.5 萬病回春北京語翻訳

漢方薬には主薬と言われる 薬があります NO.4 萬病回春北京語翻訳

漢方薬には主薬と言われる 薬があります NO.3 萬病回春北京語翻訳

漢方薬には主薬と言われる 薬があります NO.2 萬病回春北京語翻訳

漢方薬には主薬と言われる 薬があります NO.1 萬病回春北京語翻訳

醫貫曰外寒と内傷・寒病と熱病は治療法を間違えれば必ず死亡するでしょう 東垣  丹溪 醫方集解

副作用についてのブログ

2017年1月15日

漢方薬は誤った服用の仕方は死をも招きます。正しい服用では副作用は有りません。

2017年1月14日

防風通聖散;正常便 下痢 軟便 胃腸が弱い方は服用してはいけません。痩せません。

2016年12月28日

防風通聖散の効果 お腹の脂肪を燃やしません。その飲み方は危険です。

2013年6月22日

甘草の副作用は 処方間違いが原因?

2012年12月30日

防風通聖散

2008年12月27日

防風通聖散の副作用、漢方薬7日分でダルイ、きつい、大便状態が改善されています。

2008年12月26日

防風通聖散の副作用 ダルイ、きつい、浣腸しても大便が出ません

2007年7月20日

防風通聖散の副作用

2007年5月20日

柴苓湯と慢性腎不全

2006年7月28日

漢方薬に副作用ある?小柴胡湯、大柴胡湯

 

記事一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2021木室ミヱコAllright Reserved.