ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語の古文体を翻訳しました。山参

 

 

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

韓国の建国大学

農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

持病から生じている症状であるのかが

判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

韓国の建国大学  農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

株)オータニ漢方薬局

代表取締役社長

木室ミエ子

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

19.補気薬

68.僧侶と山参童子(山参)

  1. 僧侶と山蔘童子(山蔘)

山参は一般的には高くて寒い地域で育つ。

山参は百頭山地域で多く育つが、山参にまつわる面白い逸話がある。

昔、中国の山東にある雲夢山に雲夢寺という寺があった。

そこには年老いた僧侶と、彼より年下の若い少年の若僧が二人きりで住んでいた。

老僧は 念佛はそっちのけにして一日中麓(ふもと)の里に行き、

市井の雑輩達と交わり遊ぶのであった。

彼は麓(ふもと)の里に遊びに行く度に多くの仕事を言いつけた。 

そうして里から帰っては、言いつけた仕事が終わっていないとか、

また、出来上がった仕事が自分の気に要らないと、僧侶を殴ったり蹴ったり、

時には仏像の前にある香火で頭を焼き炙(あぶ)る乱暴もするのであった。

“わしは友人に会う為に麓の里まで行って来る。

お前はその間に山に行って薪を取って来い。”

“ハイ!和尚様。”

僧侶は友達を訪ねて里に下りて行き、若僧は薪取りに山に行って

薪を取っていたところ、腰に赤い帯をおびた一人の童子が現れた。

若僧は話し相手が出来たので喜んだ。

童子は木こりの仕事を手助けしてくれた。

その日 二人で薪を取ったので、普段より仕事が早く終わった。

童子は夕方になると こっそり消え去るのであった。

この時からは、老僧が留守をすると、若僧を訪ねて来て一緒に遊んだり、

仕事の手助けをしてくれた。

ある日、老僧は普段より多くの分量の仕事を言いつけて、

麓の里に出かけた。

ところが帰って見ると想像外に多くの仕事が終わっていたので、

老僧はびっくりした。

“フーム!これはおかしい。

此れ程 沢山の仕事をその間にやり遂げられる筈が無いんだが・・・?”

老僧は若僧を呼び寄せ、たたみかけて問い詰めた。

若僧は童子の事をありのままに話した。

聞き終わって老僧は、“これは怪訝(けげん)なことだ。

こんな山のなかで童子はどこに住んでいるのだろう?

老僧は疑惑が起こり、いろいろと思案に耽(ふけ)った。

遂に心を決め、針箱から一束の赤い糸と針を取り出し、

針に糸を結び付けて若僧に渡しながら、

“この次に童子が来たら、帰る時に彼が腰に巻いている赤い帯に

この針を刺しておけ。分かったか?”

“はい!”その翌日、老僧が村に出かけて間もなく、童子がまたもや訪ねて来た。

若僧は老僧の指図を童子に打ち明けようと思ったが、

後で老僧に叱り咎(とが)められる事を恐れて何も言わなかった。

夕方になって童子が帰る時に、腰に巻いた赤い帯に針を刺した。

遅くなって老僧が帰って来るや、“童子の帯に針を刺したか?”と聞いた。

“ハイ。”

“解かれた糸はどこにあるか?”

“ハイ、此処に有ります。”

翌日、老僧は童子の行く先を赤い糸を辿(たど)って追い詰めた。

糸は赤色の老松の根元で止まっていたが、そこには山参が有って、

それに針が刺さっているではないか!

!老僧は多いに喜び、山参を掘って手に持ち帰った。

そして山参を釜に入れ、蓋で覆い、その上に大きな石を乗せ、

若僧を拳で叩き起こした。

“釜に火をいれろ。”

若僧は、長い薪を焚いた。

その時、老僧の友人が寺に尋ねて来て遊びに行こうと誘った。

老僧は断り切れず、若僧に念を押した。

“わしが帰って来るまで釜の蓋を開けるな。

もし、わしの言う通りにしなかったら、

お前の足を折り曲げてしまうぞ。分かったか?”  “ハイ!”

若僧は続けて火を焚いた、

釜からは グラグラと沸き立つ音がして匂いが 寺中に広がったが、

その匂いは何とも言えない程 芳(かんば)しかったので、

若僧は老僧の言いつけも忘れ、火を止めて石を下ろし、釜の蓋を開けた。

中を覗くとそこには山参が一本あり、芳しい匂いが鼻をついた。

山参を 煮炊いた汁が冷えるのを待って汁を飲んでみたら、

余りに芳しく口当りが美味しかったので、飲み続け、

いつの間にか皆飲み干してしまった。

若僧が舌なめずりをしている時に、老僧が外で自分を呼ぶ声を聞いた。

“アッ!しまった。”と老僧の事が心に浮かび体を震わせたが、

今になってはどうする事も出来なかった。

丁度 その時 不思議な事が起こった。 

若僧の体がふんわりと空中に浮かび上がったのだった。

若僧の体は段々高く上がって行った。

老僧は空高く昇り続ける若僧を仰ぎ見た。

“山参童子が若僧を捕らえて行くのかな。”

老人は空に向かって若僧を呼んでみたが、

若僧は聞こえないのか見向きもしないで空高く消え去った。

老僧は烈火の如く怒り狂い、その場に倒れ死んでしまった。

元々、童子は一株の山参の変身であった。

その老松の下には二株の山参が育っていた。

 一株を老僧が掘って行った後に、

残った一株は老松に悲しみを訴えながら泣いていた。

老松は泣いている山参をなだめながら、

“おい、山参よ!泣くな!

俺がお前を連れて遠い所に逃げて行こうと思っているから、余り心配するなよ。”

“どこに行っても同じ事です。私はいつ死ぬか分からないんです。”

“長白山に行こう。そこは人間が住んで居ないし、

森が鬱蒼と茂っているから安全だ。

俺がお前を守ってやろう。”

山参は老松に導かれて長白山に移り、そこに定着した。

それで山参は長白山で繁殖するようになった。

長白山は則ち百頭山であり、昔から百頭山の山参を霊薬として指折り数えた。

山参は、松、栢(かしわ)楓(かえで)榛(はしばみ)

漆(うるし)等、落ち葉が多く腐る濃い褐色の土壌で成長するが、

夏の真昼の気温が摂氏20度位の涼しい場所で成長し、

酸度PH6.1~6.3程度の土壌が適当である。

山参は水を好むが湿気は嫌い、物陰を好み、

土壌が肥沃で森が茂って、背の高い木の葉の間から差し込む

散乱光が細く散り離れて照らす所でないと良く育たない。

 

しかも、

たとえそういう所で芽を出したとしても順調に成長するのは希である。

山参の根は地中に埋もれて、短くは2~3年、

長い場合には数十年もかかるのである。

土壌と光線の変化、樹木の種類の変化、干ばつと火災、

または動物による根の傷等の場合は、根は休眠に入る。

この場合には 細い根は取り除かれ、

根元は縮み込んで固くなり、色は黒褐色に変わり重さも軽くなる。

山参はその種が鳥に食べられて繁殖するが、

繁殖力は極めて弱い。

植物にも意識があり、感覚と判断力、それに思考力があって、

危険、愛情を感知、識別するだけでなく、

植物相互間にも対話をするのだが、

その対話手段はテレパシーである。

即ち、念力で自分を採集していく

シンマニ(山中の人参採集を生業とする人の韓国俗語)

との交信があると見えて、

シンマニ達の8割以上が夢の中で暗示を受けて山参を採集した、

との統計がある。

山参を服用した時、薬に酔い、発熱して体が火照るとか、

全身から力が抜けて怠くなるとか、

または

意識と判断が鈍る現象が現れるのだが、これを瞑眩作用という。

瞑眩作用は病気が治癒される過程で起きる現象で、

酷い場合は人事不省に陥る場合もある

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2021木室ミヱコAllright Reserved.