ブログ

ブログ一覧へ戻る

本草綱目北京語の古文体を翻訳しました。人参

 

 

韓国の建国大学

韓醫學博士 李豊遠

韓国の建国大学

農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

の協力のもと

翻訳が叶いました。

お二人に大変 大変 感謝です。

漢方薬を勉強される方の為に翻訳しました。

漢方薬は一つ一つの

単味の生薬の効能効果を掴む事で

処方を正しく使いこなす事が出来ます。

症状だけで漢方薬を選び患者さんに

処方すると言う事は

副作用を起こす事になります。

何故?

頭痛として漢方薬を選ぶとします。

頭痛の原因は色々あります。

脳腫瘍が原因?

貧血が原因?

風邪が原因?

筋肉の萎縮が原因?

虫歯が原因?

寒さが原因?

暑さが原因?

二日酔いが原因?

高血圧が原因?

低血圧が原因?

咳と選ぶとします。

咳の起きている原因として

肺臓の熱からくる咳が原因?

肺臓の冷えからくる咳が原因?

肺臓の乾燥からくる咳が原因?

肺臓の熱と乾燥からくる咳が原因?

肺臓の冷えと乾燥からくる咳が原因?

頭痛にも色々原因が異なります

咳も原因が異なります

頭痛 咳 だけで 処方が選べますか?

何が原因かにより

全く選ぶ 処方が異なります。

その漢方薬が

冷やす性格? 温める性格? 乾燥させる性格? 

潤わせる性格? 風を除く性格? 暑を除く性格 ?

風の邪 寒の邪 暑の邪 湿の邪 燥の邪 火の邪

が病気の由来による場合

薬の性格を掴んで処方する事が大事です。

どのような性格の処方なのか掴む事で 

正しく重病人の方が生きかえる程の

効能効果を発揮します。

それができなければ 

重病人に処方した場合

死に至らしめてしまいます。

漢方薬に 副作用は有りません。

副作用は処方する人が処方間違いをした事により

発生するのです。

副作用を発生させないためには

醫方集解に記載されています。

漢方薬の風邪薬 

張仲景(ちょうちゅうけい)の傷寒論を制覇すべきです。 

風邪薬の種類の中には

発表之剤 攻裏之剤 表裏の剤 和解の剤 があります

上記の剤を全て制覇する事です。

風邪の症状を全て 掴まなければ

風邪から来ている症状であるのか

持病から生じている症状であるのかが

判断できないからです。

重病な方に風邪なのに間違って 

血や気を補う製剤を与えた場合

たちまちに風邪が悪化し死に至らしめてしまうからです。

下記の剤

補養之剤 理気之剤 理血之剤 

祛風之剤 袪寒之剤 清暑乃剤 利湿之剤

潤燥之剤 瀉火之剤 除痰之剤 消導之剤 

殺蟲之剤 明目之剤 癰瘍の剤 經産之剤

全てを制覇する事で 治せない疾病は無いのです。

一人の方が ブドウ膜炎 アルコール依存症 不眠症

肝炎 間質性肺炎 肩凝り 頭痛 腰痛 

皮膚病 下痢 胃痛 過敏性大腸炎 クローン病

鬱病 等々 数多くの疾病をお持ちだとしても

上記の薬を 制覇すれば 漢方薬のみで

全て 色々な病院廻りをすることなく 

健康な状態に戻してあげる事が出来るのです。

漢方薬を学んでいる方々の爲に

お役に立てる事を願って本文を記載致します。

著者

韓醫學博士 李豊遠

Donggukk-Royal University of America, LA

(米)Uuin University, Compton 博士取得

 

韓国の建国大学  農學博士 全炳台 

(米山記念奨学事業 韓国米山学友会 会長)

(韓)建國大學校 食品生命科學부 敎授

(日)東北大學大學院 博士取得

株)オータニ漢方薬局

代表取締役社長

木室ミエ子

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

 

19.補気薬

69.一茎.三椏(ミツマタ)五葉    

      人参 Panax ginseng C. A Meyer

 

昔、ある村に狩人兄弟が住んでいた。

ある日、

兄弟は一緒に狩りに行く途中で一人の老人に出会った。

 “今年はいつもより冬が早く訪れるようだ。

山の天気はいつどんな風に変わるか分からない。

もしも雪でも降り始めたら直ぐに山から降りて来なさい。

君達は格別に用心せよ。”

天も地も恐れない血気旺盛な若い兄弟は、

憂いを帯びた忠告にも耳も貸さず、弓、矢、食物、毛皮の

上着等を用意して山に登った。

兄弟は幾日もの間、山に泊り、多くの獣を狩った。

ある日、狩りに熱中していて、

昼飯頃から空が曇り始めたのにも気付かなかった。

間もなく 大雪が降り始め、二日間も降り続いた。

山中が雪に埋もれて、彼等は山を降りて行く方法が無かった。

“兄さん、雪が余りに沢山降ったので、身動きも出来ないんですよ。”

“では、あそこの森に行ってみよう。”

兄弟は、山で大きな木が茂っている所に行って冬を過ごす事に決めた。

その一帯には、二人が両手を広げても抱えきれない程の

太さの大木がぎっしり茂っていた。

二人は枝が枯れ落ちて根元に大きな穴が開いている所に入り、

枯木を集めて燃やし体を温めた。

狩り取ったのろの肉と兎の肉で腹を満たし、

天気が晴れた日には近所で狩りをし、

また 木の根を掘って食料にした。

 

ある日  

兄弟は手のひら程の髭の様な薬草を見つけ掘り取った。

根は手のひら程の長さで、まるで人間と同じ形相で、

髭は人間の手足とそっくり似ていた。

兄弟は根を齧(かじ)り食べて味わってみた。

味は少し甘かった。

その近くにはその薬草が多かったので、

続けてその薬草を掘り 食料に充てた。

毎日その薬草を食べると、自然に力が湧き、疲れる事が無かった。

ある日、

普段よりそれを多く食べたところ鼻血が出たので、

それからは少しずつ食べた。

暫くして、気温が次第に温かくなり、寒かった冬の気候が変わり、

待ちに待った春が訪れた。

寒い風も吹かなくなり、

雪も溶けて木の枝には新しい芽が出始めた。

兄弟は狩り取った獣の皮を剝いて肩に背負い、

楽しい気持ちで山を降りて行った。

村の人達は、彼等兄弟が村を離れて山に向かった時よりも

力が湧き溢れるように見え、元気なのを見て驚いた。

村の人達は彼等が冬の間、山で凍死したか、

それとも飢え死にしたに違いないと思っていた。

“君達は冬の間、何を食べてこんなに体が丈夫になったのかね?”

“私達は冬中この薬草を食べ続けたのです。”

兄弟は答えながら山から掘って来た薬草の根を見せてやった。

“おや、この根はまるで人間のような恰好をしているな。

後日、

この事は付近の村迄 伝え知られ、

人々はこの薬草の根が人間に似ているので此れを人参と名付けた。

人参の形態を‘一茎.三椏(ミツマタ).五葉 ’と表現したが、

此れは根が一つ、幹が三つ、葉が五つという事だ。

人参の中で野生の物は山参、

栽培で採れた生人参を水参、

水参の微細な根を取り除いて乾燥させた物を白参(Ginseng Alba Radix)、

水参を蒸して乾かしたのを紅参(Ginseng Rubra Radix)、

微細な根を集めて乾かしたのを尾参という。

 

朝鮮時代、

自然条件の元で自生する山参は数量が限られていて、

しかも 

こっそり採集する人が多いので貢納に大変苦労した。

朝鮮の平安道の江界のような名高い山参の産地では、

満州人達の密採が盛んに行われて、

自然参の人工栽培の必要を痛感していた。

朝鮮の16代仁祖5年(1627年)には胡族が侵入した。

丁酉胡乱の時、

引き続いて仁祖14年(1636年)再侵入をしてから、

清国は鴨緑江、

豆満江以北の一定地域に木柵を設けて

両国民の往来を厳しく制限した。

しかし、

百頭山付近で育つ山参を採集するために、

その後にも

この禁令を犯しながら多くの人達が国境を越えて来るので、

清国は朝鮮の19代の肅宋38年(1712年)

百頭山に定界碑を立てて国境を明らかにした事もある。

人参は、元気を多いに補充させ、津液を作り出し、

精神を清くする。

過労による衰弱の時 食欲が無く 

水っぽい大便の時、また、自汗症等に多いに効能がある。

健忘症、胸の動悸を無くし、

頭痛や勃起不能の陽萎症(性的機能障害)を治し

また 頻尿症、口が渇く消渇症、婦女子の子宮出血、

小児の驚気(驚風 ハッと驚く)等、

人参は色々な症状に応用される補薬中の補薬である

 

 

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2021木室ミヱコAllright Reserved.